Monthly Archives: 12月 2008

地元では「上海ヒルズ」の名前は浸透してない

今年の夏にオープンした「上海環球金融センター」だが、日本の観光雑誌やパンフレットだと「上海ヒルズ」の通称で呼ばれているが、実は上海にいる我々日本人でさえこの名前はぴんと来ない。

もともとこの名前をつけようとしていたのは事業主体者である森ビルさん本人だが、上海市政府から認められなかったため、現在の「上海環球金融中心」の名前にになったとのいきさつを聞いたことがある。

 以降「上海ヒルズ」の名前はあまり主流ではなくなり、どちらかというと上海の日本人の間で通称で浸透しているのは「新森ビル」である。これは以前に森ビルさんが建設したビルがあったためでそれと区別されるためにこういわれる。

 「上海ヒルズ」の名称は公式サイトにも見当たらず、日本からガイドブックやパンフレットを見て来た人に言われて、ようやく思い出す程度で、我々にとってあの建物と「上海ヒルズ」の名前はすぐには一致しない。

そもそも六本木や赤坂と違って周りの地形は谷でもないので、ヒルズ(丘)をつくる必要も無く、その名前である必要がなく、また「ヒルズ」の名称は日本の六本木ヒルズのかつての印象が強すぎて、いかにも金持ち趣味のイメージでちょっと辟易してしまうのである。

それ故に「上海環球金融センター」や「新森ビル」の名前のほうが心情的にも受け入れやすい。

 まあ日本の観光客向けパンフレットには「上海ヒルズ」のほうがインパクトがあるので使っているのだと思うが、このままでは日本の日本人だけがこの名前で呼ぶようになり、日本と中国の日本人の間で概念を共有できない時期が来るのではないかとちょっと危惧している。というのは大げさすぎるが、まあ「上海ヒルズ」の名前はいずれ使われなくなるであろうというのが私の推測である。

水道料金を取り立てられる

 今朝、水道局の人が水道代を取り立てに来た。

3か月分?の総額で46元。たったこれっぱっかしの金額なので当然払えなかった金額じゃないのだが、ついずるずると今朝まで払わずにきてしまって、今日の取り立ててとなった。

 普段、水道代を含めて他の公共料金は日本と同じで、請求書を持っていけばコンビニで払える。しかし一旦期限を過ぎてしまうと途端にそれぞれの管理事務所まで払いに行かなければならなくなる。

 実はこの水道局の事務所というのが私の家から結構遠いので、仕事が忙しいのでなかな時間が取れず行かなければ行けないと思いつつも、足がなかなか向かず今日の取立てとなった。

 集金に来たおばちゃんにもう3回も催促に来たんだと文句を言われた。

 100%こっちのルーズさに理由があるので、ただただごめんなさいと言うしかなかった。「おばちゃんごめんよう。。。次回からちゃんと払います」

とその場で支払いを済ませた。

 大晦日前日に上海で取立て受けてしまった私でありました。
まあ年越ししなくてよかったな。。。

SEO対策の勘違い

自社のホームページのSEO対策で、GoogleやYAHOOの検索ランキングを上位にするための工夫を一般的にSEO対策というが、時々、このSEO対策で1位を取ることに必死になりすぎて、SEO対策本来の意味を忘れてしまう御仁がいる。

よく「○×」キーワードで検索順位1位を獲得といった表現も時々目にするがこれもその類だ。

 つまりSEO対策は本来は検索順位を上げて、アクセス数を増やすのが最終目的であり、1位をとることが最終目的ではない。 検索順位が1位であり続けたとしても、その検索キーワード自体が検索される回数の少ない言葉であったなら、最終的にページのアクセス数増加には繋がらない。

 ここがSEO対策の難しいところで、結局は単純な検索ワードで1位に来るサイトの広告などでぶら下がったほうが結果的にアクセスを集めることができることがある。

 もちろん費用対効果の問題もあるが、SEO対策に金をかけるより広告に支出したほうが安かったりする場合もある。

am900_an061

 特に、サイトの管理者が求めるキーワードと、ユーザーが情報に辿り着くために用いる検索キーワードは食い違っている場合が多いので、SEO対策はお金をかける前に、ターゲットとする客層がどういったネット行動をとるかよく見極める必要があり、SEO対策そのものが本当に意味があるか検証する必要がある。