Tag Archives: 不動産

もうすぐこの街ともお別れ

会社の引越しまであと一ヶ月程度となった。
2年前に、会社とともにこのエリアに引っ越してきて、まあたった2年とは言え自宅も職場も同じエリアにあったものだからこの街に馴染んできていた。

 無茶苦茶気に入っていたわけでもないだが、日々の生活圏がここにあってそれなりの愛着もあった。

 しかしこのたび会社の再移転が決まったため自宅は一足先に先月に引っ越してしまったのですでにこのエリアから生活圏はなくなった。

 そして来月は職場もこのエリアからサヨナラである。

職場の窓からの風景

職場の窓からの風景

 まあ、そんなに遠くに引っ越すわけではなので、ここへ戻ってこようと思えばタクシーで10分かそこらで来れてしまうのだが、毎日来ることは有り得ず、やはり縁遠くなってしまうのは確実である。

 そう思うと時間の流れを感じてちょっと寂しくもある。
ここにいた時間は辛い時間が多かったが、今はもう過去になる。

最近値上がりが激しい上海の賃貸住宅

 今月末で今の部屋の契約期限が切れるのだが、大家が自分で使いたいので契約を延長しないと言ってきたので部屋探しを行なうことになった。
 会社のオフィスも引越しすることになったので、またもや会社の移転に併せての自分の引越しである。

 さて実際に部屋探しをしてみて気がついたのは、相場が非常に値上がりしているということ。
 従来の家賃+10%以内の範囲で部屋を探し始めたのだが不動産屋と相談し始めて、とてもそれでは部屋が見つからないという現実を知らされた。

DSC04411

 今の部屋は会社まで歩いて10分くらいという好立地だったため、同様に新オフィスまで歩いて通えるという条件で探し始めたのだが、想像以上に家賃相場の値上がりが激しく、最初の予算ではとても満足する部屋が見つからない。
 もちろんそんな贅沢な部屋を探そうというつもりもないのだが、ある程度清潔で心地よく住めそうだと思える部屋がなかなか見つからなかったのである。

 で、まず見つけたのが某地下鉄駅から歩いて5分程度の部屋。
 周囲の環境は100点とはいえないが、高い建物がなく日当たりや風通しがよく、室内も清潔で、何より現在よりゆったりとした2部屋の広いスペースが魅力的だった。

 ただし、家賃はもとの25%以上増し。

 しかも会社まで歩いていける距離ではなく、地下鉄2駅分の通勤条件と家賃の高さに二の足を踏んだ。
 
 結局は即決するに至らずこの部屋を一時保留にして、さらにいい条件の部屋を探すべく、オフィスまで歩けそうな位置の不動産屋の門を叩きまくった。

 そして幾つもの部屋を見たが、エレベーターなしの5階とか、部屋は綺麗だが廊下が汚すぎるとかどれも帯に長したすきに短しで、なかなか物件全体として気にいるに至らない。清潔な部屋という条件だけでかなり値段が上がる。
でもそこは毎日過ごす場所だけに譲れない。

 探しているうちに一箇所だけ綺麗な部屋を見つけ、周囲の条件もそこそこ悪くない部屋が見つかった。

 但し家賃は最初に保留した部屋と同じ。

 結局満足できる部屋は、最初の部屋とこの部屋の2つだけで、家賃を下げようと思ったら部屋の清潔さを諦めるか、さらに遠距離通勤を覚悟しなければならなかった。

うーん、いずれにしても予算的に想定外だなあと思いつつも生活全般のことを含めて考えるとその選択肢の中から選ばざるを得ない。

そして決めたのは最初の部屋で広さと日当たり、会社からの方角などが決め手になった。歩いて通勤という条件は結局諦めざるを得なかった。
 まあ部屋の条件には納得しているが、家賃の値上がりには困ったものである。

 とにかく来月から新居に移転である。

ネットの情報の半分はパンダ

いろいろ紆余曲折した会社の移転問題だが、実は先週末にほぼ決定した。
移転時期に関してはまだ流動的だが5月中の移転完了を目指すとの事。
これを受けて、先週の自分の部屋探しを始めようとまずネットで市場調査を始めた。
中国には上海だけでもかなりの数の部屋探しサイトがあり、かなりの件数の物件が掲載されている。
使いやすいサイト、使いにくいサイトいろいろあるがそのサイトの構造に限らず、掲載されている情報の半分は客寄せパンダ的なダミーの物件情報であるという。

 従って、条件の良い物件を見つけて連絡をとってみるとその物件はもう成約したと言われ、別の物件を探して紹介するがどうかと必ず言われる。

 確かに上海の空室市場は流れが速く、条件の良い物件はすぐに埋まってしまうので、本当に不動産会社の言うとおり成約済みの可能性もあるが、やはりどうにも疑わしい。

 果たして、本当にその物件があったのかどうかもこちらには知るすべがないので確かめようがない。どうにも顧客集めの客寄せパンダのにおいがする。

 実は先週末これと同様のことがあり、見事引っかかってしまった。
私自身が部屋探しのためにネット上で情報を探し、良さげな物件があったのでそこに電話をかけたのだが、相手からその物件はもうないといわれたのである。

 しかしながらその物件情報の登録日時は前日の夜の7時であり、私がその情報を見つけたのは夜中の1時頃、そして電話をかけたのが朝の9時である。真夜中に契約が成約したとしか考えられない状況である。もちろん上海とてそんな真夜中に部屋を見て契約するようなことは常識的に有り得ない。

 結局は元からそんな好条件の物件など存在しなかったのである。

  そして、次の瞬間から不動産屋からの紹介攻撃が始まる。まあこちらとしてはこの「客寄せパンダ物件」と同等の物件が用意されるならば言うことないのだが、そんなやり方をする不動産屋に限って、ロクな情報を持っていない。しかも話が通じない。言葉が通じないのではなく話が通じないのである。

その不動産屋から数件の物件を紹介され、部屋を見て回ったのだがどうにもこちらの要求がまったく通じていないような条件の部屋を紹介された。

説明しても、どうも部屋と相場のバランスがあっていない気がする。日本人だからなめられている部分もあるかもしれない。

 こんな不動産屋に付き合っていると3日たっても見つけられそうにない気がしたので、そうそうに離れた。
次の日に電話が掛かってきた時には「もう決まった」と嘘をいえばそれで終わりである。パンダのお返しなので罪悪感もなく言える。
 不動産選びというのは実は不動産屋選びがまず重要なことだと教えられた。ネットには着ぐるみを来たパンダがたくさんいる。
 今回の教訓は「パンダに気をつけろ!」である。

am100_an001