Tag Archives:

18世紀のオーケストラの響き

 リコーダー奏者であり指揮者でもあるフランス=ブリュヘン氏が今年の夏に亡くなっていたのを先ほど知った。
 もうだいぶ高齢なのは知っていたので、どうしていたのかなと思っていたところにこの訃報の発見である。
 フランス=ブリュッヘン氏と言えば、やはり手兵の18世紀オーケストラで、私は彼の演奏会を来日公演で数回聞いたが、どれも良かったのを記憶している。
 18世紀の楽器で演奏する18世紀オーケストラは、かつて響いていた音を現代に再現してくれたオケであり、バッハなどのバロック調の音楽と現代オーケストラの機能的な響きの中間にあるような独特の響きを持っている。

 生の演奏会も悪くなかったが、彼の演奏で最も魅力的で凄いなと思ったのがCDで聴いたベートーベンの交響曲第1番である。
 第1番はその番号の通りベートーベン初期の最初の交響曲で、1800年という18世紀最後の年に完成した曲となっていて、若い時の曲らしく瑞々しさにあふれ、とても気持ちの良い曲である。
 18世紀オーケストラは、その18世紀最後の曲を当時の楽器で演奏するわけで、聞いているこちらはあたかもタイムスリップして18世紀に紛れ込んでしまったのではないかと思わせるくらい、不思議な感覚に引き込んでくれる。
 しかも録音に使用されたと思われるオランダユトレヒトのホールはビンビンと響いてその反響音がとても心地よく、まさに18世紀から19世紀という近代が始まったばかりの未来への希望を感じさせるイメージを伝えてくれている。
 
 9曲もあるベートーベンの交響曲の中ではこの曲は比較的規模が小さいという事で、相対的な人気度は「運命」や「第九」「田園」「英雄」などに比べあまり高くないが、私はほかの曲にはない愛着を持ってこの曲を聴いていて、実は一番のお気に入りである。
 それもこれも、恐らくこのブリュッヘン指揮18世紀オーケストラの演奏CDのお蔭であり、あの時代の躍動感を窺い知るに足る演奏だという気がするのであり、心に元気が欲しくなった時はいつもこの曲を聴くようにしている。

☆下記で買えます。

ササクレと手袋

 今回引っ越し作業や掃除をしている時に、ササクレが多く出来た。
 このような作業をすると、いつもササクレが出来てしまうのでいつも不思議に思っていた。

 普段ラクをして生きている分だけ指先が鍛えられていないのかなとかそんなことも考えてみたが、どうも説明がつかない。

 何故かなあと思ってネットで調べたところ、ササクレとは単なる硬い皮膚とか爪ではなく、指の皮膚の部分の炎症によって起きてしまっていることのようだ。

 つまり指先の隙間から殺菌が入り、炎症が起きてしまっているらしい。

「おおそういうことだったのか!」

 この回答に結構納得した。

 確かにササクレがある時は、ササクレのある指全体の動きが鈍く、パソコンのキーボード作業などに何となく支障があったのだが、ここに原因があったようである。

 これまでは主婦などが指先の肌荒れを嫌ってビニル手袋などで作業する姿をテレビなどでよく見るが、自分としては手先の肌荒れはあまり気にしないので手袋など不要だと思っていたのだが、今回の情報によりどうも肌荒れだけでは済まされないらしいということに気が付いて改めて手袋の重要性を感じた。

 まあ結局今回の引っ越しは結局手袋なしで乗り切ったが、指先や指の健康を考えたら例え軍手でもしないよりした方が全然良いという感じのようだ。


お風呂

 寒くなったせいか、それとも歳を取ったせいか最近パソコンキーボードを打っているとタッチミスをよくするようになった。

 実はこの文章も書いていても、あまりすらすら進まない。

 以前のパソコンに比べキーピッチが少し小さくなったのも原因かもしれないが、それを差し引いても最近の肩と肘と指は少し動きに正確さを欠いている。

 というか少し痛みのような違和感がある。

  まあ本当は毎日ゆっくりお風呂に浸かればいいのかもしれないが、家には湯船がなくそれも叶わず、残念ながらシャワーでは体は洗えても暖めるにはちょっと限界がある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 仕方ないので取りあえずお湯でゆっくり手を暖めると少し回復する。

 まあこれで指先は何とかなるが、肩や肘まではさすがに無理だ。

 バンテリンなどの鎮痛剤で痛みは乗り切るしかない。

 上海に来て5年、改めて入浴の有難さを再実感した今日この頃である。

指が動かなくなった。

 どうも寝不足のせいか、キーボードを打つ指がスムーズに動かなくなった。
 もとよりそんな綺麗なブラインドタッチができるわけじゃないのだが、指や腕が痛くすばやいキーボードタッチができず、タッチミスが増えた。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ゆえにここ数日文を書くことがちょっと苦痛だ。
 仕事にも差支えが出る。

 まあゆっくり静養が必要だと体が嘆いているのかも知れない。
春節もほとんどリフレッシュできる時間ではなかった。

 少し休暇をとってマッサージにでも行って体をほぐす必要があるのかなとも思う。

それはそれで時間を使ってしまうのでストレスの元なのだが。。。