Monthly Archives: 9月 2018

中国のホテル用語<内賓・中賓・外賓>の意味

 中国はまだ日本のようにどのホテルに誰でもお金を払えば泊まれるという仕組みにはなっておらず。いまだに外国人が泊まれるホテルとそうでないホテルがある。

上海のローカルホテル

 そういったホテルの区分を知るのに知っておくべき言葉がある。

 日本から見る日本語のホテル予約サイトではまず出て来ない言葉なのであるが、携程網(Ctrip)など、中国国内向けのホテル予約サイトには、ホテルや部屋区分ごとに「内宾(賓)・中宾(賓)・外宾(賓)」などという表示が出てくる。

 これは何を示しているかというとそのホテルや部屋に泊まれるお客の身分を示すものである。

 主に外国人が泊まれるかどうかを示すものであり、我々外国人には重要な表示で、中国国内で働かれたり旅行される方は覚えておいたほうが良い表示である。
 たまに同じホテルでも部屋単位や予約手段ごとにこの区分が違うこともあるが、基本的にはホテル単位でこの区分が決まっている。

 それぞれ具体的にどういう意味があるかというと下記の通りとなる。

内賓(内宾)  中国の身分証明書を持つ人、つまり中国国籍の人のみが泊まれるホテルとなっているので外国人は泊まれない。
中賓(中宾)  中国パスポートと中国国内で外国人居留証などを取得して働いている方が泊まれるホテルであり、観光客など査証免除や臨時査証で入国される方は泊まれない。
(大陸以外のホテルでこの表示がある場合は、香港籍・台湾籍も泊まれる場合がある。)
外賓(外宾) 外国人向けホテル(部屋)で中国人も泊まれる。

となる。
 このように外国人向けホテルが区分されているという意味は、受付やその他で外国人向け対応が整っていることを意味するが、逆に言うといろんな面で外国人自身もきっちり管理されているホテルともいえるかもしれない。

 料金も当然ながら総じて外賓>中賓>内賓の順で差がある。

 私は中国の労働ビザ(外国人居留証)を取得しているので、中賓の部屋でも泊まれるが、例えば友人を日本から招く場合などは、彼らは泊まれないので外賓の部屋を探さなくてはならないことになる。

 このあたり、当たり前だが日本の楽天トラベルなど、日本語その他の外国語で案内される旅行サイトには外国人が泊まれホテルしか表示されないはずなので、一般の外国人は内賓・中賓ホテルの存在や区分があることをすら気が付かないかもしれない。
 しかし実際にはこの区分があり、中国に駐在されている方などで国内を安く旅行したい場合は、中国語のサイトで中賓区分のホテルを選んでみるのも手かもしれない。

YAHOOの路線検索で出にくい茨城空港

 今年の夏前に茨城空港が2017年度に68万人を達成したというニュースを目にし、あと少し上積みするには、どの路線の増便が可能なのかなと考えていた時のことである。

 YAHOOの路線検索機能を使って、茨城空港を起点とした所要時間のチェックをしようとしたが、どうも茨城空港経由のルートが表示されない。
 例えば水戸駅朝6時発で、神戸のJR三ノ宮駅に何時に着くかを検索したところ、東京駅から新幹線経由のルートが表示されてしまった。
 所要時間は5時間以上で、11時過ぎに到着する結果となっていた。

YAHOO路線の検索結果

 おかしいなと思い、今度はナビタイム(NAVITIME)という別の路線検索サイトを使用して、同一条件で検索をかけてみた。
 すると、今度はきちんと茨城空港から神戸空港を経由したルートが結果として出て来た。
 スカイマークを利用した空路で、三ノ宮駅までわずか3時間ちょっとで、午前9時過ぎには着けるようだ。

NAVITIMEの検索結果

 つまり圧倒的に茨城空港経由が速いにも関わらず、YAHOOの路線検索ではルートに選択されないようである。

 じゃあ茨城空港自体がYAHOOに登録されていないかというと、そんなことはなく茨城空港発で神戸へ行く設定で検索すると、きちんと空路での移動ルートが表示される。

 はて、これはどういうことだろうか?

 少なくとも速達ルートという意味で言えば、ナビタイムでの検索結果の方が正しく、YAHOOは間違っていることになる。

 何故、こういう結果になるのだろうか?

 これはあくまで個人の推測だが、東海道新幹線の運行頻度が高いため、信頼性という意味で優先度が高い設定がされているのではないかという気もする。

 新幹線が1日何本走っているのかは知らないが、茨城空港と神戸空港との航空便はたった2往復であり、それが影響している可能性は否定できない。

 それが証拠というか、今度は水戸駅から札幌駅で設定して検索したところ、乗り換え時間の設定の差で、若干違いがあったが、ほぼ同じ結果が得られたのである。

 ただ、この区間に確かに新幹線は確かに走っていないという差はあるが、確証が持てるほどの差ではないという気もする。

 結局疑問は解決せずだが、当面はナビタイムを優先して使おうと思ったこの検索結果の差である。

スケボー広場

軌道交通2号線上海科技館駅上には、公園的広場があり野球場レベルの広さの石畳の広場が広がっている。
この広場では休日になると、スケボー少年や少女、或いはローラースケートを履いた若者が沢山集まってくる。

上海科技館駅上広場

彼らの中には非常に上手に滑る者も時々いるが、大半は練習にやってくる初級者レベルの若者たちである。

スケボーに興じる若者

故に時々派手に転ぶ姿が見られ、小さい子供などはけがに備えてヘルメットや肘・膝の防具をつけて完全防備で練習している姿も見かける。

この広場は地面のフラットな部分が広い上に、中央部の四角い広場を囲む用に配置されている池に対して、縁に緩やかなスロープがあるのでスロープの練習もできるし練習場所としてはもってこいなのだろう。

スケボーに興じる若者

そういえば、発展の続いている中国とは言え、これだけスケボーなどの練習に適した場所は貴重なのかもしれない。

一般道は車が多い上に、いまだに凸凹が多くスケボーやローラースケートには向かないとい状況である。
また、子供たちの遊び方として、ちょっと前の若者たちにはスケボーですら贅沢というか、珍しい遊び道具であったわけだが、この10~15年でようやくスケボーやキックボードなどが浸透して一般的になり、その象徴がこの広場だという気がする。

ところで、練習している若者のほとんどが地元の中国系の人々だが、時々欧米系の風貌の方も混じっている。
駐在の方のご子息なのか、留学生の類なのか詳細は不明だが、明らかにアジア系の顔ではない方たちが混じっている。

欧米系のローラースケーター

そういえば、この広場の地下には雑貨屋というか、ブランド品などお土産物を集めたお店が密集しており、もともと外国人の集まりやすい場所でもある。
さらに近くに外国人がビザを取得するための出入境管理局もあり、国際都市上海の中でも特に外国人の存在に違和感のない場所でもあり、地元の人間にとって外国人に多くの接点がある空間がこの広場周辺である。

また、駅名にもなっている上海科技館も隣接し、科学による未来への夢を子供たちが感じるための場所ともなっている。
私もこの近くの上海東方芸術中心に月に数度音楽を聴きに来るたびにここを通る。

こういった昼間に人が集まる広場というのは大きくなってしまった上海だとしても街にとって大事な資源である。
世の中には広場自体は広くても、警官が常に警備する緊張感の高い場所もあり、それに比べればこの広場はとても平和な空間だという気がする。