Tag Archives: 法則

中国独特の座席番号の割り振り方

 中国の劇場やホールなどの公共施設に何度か足を運んだ人ならご存知だと思うが、中国のホールでは、独特の席番号の割り振り方が行われている。
 番号振りが独特と言われても、ピンと来ないかもしれないが知らないで会場を訪れてしまうと非常に戸惑うことになる。

 日本の劇場などの座席表を見ると、日本のホールは舞台側から「A、B、C・・」あるいは「1列、2列、3列」などとなっており、これは中国側も同じである。

東京文化会館大ホール座席表(引用元

 ただ違うのは、横方向の番号の振り方である。

 日本の劇場は一般的に舞台に向かって左側から「1番、2番、3番・・」と小さい番号から順に振られている。
(施設によっては、劇場形状により縦のラインを合わせるために1番から始まらない場合もあるが。)

 これに対して中国の劇場は番号が真ん中から始まる。

 まず劇場の中心線上に1番の番号が振られる。
 そして舞台に向かって右側へ「2番、4番、6番・・・」と偶数番号が割り振られ、逆に左側に「3番、5番、7番・・・」と奇数番号が割り振られている。

長寧芸術文化中心の中央部座席

 つまり中心の1番から「右、左、右、左・・・」と外側へ行くに連れ番号が大きくなっている法則となっている。

 よって、2枚のチケットが22番、24番という飛び番号だったらそれは飛び席ではなく、隣あった席ということになる。

上海交響楽団音楽庁の座席

 中国の全ての会場をチェックしたわけではないが 固定の座席を持つ劇場は総じてこの法則で番号が振られており、フリースペースの劇場の状況はわからないが、映画館なども基本的にこの法則に従っている。

上海大劇院3階席の座席表

 何故、このようなわかりにくい法則になっているか?

 明確な根拠文書は見つけていないが、おそらく座席序列の明確化なのではないかと思われる。

つまり、真ん中を最高峰の席として、振られる座席がその人の組織の中での序列を表していることになり、肩書や地位の序列によって座る場所が定められているのだろうに思う。

 つまり逆に座る場所によって序列が分かってしまうことになる。
 
 階級社会の国内文化の影響が強く感じられるこの劇場の座席番号の割り振り法則であり、これを見ると中国はそういう社会なんだなということに改めて気づかされる。

 まあ我々外国人は外交官でもない限りこの序列そのものを気にする機会はほとんどないだろうが、演奏会などで劇場空間を訪れる機会がある場合は、戸惑わないように予め知っておいた方が良いこの法則である。

引越し一ヵ月後の法則

 私個人の中に「引越し一ヵ月後の法則」なるものが存在する。

何が引越し一ヵ月後に起きるのかというと、実は引越し一ヵ月後に必ずといって体調を崩す

そして今回も例外にもれず体調を崩してしまった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 29日の夜からどうも尋常ではない疲れが体に出ていたのだが、30日になってはっきりした形で現れ、30日の夜には瞬間的に38.8℃まで達した。

 一人暮らしの私は、こりゃこのままではいかんと、保険会社に連絡をとって夜中に病院へ行った。

 で結局、熱に対しては自宅の薬をそのまま飲めということで、それを飲んだ結果収まったのだが、こんどは高熱の後遺症か汗をかくための水分の取りすぎかお腹を下してしまった。

 そしてそれがまる2日ほど続いた。

 昨日もまた病院にいって抗生物質をもらったが、直接の下痢止めではないため、水分を飲んでもほとんど吸収されず出てしまうような事態が続いた。

 脱水症状のようにかなりふらふらになり仕事どころじゃなかったのだが、ポカリスエットを飲んで何とか生き延びた。

 そうして、今日何とか落ち着いたかなという状況になったが、まだ脱水症状から脱していないのか頭がふらふらする。
お腹はとまったと思うのだが、まだ油断はできない。

 そうしてさっき思い出したのが引越し一ヵ月後の法則は健在だったなぁ、と。
早く治さないと。。。