逃げ出すよりマシ

 期限といわれる5月末を目前にして、普天間基地問題で急にバタバタし始めた鳩山首相。

 この問題は昨年の就任当初からあった問題なので、今までのこの半年以上の間は何をやっていたのだろうかと呆れる面は確かに大きい。
 日本国民もそう感じているようで、内閣支持率もやはり下がりっぱなしである。

 しかし、鳩山さんを無理やり擁護すればそのみっともない姿をさらしながらでも問題解決に向けて必死にもがいている姿は評価できる。

 今の状況では大見得を切って言っていた5月末の期限に間に合わないかも知れないが、それでも問題解決に対しては不器用ながら前向きに取り組んでいる。

 考えてみれば前政権の二代の首相は続けて無責任に椅子を放り出したといわれ、それと比べれば今の姿は例え夏休み最後の宿題の追い込みのような姿でも、責任も果たさず逃げ出してしまうよりよほどマシであるといえる。

 実はこの問題がこの段になってバタバタしてしまった背景には、この問題を鳩山さんが某側近を信用し全権委託して解決を図っていたが、その側近が問題を解決の具体的な進展がないにも関わらず首相に対して「大丈夫だ、間に合う」と言い続け、それを鳩山さんが信じた結果、この時期になって実は何も出来ていないことがわかり、慌て始めたのではないかと、ある人がラジオで言っていた。

 故に、急に鳩山さん自身が動かざるを得ない状況になってしまったのではないかということらしい。

 この推測を信じれば、解決能力のない人間に仕事を委託してしまった鳩山さんに人を見る目がなかったとしか言いようがないが、逆にそれでも投げ出さず責任を感じ、自ら沖縄や徳之島に足を運び出向き、問題を解決の道を探る姿勢は評価できるような気がする。
 
 この問題の現在の状態は、決して褒められた結果を出せていないかもしれないが、鳩山さんが今後投げ出そうが投げ出すまいが、いずれ誰かが解決しなければ片付かない問題である。

 ならばどんなに格好悪く、どんな時間がかかろうとも問題解決に向けて、間断なく責任を果たそうとする姿がある限りにおいては支持しても良いような気がする。

リーダーに判断を預託する国民としては、逃げ出さられるよりよほどマシである。

 原文



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com