茨城空港に降り立つはずが、台風の影響で札幌に?そして、、、

 日本では衆議院選挙のクライマックスに向かって、盛り上がる中、自動車免許の書き換えの為に日本に一時帰国した。

 で以前「LCCは往復で買わない方がいい」書いたように、そのまま実践し日本へ帰る時は春秋航空、上海へ戻る時はピーチ航空として使い分けてチケットを購入し22日の日曜日の便で上海を飛び立った。

 当日は日本の台風情報も知っていたものの、上海の空は気持ちよく晴れていたので、勝手に何とか台風が来る前に到着できるだろうと楽観的な予測で飛行機に乗った。

 そして無事定刻に飛行機は上海を離陸した。

 上空では、多少揺れはあったものの、無事につきそうだなという予測のもと、まず日本円をATMで幾らおろせばいいのかとか着陸後の行動をいろいろ整理しながら時間を過ごしていた。

前の日の夜からの腹痛で体力的には最悪な搭乗であったが、機内ではかなり気分も落ち着いてきており、全ては気鬱だったのだのだなと感じていた。

ところがである。

機内放送で、状況が一変する。

茨城空港からの通知があり、着陸できないと判断し上海に戻ると機長のアナウンスがあった。
中国語だけのアナウンスだったが、乗客の大半を占める中国人たちから驚きの声が上がった。

「またか」

去年体験した欠航トラブルとの再遭遇である。

去年も実は羽田発上海行のピーチ航空で同様に羽田に引き戻された経験がある。

うーん、引き戻されることはある程度想定内だったが、免許の更新期限が迫っていたので後処理をどうしようかと悩み始めた。

 そんなことを考え始めた矢先、さらに驚きの機内アナウンスが入る。

 「上海に引き戻すには燃料が不足するので札幌に向かいます。」というものだった。

 「何―い?札幌?」

 このアナウンスを聞いた乗客たちの反応は一回目とは違った。

 ちょっと喜びの入り混じった複雑な反応だったのである。

 正直言って私も少しときめいた。 

 実際最近札幌に行きたいと思ってたのであり、もしかすると札幌観光が出来るかもしれないと思うと、期待を感じずにはいられなかったのである。

 ただもう一方で、札幌で降ろされた後どうなるのかを想定すると、それはそれで困るなという違う考えが頭をもたげた。

 札幌に下ろされても実家へ移動する手段を確保しなくてはならないからである。

 理想としては札幌に一泊して次の日に茨城へ再度送り届けてもらえる対応であるが、いずれにしてもLCCの常識から考えると難しそうである。

 客室乗務員に訊ねても、今は分からない、札幌到着後に会社の判断を待つということだった。

 で、機体は北海道の大地の上空に達し、紅葉に燃える森林の上空を通過しながら新千歳空港に降り立った。

 さてなるどうだろうか?

機体の窓から見た新千歳空港

 しばらく待った後、伝えられた決定は「給油後上海に戻ります」ということだった。

 「わー。悪い予感があたった」

 まあ航空会社にとっては一番支出の少ない方法が出発点に引き返すという方法なのである。
 現地でホテル代や交通費を弁償していたら結構な金額になるので、引き返してしまえば欠航扱いで、振替や払い戻しだけすればよいからである。

 一部の乗客たちが機体から降ろせと少し抗議していたようだが、決定は覆らず航空機はそのまま新千歳を飛び立つことになった。
 北の大地に降り立ったのに自分の踏み染みられないとは何とも未練の残る状況である。

 そして再び機体は上海を目指して離陸した。(続く



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com