SEO対策の勘違い

自社のホームページのSEO対策で、GoogleやYAHOOの検索ランキングを上位にするための工夫を一般的にSEO対策というが、時々、このSEO対策で1位を取ることに必死になりすぎて、SEO対策本来の意味を忘れてしまう御仁がいる。

よく「○×」キーワードで検索順位1位を獲得といった表現も時々目にするがこれもその類だ。

 つまりSEO対策は本来は検索順位を上げて、アクセス数を増やすのが最終目的であり、1位をとることが最終目的ではない。 検索順位が1位であり続けたとしても、その検索キーワード自体が検索される回数の少ない言葉であったなら、最終的にページのアクセス数増加には繋がらない。

 ここがSEO対策の難しいところで、結局は単純な検索ワードで1位に来るサイトの広告などでぶら下がったほうが結果的にアクセスを集めることができることがある。

 もちろん費用対効果の問題もあるが、SEO対策に金をかけるより広告に支出したほうが安かったりする場合もある。

am900_an061

 特に、サイトの管理者が求めるキーワードと、ユーザーが情報に辿り着くために用いる検索キーワードは食い違っている場合が多いので、SEO対策はお金をかける前に、ターゲットとする客層がどういったネット行動をとるかよく見極める必要があり、SEO対策そのものが本当に意味があるか検証する必要がある。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com