バスの運転手に突然指差され

 昨日の昼間、バスに乗ろうと待っていたら、その時に走ってきたバスを運転していた運転手が、突然運転席から私に向かって指を差してきた。

 急な出来事に訳が分からずこちらはポカンとしていると、その運転手はバスの扉を開けて私に話しかけようとした。

 で、運転手が話しかけようとして何かを言いかけたが、突然話すのを止めた。

 こちらは益々何事か分からない。

 「何が起きた??」

 こちらは自分が変な格好していたかもしれないかと思って慌てて自分の恰好を確認したり、もしや重大な交通違反などを起しておりそれを指摘されたのではないかと思い、ちょいとパニック気味になった。

 ところが、その後に運転手が言った一言が

 『見間違いだ、人違いだった』

 おいおい、そりゃないだろう!

 運転手の言うには、知り合いにそっくりで何で昼間っからこんなとこに居るんだと思ったとのこと。

 料金徴収員まで一緒になって同じ話題で話しており、どうやらバス会社の同僚の誰かと見間違えたようであった。

 まあ、上海語で話していたので正確にはわからないが、ズボンの雰囲気まで物凄く似ていたらしく、相当びっくりしたようだ。

 とはいえ、びっくりしたのはこちらも同じである。

 運転手は「いやぁ、びっくりした」だのなんだのと話しかけてきたが、100%理解できなかったのと、こちらは日本人であることをあまり晒したくなかったので、相手の話しかける言葉に適当に相槌をうって受け流して聞いていた。

 まあ特に何かの迷惑を被ったわけではないが、見間違えられたことはともかくとして、中国人にそっくりだと言われて、中国生活に染まってきた自分にちょっと驚きを隠せない今回の出来事だった。

 それにしても上海のバスの運転手は、運転中も気楽に客と話しているという気がしており、日本のように杓子定規な勤務態度ではなく、自由奔放に働いているという印象である。

原掲載



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com