Tag Archives: 腰痛

腰に優しくない上海の交通と道

 実は先週の土曜日の明け方、突然ぎっくり腰とヘルニアの併合のような症状に身動きができなくなった。

 おそらく前日の階段一段踏み外しの際に踵から落ちて、衝撃で全身に走った出来事があり、その場は大丈夫だったが、恐らくあれが原因である。
 痛みでベッドから起き上がれず、目の前に見えている薬にも手が届かない状態で、一人暮らしの私にとっては死の危機を感じるほどだった。
それでもなんとか痛みをこらえ脂汗をかきながら薬を手繰り寄せ服用した結果、今日までにパソコンにまともに向き合えるような状態になった。
 この間、まったく外出しなかったわけではないのだが、長時間座る姿勢を続けるのが辛いので、基本は立ち姿勢か家で横になっていた。

 この間の外出で改めて感じたのは、上海の道や交通機関は人の腰に優しくないということ。

 以前に何度も書いたが、上海の道路は幹線道路といえどもかなり凸凹であり、バスに乗っていると腰が浮き上がるほどの上下振動がある。
 特にスピードを出しているときなどはバスが壊れるんじゃないかと思うほどの激しい振動であり、当然のことながらずんずん腰に響き、区間によってはとても座っていられなくなる。
 しかもバスの座席はプラスチックシートで、優先席も色が違うだけで硬さに違いがなく、座り心地が特に良いわけではないのが上海のバスである。

上海のバス

上海のバス

 じゃあ地下鉄なら問題ないかというと、さすがにバスほどの振動はないが、やはり日本の地下鉄に比べれば振動は大きく、シートも同様にプラスチックなので腰に響く。
また駅の階段やホームの施工も微妙に粗いので、結構蹴躓きやすく、普段なら何でもないこの小さな躓きでも、腰痛状態に結構響くので歩くだけで結構恐怖を感じる。

これがまあタクシーだと、シートが柔らかい分だけ幾分救われるのだが、道悪自体は同じであり振動も多く、逆に立ち上がれないので必ずしも快適ということでもない。

歩道を歩いても凸凹は非常に歩きにくいのである。
結局のところ上海の道も交通もどうも腰には優しくないことに気が付いた。

そういえば上海の街は高齢化の影響で高齢者はたくさん歩いているのだが、不思議なことに腰の悪そうな人はあまり見かけない。
 腰が悪い人はあまり出かけたくなくなるのではないか、そんなことを感じた私の今回の腰痛劇である。

肘肩の痛みから脱出成功

去年から今年にかけて長らく悩まされた肩と肘の痛みについて、最近ようやく脱出することに成功した感がある。

 パソコンに向かって文章を打つ量が人より多い為、職業病の心配もしていたし、加齢に依るものかなとも思っていたが、どうやら作業の量より質に問題が有ったようなのである。

 どういう事かと言えば、昨年秋よりある場所へ出向い自分のパソコンを使っての作業もするようになっていたのだが、そこで用意されている環境がパイプいすで高さの調節が効かなかいものだった。

写真はイメージ

 最初の内は気にしないで作業していたが、どうもテーブルの位置が高過ぎて、キーボードや画面の位置が高めになる。

 すると肩や肘にストレスがかかって、無理な姿勢が続くようになっていたのである。

 そのことに最近気づいて、先方の椅子はそのままで、厚手の座布団を持込み座る位置を高くするようにした。

 すると何となく肘や肩が解放される感があったのである。

 ただ座布団一枚ではまだ高さ不足で、さらにお尻の下に雑誌を敷いて高さをかさ上げした。

 すると作業にはちょうど良い高さが確保できたのである。

 そしてこの出先の場所以外でも、家やベースの職場でも意識して椅子の高さを上げるようにして作業し、その状態でここ1~2ケ月続けた結果、3月の中旬にはあんなに痛かった肩や肘の痛みが消えたのである。

