Tag Archives: スカイマーク

茨城空港から深圳便(南方航空)と台北便(Vエア)も撤退するようだ。

 日本のニュースで爆買いブームが沈静化し、円高などの影響もあって外国人旅行客の勢いが止まっているようなことが報道されているが、そういった影響なのか茨城空港においても就航済みの路線の減便のニュースが相次いでいる。

 今年6月のブログで中国国際航空(CA)が茨城空港から撤退するニュースを書いたばかりだが、今度は広東省深圳からの南方航空(CZ)も運休となるニュースが発表されていた。

 運休日は8月27日となっているが、最終運航日が8月21日となっていることから今日現在もうすでに運行を休止してしまっている状態になっている。

茨城―深圳便休止の通知

茨城―深圳便休止の通知(茨城空港サイトより

 そして台北からのVエア(ZT)も9月18日をもって休止となることが発表されている。
 もっともこのVエアのは路線の単独休止ということではなく、会社自体が整理の対象となっており、親会社のトランスアジア航空に吸収されるとのことで、いずれにしても業績が思わしくなかったということらしい。

茨城―台北便休止の通知

茨城―台北便休止の通知(茨城空港サイトより

 つまり、この半年余り中華系の航空会社で賑わった茨城空港だが、あっという間に3社3路線が撤退し、残るは春秋航空(9C)の上海線のみとなった。

 まあこの春秋航空線に関しては日本人の利用も非常に多いので当面は安泰のような気がするが、中国人の訪日観光の波が退けば、減便くらいのことは有り得るかも知れない。

 秋に韓国へのチャーター便の計画はあるようだが、新規の定期便のニュースは特になく、当面はやや静かな状況に戻りそうである。

 国内便で唯一就航しているスカイマークもご存知の通り再生計画の中で運行してる途中であり、この夏は業績が良かったようなことが報道されているが、先行きが明るく見通せている状態ではないだろう。

 故に中国からの観光客に活路を見出したと思われた茨城空港の未来もちょっと未来が見通せなくなっており、次なる一手が必要な時期となっているようである。

茨城空港へのスカイマーク民事再生申請の影響

 先月末の1月28日に日本の航空会社スカイマークが民事再生法を申請し、事実上の破たんとなったことが発表された。
 まあスカイマークそのものについての話は、報道されている通りだが、気になるのはスカイマーク以外の国内線の航空会社が乗り入れていない茨城空港への影響である。
 

 で、茨城空港の様子をチェックしてみると、どうやら全く無傷とは言えないもののの、スカイマークが運行を継続していることもあり、今のところ影響は最小限で済んでいる様子である。
 今回の民事再生申請を受け、茨城空港では札幌、福岡、米子への便が1往復ずつ運休となったが、札幌便はまだ1往復残り、福岡便も残った。
 さらに神戸便や那覇便も残っている状態で、元々開港当初から国内線の就航すら危ぶまれていたこの茨城空港にとっては、これだけの路線が維持されるのであれば影響は限定的で済んだと言える。
 もっともスカイマークが民事再生申請をしたという事は、今後も再生計画に従って路線が統廃合されるようなことも考えられ、安穏としていられるわけではない。
 また空港使用料が未納だという報道もあり、茨城空港について具体的に払われているかどうかの情報はないが、未納であれば空港運営にも支障が出る可能性はある。
 しかしながら春秋航空が昨年末に上海―茨城便を週末に増便したほか、日本中国ともニュースにはなっていないようだが、この2月と3月に中国南方航空(CZ)が黒龍江省ハルビンからのチャーター便を8往復運航しているとのことで空港そのものへの需要は今でも意外と高い状態である。
 それゆえに、今後の開拓次第では今後の道筋はもっと開ける可能性は残していて、国内線もスカイマーク依存からの脱却も見えてくるのではないかという気がしている。
 取りあえず、現状ではスカイマークが残った状態というのは茨城空港にとっては有り難い話であり、お客がまだいるうちに再び次のステップの需要開拓に頑張ってほしいという気がする。

茨城空港が続々拡大中、先月から名古屋と福岡への便

 ちょっと観察を放置している間に茨城空港の路線がさらに拡大しているのを最近知った。

 先月の4月18日よりスカイマークが福岡と名古屋へ1往復ずつの運行を始めたのである。

茨城空港のスカイマーク機

 これにより茨城空港を発着する便は、春秋航空の上海便を含め、7路線10往復まで拡大したことになり、開港計画の際に想定された状況に近づきつつある。

 確か開港前に想定されていた内容は札幌、大阪、福岡、沖縄への路線就航で年間80万人の利用客ということであり、利用客こそ昨年時点ではまだ想定の半分程度の40万人弱だが、今年になり路線数や就航便数が増えているので、利用客の当然増えるはずであり、まあ当初の開港目標はおおよそ達成しつつあるのではないかという気がする。

 もちろん、未だにJALとANAの2大キャリアの就航はないので、完全な成功ではないのかもしれないが、スカイマーク社が路線を拡げているといことは、ポテンシャルを感じているからこそだという気がするのであり、実際反応もあるのである。

