韓国料理食べ歩き 静安寺で「辣白菜湯」韓風さん

最近韓国系のお店ばかりを回っているうちに気がついたのだが、市内の中心部、とりわけ静安寺地区には韓国料理のお店はあまり多くない。
この地区で知っているのは、他には久光さんの上にある1軒くらいしか知らない。どうしてなのかという分析は出来てないが、久光さんの上品な客層はどちらかというと庶民的な韓国料理は好まれないということか?

 その割には、この静安寺と、朝鮮・韓国系の人たちが住む龍柏新村を結ぶ57番のバスは本数も多いし、いつも人でいっぱいだ。彼らは食事は地元でということなのか?

 まあそういった分析はさておき、ようやく待望の韓国料理の新店が開店したようである。新たにオープンしたのは上海市内に何店舗も支店を構えるチェーン系の韓国料理店の「韓風」である。

 万航渡路沿いにあり、チマチョゴリを来たお姐さんに案内されて3階のレストランへ案内される。

 店内は比較的暗めだが、すっきりした今風のつくりになっている。当然のように各テーブルには焼肉のセットがあるが、強力な吸煙機がついているらしく、天井からの煙突はなく店内にも煙っぽさは全くない。

 さてさてメニューを見ると、焼肉が中心のようで、炒め物などのサイドメニューは多くなく、あとはビビンパなどが多少バリエーションであるだけで、大勢で料理をつつくというよりカップルや2~3人で食事を取るための店といった感じだ。
今回は一人で行ったので、焼肉はあきらめ、スープとご飯を食べることにした。

17064

で注文したのが「辣白菜湯」(28元)。
 こういう汁物を頼むと韓国料理では白米ごはんは自動的についてくるのだが、通常は銀色の器に蓋をして出てくる。ところがこのお店の服務員は手を抜いたのか蓋無しで出てきた。
 味のほうはというと、結構辛味がきいていて非常においしかった。中には餅まで入っており、これが美味しい。最初はご飯と汁を分けて食べていたが、結局我慢しきれず、ご飯を汁の中に放り込みクッパ風にして食べた。日本では行儀悪いとされている行為も韓国料理では結構アリである。韓国でも本来は行儀が悪いらしいがよく見かける。
 一気に食べると体がほくほくになり汗が出てきた。寒い冬には持って来いの料理だ。

シッケ(韓国飲料)

シッケ(韓国飲料)

 このお店には韓国で見かける米のジュース(日本酒ではない!)があったのでそれも頼んでみた。식혜(シッケ)と呼ばれる。懐かしい味である。
こんな飲み物を出すところをみると、若い韓国系の人を狙っているというこの店のターゲットが見えてくる。確かに次はカップルで訪れてみたい、そんな店である。

韓風 静安店
万航渡路1-5号3楼3C室
021-6249-1058



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com