無責任な徳之島

いきなり大胆にタイトルを書いたが、何も徳之島に基地を受け入れろと迫っているわけではない。
ただ、彼らが一方的に反対を叫ぶことはいかにも無責任だと感じている。

彼らは基地は要らない等々の反対の声を上げているらしいが、じゃあ彼らの安全はどう守っていくのかということになる。

まさか今の平和が何の国防努力もなしに成り立っているのだと思っているのではあるまい。

徳之島にだけ一方的に押し付けることを決して良しとするものではないが、彼らの島も日本国の領土の一部として、日本の国防下つまり米軍の庇護の下に安全と平和が成り立っていることになっている。

そのためにはやはり国全体として相応の負担をしていかなければならないし、それを考えたときに、じゃあ徳之島だけ無責任に私の島では全く受け入れることが出来ませんと一方的に声高に叫んでよいものかということになる。

 もちろん、徳之島という場所に関する軍事的・技術的な是非に関してはいろいろと意見が言われており、その選択がベストということではないようだし、鳩山首相の調整手法に疑問を感じる部分は多分にある。
だから、徳之島に移転をさせろという意見を言う気はない。

が、そうはいっても基地は現実に存在し、これからも日本のどこかに基地を置く必要があり、或いは米軍を追い出すなら自国の軍隊を持ち、もっと重い負担を背負うことを覚悟する必要がある。

そういうことを全く忘れて、自らの基地反対だけを声高に叫ぶ徳之島の島民は余りにも無責任だと言わざるを得ない。つまり安全に関する当事者意識がないのである。

 先日、某国の海軍が沖縄の公海上を通過したという報道があったが、もしその軍艦たちが今度は徳之島の周辺をうろつき始めたとしたら、彼らはどう考えるんだろうか?

もし彼らがどうしても基地を受け入れたくないと考えるのならば、どこかが受け入れられるための話合いをする場を設けるなどの、もっと前向きな提案があってしかるべきである。やはりただの一方的な反対は無責任である。

まあ、そういう議論土壌を作れず一方的な反対行動を呼んでしまったところに鳩山さんの政治手法の未熟さがあるのだが。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com