Tag Archives: ベートーベン

中国人は拍手が上手じゃない?

 昨日、突然昔の同僚に誘われてクラシックのコンサートに行ってきた。
 18時に電話があって、その晩の19時開演のコンサートに誘われたのである。(笑)
 無謀とは思ったが、無料のオケコンサートという言葉に負けて急いでタクシーで駆けつけてしまった。
 このコンサートは同済大学の礼拝堂で行われた学内招待コンサートのようで、オーケストラはミュンヘンから来たという「新ミュンヘンオーケストラ」?といった2005年に設立されたかなり若い楽団で、あの有名なミュンヘンフィルやバイエルン管とは違うオーケストラで私も知らなかったオケであった。
 まあプロの様ではあるが、言葉は悪いがアマチュアよりは上手ではあるものの水準としてはそれほど高くはなく、日本の大学オケなんかよりはちょっとうまいという感じのレベルだった。
 もちろんレベルの良し悪しに関わらず生の演奏を聴くというのは大変貴重な機会なので、そのレベルの見極めも含めて十分楽しんできた。
 演奏されたのは、ベートーベンのエロイカと、ショパンのコンチェルトである。
 (ブラームスのハイドン変奏曲は遅れたので聴けなかった。)
 で、まあ演奏はそういうことで十分楽しめたのだが、やはりというか、聴衆マナーは最低だった。
 日本のプロの演奏会では休憩中はともかく演奏中は絶対有り得ない事であるが、聴衆がスマホやタブレットを持ち込んで写真をパシャパシャとっており、中にはフラッシュを焚いて写真を撮っている人までいたのである。
 更に言えば会場の公式カメラマンでさえ、褒められた撮影スタイルではなく、普通はゲネプロの際に済ませておくべきような撮影を、本番で立ち上がって動きながら撮っていたのである。
 そのほか人が年中出入りするし、子供も遠慮なく駆けずり回っており、じっとしていられないのは仕方ないにしろ、もう少し親が静かにさせるべき酷い状態だったのである。
 要するに、皆コンサートに集まって来てはいるものの、「体験記念」の記録に忙しかったりしてロクに集中できず音楽を聴いていないのである。

 そういった観客の態度は拍手にも現れており、拍手をする人はマナー的な決まり事の意識でいかにも形式的な形で拍手をするし、逆にマナーを知らない人はヤル気のない拍手しか送らなかったりする。
 要するに、演奏者とのコミュニケーションとしての拍手の意味を理解していないので、拍手に慣れていないようだった。
 まあ中国の人達は、もともと知らない他に対してコミュニケーションや気配りをするという事には長けていないので、拍手もといった手段も権利主義的に要求される形式的な意味を外されてしまうと、実は上手な拍手が出来ないのかも知れない。

 そのように感じた昨晩の彼らの拍手だった。
 拍手の音一つとっても、民族気質の差が出てくるから人の社会と言うのは不思議なものである。

チェリビダッケの第九

 クリスマスも終わり年末に近づいてきたので、チェリビダッケ&ミュンヘンフィルの第九を聴いた。
といっても彼の第九は日本人がいつも聴いている年末向きの第九ではない気がする。

 どこがどう違うのかというのはなかなか説明しずらいが、年の瀬を追いたてるような演奏にはなっていないのである。

 氏の振る演奏というのはいつも響きを大切にしながら音楽を奏でているのが良くわかる。

 故にCDを通して聴いていても雑味な響きが残っていない。

 ホールに綺麗に拡がって響きあう様が良くわかるのである。

 彼の得意とするブルックナーのオルガントーンというべき音の柔らかさが、このベートーベンでも十分に発揮されており、決して透明感のある音ではないのだが柔らかく溶けているのである。

 これが他の指揮者だと、どんなにいい演奏でも意外と音と音がぶつかってうまく溶け合わず、綺麗な響きとして残らないことがしばしばあるのである。

 そして彼はゆったり目のテンポで、力感は見せても力まず自然に淀みなく音を走らせていくのである。

 彼の演奏を聴いていると、ベートーベンがいわゆるベートーベン然としているような、あのいかめしい表情の肖像ようなイメージの型にはめた音楽ではなく、もっと人間らしく素直な表情を見せる自然な音楽として響いてくるから不思議だ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 どちらかというとクラシックというよりジャズや映画音楽に近い雰囲気であり、宗教的なデバイスがかった音ではなく、一人の等身大の人間の心が素直に表れている気がする。