 茨城空港は開港当初からアクセスが不便だ何だとさんざん馬鹿にされてきたが、私は当初から北関東を後背地として考えるとそれなりにマーケットがあり、羽田や成田と同じ土俵に立たなければ勝算があると思っていたが、今回の拡大を見るとおよそその通りになってきたという気がする。

 まあただ今回の増便で国内線の路線数としてはおおよその部分をカバーしつつある
ので、今後は急激な増加は見込めないかも知れないが、国際線のLCCなどに関してはまだ開拓の余地があると思うし、東京オリンピックが近づいたり、日韓関係が改善すれば休止しているソウル便の復活も考えられ、今後さらに需要が見込めるという気がする。

 ところで話はズレるが、ウィキペディアの茨城空港こと百里基地のページを読んでいたところ、空港の沿革紹介の部分から、開港時のアシアナ航空の記載が削られているのを発見した。

 スカイマークの記念便の記載はあるが、アシアナの記載がないのである。

 アシアナは開港時の初の就航路線であるのだから沿革に記載されていないのはどう考えても不自然である。

 まあ、察するに近年の嫌韓の雰囲気を受けて、韓国を毛嫌いする人が勝手にウィキペディアページを編集して、アシアナ航空の記述を削除してしまったのではないかと思われる。

 特に、このページは「百里飛行場」という自衛隊の百里基地との併用空港を同時記載しているページであり、航空自衛隊の航空観閲式が行われることから、自衛隊を尊敬する愛国心を自認する人たちが、韓国の航空会社の記載が許せず、排除しようと行動をしたかも知れないというのは容易に推測できる。

 まあ私も最近の韓国の状況から言って嫌韓の意識は理解できない訳じゃないが、アシアナ航空が最初に就航した航空会社であることは紛れもない事実で動かしようがないのだから、こういった感情論で記載を排除するような事実を捻じ曲げるような行為はおかしいという気がする。

 茨城空港の発展を祈る身としては、震災で止まってしまった韓国便も再び就航する日が来るのも待っているのである。

茨城空港に米子線とミャンマー線

 今年初めに地上からの訪問以来、結局空路での訪問が無い茨城空港だが、ネットでググったところ、なんと路線網に拡張計画があることが判明した。

 その一つがスカイマークによる神戸空港経由の米子線。

 茨城と鳥取の米子にどんな結びつきが?とちょっと不思議な路線計画だが、要するに茨城―神戸線と神戸―米子線が同じ路線として一緒に増便されるということであり、結果的に茨城―神戸便が1日3便に増便されるという形になるのである。

 つまり、茨城―米子の通しの需要をどれだけ期待しているかは分からないが、少なくとも茨城―神戸間は輸送力強化が行われるわけだから需要が高い状況となっているのだろう。

 まあ羽田―大阪間とは比べるべくもないが、北関東を中心とした茨城―神戸間の需要が定着しているのは確かのようであり、茨城空港を応援する私としてしては増便が行われるのは嬉しい事である。

 そしてこの米子線に加えて、増便が行われそうなのがミャンマー国際航空による茨城―ヤンゴン線である。

 今年8月の報道では週3便がこの12月から運行される計画だったようだが、その後やや事情が変わり、来年2月に取りあえずプログラムチャーター便で4日おきに計5便だけ運行し、その需要状況によりその後の判断をすることになったようだ。

 計画を縮小した理由としてはANAがこの9月から成田―ヤンゴン便を増便した影響が大きいようで、ミャンマー国際航空が収益性に懸念を感じたらしいとのこと。

 その後も運行されるかどうかは来年の2月次第ということのようだが、茨城からミャンマー進出を狙う企業も少なくなく需要は有るのではないかという気がしている。

 まあ私としてもぜひとも近いうちに何とか一回は上海―茨城便を利用しようと思っており機会を探っているのであるが、以前も書いた通り両親の住む場所が成田空港に圧倒的に便利な場所のため、機会を見つけられないでいる。

祝 スカイマーク茨城空港就航決定!

スカイマークエアラインズが神戸―茨城空港間に定期便を就航させるというニュースが入ってきた。

しかも21日前までに予約すれば5800円まで下がるという。驚きの安さである。

 東京ー大阪間の夜行バスがスタンダードで3500円程度、3列シートならば5000円程度であることを考えれば脅威の価格となる。
 もちろんスピードが圧倒的に違うことを考えればコストパフォーマンスは高い。

 茨城空港が推し進めている低価格空港の効果が早速現れた格好となった。

 この値段ならば、私にとっても上海からの東京便より比較的安い大阪便を使って関空へ降り、そこから船で神戸空港へ乗り継いで茨城空港へ向かうルートをたどれば、直行便より割安で帰れる可能性がある。

 また、空港周辺の人間が東京に出る時間を節約をして、神戸経由で福岡や沖縄に出ることも可能になる。

例としてJR水戸駅を起点に考えたとしても羽田発の便に乗るには3時間半程度の余裕を見なければならないが、この空港なら1時間半程度で十分であり、この2時間の差は大きい。神戸で乗り継いだとしても十分吸収できる。

しかも何しろ値段が安い。飛行機や新幹線の半額以下である。
さらに都内を動きまわらなくていいので移動も楽である。

 こうやって考えればこれに乗らない手はないと思うのだが茨城の皆さんいかがであろうか?