病気のときにありがたいかもしれないデリバリ

 実はこの週末は風邪を引いて、ほぼずっと臥せっていた。

 こんなとき一人暮らしの自分にとって困るのが食事の調達。体が辛いときに食事に出かけるのは難儀だし、買い物もやはりつらい。
 普段から冷蔵庫にストックがない自分が悪いといえばそれまでだが、カップ麺でさえストックがなかった。

 特に今回は雨模様であたため、出かけることが余計に億劫に感じられたが食べなければ薬も飲めないので仕方なく外出してコンビニ弁当を買ってきて食べた。

 こんな苦労をしないで済む方法はないものかと、ベッドの上でいろいろ考えた末、閃いたのが、お店のデリバリ注文である。例えばマクドナルドなら24hデリバリを頼むことが可能だ。

 まあハンバーガーのような商品が病弱の体に良いかどうかは分らないが、何にも無いよりはマシのような気がする。今回は電話番号を探す気力も無かったし、病弱のときに注文をまともに中国語で伝えられる自信も無かったので頼まなかったが、次回の時のために電話番号を収集しておこうかと思った。

 というかいつでも面倒見てくれる存在がいれば問題ないのだけど、、、相手の都合とかあるし、人をあまり頼りたくないという性格が災いもしている。部屋の掃除もしてないし。

 結局、病気のときのために、普段からの心がけが必要ということですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com