 フィナーレとなるあの合唱の部分も、堅苦しい日本語訳があほらしくなるほど生き生きとした人としての素直な喜びにあふれている。

 きっと多くの人は第九という曲を宗教がかった恍惚的な音楽として捉えている気がするし、毎年合唱に参加しているような「第九マニア」たちは恐らく第九を非常に高貴な崇高な音楽として捉えて歌っているに違いない。

 しかしチェリビダッケの第九を聴いていると、どうもそういった「型」は邪魔になってくる。

 彼の演奏するこの曲はもっと人の優しさにあふれた音楽なのだ。

 特に第三楽章などはその優しさに自然と涙がぽろぽろとあふれてくる。

 例えば、この音楽はある職人の出世ストーリーのようなイメージでとらえると分かりやすいかもしれない。

 第一楽章は、恐る恐る勇気を持って踏み出した壁にぶつかりながら開拓する精神
 第二楽章は、試行錯誤の一進一退、一喜一憂の日々と大きな夢へ近づきそうな予感
 第三楽章は、ふと立ち止まり過去を思い出し思慮にふける時間。
 第四楽章は、夢がついに徐々に実現へと花開き、喜びがふつふつとわきあがる。
       そして苦労を共にした仲間と喜びの宴、最後はどんちゃん騒ぎへ

 というような感じである。

 さて共感してくれる人はいるだろうか?

 そんな音楽が私のチェリビダッケの第九である。

勇気を与えてくれる「運命」

 以前、テレビで音楽評論家だか誰かがベートーベンの曲は勇気を与えてくれると言っていたのを思い出した。その中でもやはり「運命」が最高だと。
 あらゆるクラシック曲の代名詞ともいえる、ベートーベンの交響曲第5番だが、あまりにも一般人も含めてポピュラーな曲となっているため、ある意味マイナーであることを誇りとしているインテリなクラシック通には少々人気がない面もある。

 まあそれはそれだけこの曲が人々の印象に残る曲であることの裏返しであり、多くの人に受け入れられる何かをもっているということであろう。

 とはいえ冒頭のジャジャジャジャーンがあまりにも有名で、それ続く疾走するような第1楽章の旋律もかなり知れわたっているはずだが、そのあとの第2楽章以降はどのくらい聞かれているのだろうか?

 「運命」は全曲を聴き通すとおよそ30分くらいかかるが、この曲の長さがクラシック音楽を多くの人々がクラッシックに馴染まなくさせている理由の一つでもある。

 つまり現代の生活の中ではそんなに長く音楽をじっくり聞く時間が取れないのである。
 故に5分程度で聴き通すことのできる第1楽章だけであれば、広く市民に浸透することが可能だったわけである。

 でもこの曲に限らないがクラシックでもポップスでも音楽はやはり最初から最後まで聴き通すことが基本で、この曲も実はじっくり通して聴くことができれば第一楽章以上にもっと格好いい面が見えてくるし一曲を聴き通すことに意味があるとわかってくる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 この曲は多くの評論家が評するように苦悩の暗から喜び明へ走り抜ける楽曲構成が非常に気持ちよく、未来に対して明るい希望を与えてくれるところに最大の醍醐味がある。

 つまり前へ進むこと勇気を与えてくれる曲構成になっている。

 多くのポピュラー曲がそうであるように、クラシック音楽では暗なら暗、明なら明と一つの雰囲気で曲が包まれているわけではなく、途中で次々に曲調が変化していくところに決定的な違いがあり、それをうまく導ける音楽を構成しているというところにこの作曲家の凄さがある。

 故に例えばモヤモヤした状態でこの曲を聴きはじめると、冒頭のジャジャジャジャーンという音楽動機でまず心が揺さぶられ、その後の不安定かつ圧迫されるようなメロディとリズムによって心理学的用語でいう同質効果で、実は心が安定し始める。

 そしてそのまま緩徐楽章である2楽章で心の平静を取り戻し、3楽章でそろそろと再稼働をはじめ、4楽章の歓喜の音楽の希望へとつながる。

 実はこういった雰囲気運び、心の導きのうまさがこの曲の価値を決定づけている。

 故に聴き終ったあとに気持ちがスッと晴れ元気になれ、そういった面でこの曲は人類に勇気を与える最高の名曲であると評されているのであろうと思う。

 普段の生活の中で、思い悩みイライラする心のモヤモヤから脱出したいときはぜひ恥ずかしがらずこの曲を聴くことをお勧めしたい。勇気を与えられ心の健康を取り戻すことができると思う。

