Tag Archives: 鼻水

喘息悪化

 世間で台風だ地震だと自然災害に騒いでいる最中、個人的には気管支炎というか喘息の悪化の苦しみにあえいでいた。
 まあ正確に言うと被害があったころは、まだそれほど深刻ではなく週末に向かって悪化したという感じである。

 胸がムズムズするというか、何か奥のほうにひっかっかっているような気持ち悪い状態で咳をするたびに痰がでる。

 というか痰を外に出したくて身体が咳という反応をするような状況である。

 ちなみに中国語でも喘息は「喘息(chuan3xi1)」である

 そして、上海の悪い空気がさらに苦しさを刺激する。
 もともとそれほど良くない空気状況の上に、周囲には喫煙者がわんさかといる。
 
 一応オフィス内では禁煙になっているのだが、同僚はこっそり吸っている。
 なぜ注意しないかと言えば、同僚一人注意しても仕方ないほど、廊下へ出ればよその会社の人間がたばこを吸っているので同僚一人の問題ではないのである。

 そして、ビルの入り口でもここは屋外だと言わんばかりに、パカパカ吸っており、出入りする人々を煙のカーテンで出迎える。
 こういう環境で年中過ごせば、おのずと呼吸器系等には悪い影響が出る。

 おかげで上海に来てから年に2回ほど、呼吸器系等の悪化に悩まされるようになった。
 
 一応対処法は覚えてしまったので、それを実践する。

 鼻水が多いので副鼻腔炎関連の処置である。
 アレルギー薬と、痰きりの薬、あとは咳止めと消炎剤である。

 このパターンである程度は楽になる。
 しかし、睡眠中に発作的に起きる咳は苦しいし、全身に力が入るので筋肉痛にもなる。

 今回どうやらこの咳で力が入り過ぎて、お腹のへその下の部分に黒っぽい内出血のような痣が出来てしまった。

 不思議な場所だったので最初は原因が分からなく、ネットで症例を色々調べてみても類似症例は出てこなかったのだが、内臓疾患が原因ではないような印象である。
 で、今のところ見つけた結論としては腹直筋の断裂、或いは損傷なのではないかという判断になっている。
 腹直筋とは、いわゆるマッチョのひとが自慢するシックスパックの筋肉であり、真ん中で腱でつながっているのだが、その真ん中の部分が損傷したという見立てである。

 見たこともない症状なので油断は禁物だが、患部は外傷的痛みはあっても、それ以外はなさそうなのでとりあえず様子見である。

 で、咳の方もなかなか止まらない。
なにか悪いウィルスでも吸い込んだかなぁと思考を凝らしながら咳に耐えている現在である。


鼻すっきり

 昨日あたりから、件の副鼻腔炎がかなり改善された。まだ完璧じゃないが昨日の夜は鼻づまりで苦しむことはなく、睡眠時も自然な鼻呼吸で寝られたような気がする。

 おかげで今朝の目覚めもすっきりしている。

 まあ、まだ嗅覚がほとんど戻っていないし、昼間になって若干ぐずつき気味になったので、完治と喜ぶには早すぎるが、段々快方に向かっているのは確かで、努力の成果が現れているようでとってもうれしい。

 鼻が詰まっていると思考も鈍りがちなので、早く全快できるよう薬と食事は毎晩きっちり続けようと思う。

副鼻腔炎はでんぐり返しで治す

長く引っ張っている副鼻腔炎を真剣に治すことにした。
とにかく鼻が臭くてたまらない。
おそらく周りの人間にも結構迷惑をかけていることであろう。

さて副鼻腔炎は手術か薬で治すほか無いといわれているが、手術しても時間がかかる根気の必要な治療である。

手術をするかは医者と相談しつつよーく考えるとして、とりあえず市販の点鼻薬と飲み薬でがんばってみることにした。

普通の風邪と違って2~3日で直るわけではないので、長期の服用が必要だ。
で飲み薬はまあ、普通に飲めばいいのだが点鼻薬の方はちょっと厄介である。

 実は鼻の穴の奥のほうに患部があるため、普通の姿勢で点鼻薬をさしても届かない。故に薬を差す姿勢に一工夫必要になる。
つまりどうするかというと四つんばいになり、頭を床につけておへそを見る姿勢をとって、鼻に薬を差す。

 傍からみるとでんぐり返しを途中で止めたような姿勢だ。でもこうしないと薬が喉に回ってしまい、患部に届かない。故に毎回この姿勢が必要になる。
 部屋で実施する分にはベッドの上で行えばいいが、会社ではとてもこの姿勢はとれない。
結局は今は家と会社が非常に近いので、この点鼻のために毎回家に戻っているが、非常にわずらわしい。
 でもこうするほかない。

毎日朝昼晩のほぼ決まった時間にベッドの上でのでんぐり返しの姿勢をとるようになった、
 もし窓の外から私を観察している人がいたらイスラム教の信者が毎回礼拝を行っているように思うかも知れない。(笑)

 これらの努力のおかげで鼻づまりはかなり解消し、おかげで寝ているときの呼吸はだいぶ楽になったような気がする。
しかし、まだ嗅覚が戻らない。美味しい食べ物の匂いが分からない。
臭い匂いはまだまだ付きまといこれらは鼻が治っていないことを示している。

完全に嗅覚を取り戻すための根競べ、つまりでんぐり返しはまだまだ続く。