日本人の無責任な「お上依存気質」

日本のニュースを見ていると沖縄の普天間基地移転問題において、鳩山首相がリーダーシップ不足でずるずる支持率が低下している姿が連日のように伝えられる。

 まあ確かに彼の決断力不足がその要因にあるという面も否めないが、それ以上に個人的には彼の立場を非常に気の毒に感じる。

 マスコミや周囲の人間はこの普天間の問題を内閣に委ねながら、誰一人基地の受け入れ側に回ろうという発想の元に意見を述べていないのである。

 沖縄の負担を軽減するならば、沖縄県以外のどこかに移転させなければならない。
しかし、県外の候補地の名前が浮上するたびにその地元から反対意見が噴出してくる。日本全国どこを探しても米軍基地の移転を受けてもよいなどという自治体は全く現れてこないのである。

 つまり結局は、どこの自治体にとっても米軍基地は厄介者の存在で、貧乏くじを引くことなく問題をたらいまわししたいというのが日本全体の趨勢なのだ。
 そんな状況の中、鳩山さん一人や現政権にだけ責任を押し付けても何も始まるまい。
 
もしどこも米軍基地を受け入れないのならば、例えば米軍基地を追い出して日本の独自の安全保障でやれるのかどうか?もしそうなればきっと日本全体に必要される独自軍隊の規模は沖縄の普天間基地の規模では済むまい。

 もちろん、軍隊や自衛隊などなくても良いなどという理想論もあるが、現代社会において一つの国家が全くの丸腰状態というのも非現実的だ。

 こんな重要な国全体の安全の問題を、首相や内閣に任せっきりにして「安全は欲しいが基地は来て欲しくない。でも首相にはきちんと決断してほしい。」などと意見を述べるマスコミや国民の態度は非常に無責任というほかないであろう。

 鳩山首相に決断力がないのは、日本国民全体に決断力がないからで、彼が無責任のように見えるのは、日本国民全体がこの問題に対して無責任であることにほかならない。

そんな象徴としての鳩山さんが責められるのはやはり少し気の毒な気がする。

 全てはお上の指示待ち、悪いのはお上の責任だとする日本の国民体質はそろそろ改めたほうがいいように感じる。
 外国にいると日本人のそんなお上依存気質が良くわかる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com