ぜひ「運命」を信じてみてください。^^b

日本のオーディオはやはり凄い

先月念願かなって日本に置きっぱなしだったミニコンポを一時帰国したときに、上海へ持ち込んでくることができた。

今年4月からJALが委託可能荷物容量を増加させたことをうまく利用して、幸いにも追加送料なしで運ぶことが出来た。というか無料で運べると思ったので輸送にトライしたのである。

実は持ち込んだのは4月の初めだったのだが、電圧の問題や引越しが間近に迫っていたため、引越し後まで開封もセッティングもせずそのまま放置してあった。

そして先日引越しも無事完了し数日前にようやくセッティングをしてみた。

まあこのマシンはもうかれこれ5~6年前のモデルであるし、輸送時点で壊れなかったか非常に心配だったのだが、何とか壊れず運べたようで電源は問題なく入った。

そして肝心のCD再生である。

この久しぶりのマシンの上海上陸第一弾の再生には何がふさわしいかと、ちょっと思案して、増えてきたCDのライブラリーを眺めていたが、やはり威厳があり若々しい曲がよかろうと、朝比奈隆指揮大フィルのベートーベンのエロイカを選んでみた。

朝比奈隆&大フィルの英雄

朝比奈隆&大フィルの英雄

中古状態とはいえ、このマシンにとっての再びの杮落としのようなものであるから、これくらい堂々とした音楽がやはりふさわしい。

さあ、CDをローディングディスクにのせて、マシンの中に取り込ませた。
そして第一声が鳴る!!

「ジャンッ!ジャンツ!」

おお、なんと豊かな響きであろうか~、その響きの深さに思わず鳥肌がたった。
全く忘れていたような響きの深さ豊かさである。

思わず音の響きの中に引き込まれる。

音量が大きすぎて近所迷惑になるのはないかと一瞬ヒヤッとしたが、そうではなく音が豊なのである。

もちろん朝比奈&大フィルなので元々響きが豊かで、その演奏の素晴らしさもあるが、今回驚いたのはやはり圧倒的にマシンの表現力の差である。

数ヶ月前に買った韓国の現代ブランドのコンポではこんな音は聞かれようも無かった。もちろん価格差も数倍あることは確かなのだが、それにしてもである。

音楽ってこんなに豊かに響くんだってことを、ヘッドフォンで無理やり低音を強調したような貧弱な音楽しか聴いていない中国人たちに、是非この音を聞かせて教えてやりたい、そう思った今回の日本のミニコンポの音である。

さすが「It”s a SONY」である。

小澤征爾さんの公演

小澤征爾さんが今年のサイトーキネンオーケストラの公演の指揮を、一部を除いてほとんどキャンセルすることが報道されていた。
 病み上がりのため体力がなく交響曲をフルに振れないからだという。

人間がいずれ老いるのは仕方のない道理とはいえ少し寂しい。

かつて何百回といろんなクラシックのコンサートに通っていた私だが、彼のコンサートは結構鮮明に覚えている。残念ながら彼の手兵ボストンフィルとの競演はライブでは一度も聴くことができてはいないのだが、新日本フィル、サイトウキネンオーケストラ、そしてウィーンフィルの演奏はその音と体が受けた鳥肌が立つような感覚を覚えている。

 ウィーンフィルとの公演はなんとか手に入れた仙台市民会館での公演。旅の詳細は忘れたが夜行バスで仙台へ行き、音響環境的には非常にドライでよくない会場であったにもかかわらず音楽に飲まれ、ドボルザークの新世界の第2楽章で涙をこぼしたのを覚えている。

 そして国内オケの新日との公演(チケットが外来オケに比べやすいのだ!)は、オーチャードホールで、バルトークのオケコンやボレロも非常に印象的だった。

 会場は忘れたが恐らく松戸でベートーベンの7番。
 そして大宮だと思うが英雄交響曲。

 それぞれ同じ曲を直前に別の指揮者で聴いたが音の響きがまるで違った。うまくいえないが音が立体的に立ち上がってくる響き方なのである。
 そしてサイトーキネンオーケストラで元旦を挟んで2度聞いたマーラーの復活。年末に長野で年明け2日に上野で聞いた。アホな自分の行動力にもあきれたがそれだけの価値のある演奏を聞けた。

 彼が元気なうちにもう一度くらい聴きに行きたいなぁと思うが、今は上海にいてチケットを買いに行くのさえ難しいかなと思うと少し寂しい。

そうそう、今日は彼の75歳の誕生日。
誕生日おめでとうございます。いつまで元気でいてください。
そして元気な音楽をまた聞かせてください。

                        上海ワルツ