 この間仕事の量がそれほど減ったわけではないので、要するに作業姿勢に問題があったということになる。

 パソコン作業には良い姿勢が大事だということを改めて知ったこの数か月だった。

肘肩の痛みから復活

昨年末から痛みが発生していた肩や肘が最近になってようやく回復してきた。

写真はイメージ

恐らくパソコン作業が増えていたり、ノートパソコンそのものを持ち歩いて外出す機会が増え、負担がかかっていたのだと思われる。

さらに年齢も毎年積み重なり、当然のことながら少しずつ若くなくなるし、寒さも少しずつ堪えるようになってきている面もあると思う。

痛みが酷い時期は、仕事にもかなり支障が出る状態であったので、とにかく休むことが肝心とブログは控えていた。

まあ私はブログはあくまでも趣味でしかないので、生活や仕事に優先するわけにもいかず仕方ないことではある。

考えてみると楽天の田中投手が日本シリーズでの投げ過ぎを心配されていたように、一般人のオフィスワーカーにとっても肩と肘は消耗品である気がしており、酷使すればするほど、擦り減ってしまう気がする。

私の肩や肘は田中選手ほどは値打ちはないかもしれないが、このOA全盛の時代において私にとっては貴重な仕事の道具であり、やはり壊すわけにはいかないのでなるべく休ませるようにしていた。

そんなこんなでブログを休んでいたらあっという間に前回から数週間が経過してしまっていた。

この間、新年を迎えたりして世の中は色々動いているし、個人的にも色々な変化が起きていて書きたいネタも有ったのだが、それらはいずれまた機会があればということになった。

今もスタンハンセンのような黒い肘サポーターを腕につけ、肘を気にしながらパソコンに向かっている。

首肩痛からようやく脱出かな

先週は月曜あたりから首や肩が急に痛くなった。

冷えたのかなんだかわからないが、腕を上げるのも辛いし、首は横には動くのだが前後の動きがとってもつらい。首の後ろ側の根っこの筋肉を傷めたような感じだ。

 先々週は指が動かなくなったとこのブログに書いたが、この件に関しては実はそのあとマッサージに行って指の動きは回復した。

 しかし数日後、気を許して文章を書き始めたら今度は首と肩に来た。

 いやはやなんとも痛い。

 またパソコンに向かって文章を打つのが苦痛になった。
 指・肩・腰とは完全なオフィス病の症状である。
 こう痛いと、仕事をする気力まで萎える。集中力が奪われてしまうのだ。

 まあそういっても、仕事をしなくてはいけないし、またパソコンなしでは仕事にならないので、結局パソコンに向かってキーボードをたたく。
 そうしているうちはなかなか治らないのはわかってはいても仕事だから仕方ない。

 現代社会の仕事においてパソコンに字が打てない状況というのは足腰が問題なくとも仕事そのものができないことになってしまう。 いやはやなんとも困った状況である。

仕方なく、先週はバンテリンや湿布などを何度も購入した。

 いい薬は値段も意外と高い。

 しかもこれらは一時的な痛み止め程度の効果しかないので、結局マッサージにも何回も通う羽目になった。

 予定外の出費の連続に今度は頭がちょっと痛い。

 まあさすが人の手で患部を見つけつつほぐしてもらうと、痛みは各段に和らぐ。
 それでもなかなか完全回復には至らなかった。
 
 結局この週末もあまり文章を打たず安静で過ごした。

ようやくその結果、この時間になってなんとかなるかなというレベルまで回復した。
 とりあえず一安心というところだが、まあまだ油断は禁物だ。

首・肩・腰!全部全部痛い!

どうも仕事の業績がぱっとせず、そのカバーリングの意味を含めて、この土日は仕事やその他諸々の用事のために両日15時間くらいパソコンに向って作業をしていたのだが、、今日になって首肩腰が痛くなった。

冷房の中、大した運動もせず同じ姿勢を続くけていたら明らかに体に悪いのは分かっていたのだが、色んな面で状況に余裕がないために、眠くても体が痛くても必死にならざるを得ない。

 途中、気分転換のために料理をするなどの時間などを作ったが、焼け石に水のようで今日になって痛みが出た。
 体も重い。
 お陰さまで頭はそこそこはっきりしているが、気をつけないと精神的にもノイローゼに陥りそうだ。

うーん、月曜になって週末にのんびりレジャーやっていた人の話を聞くと腹立たしいくらいのきつい状態だが、踏ん張るしかない。