Tag Archives: 組織

大阪人の大阪人による大阪人のための自滅

 先日の大阪市の都構想に対する投票結果だが、数日過ぎて冷静に振り返ってみると、ますます今回は成立しなくてもよかったなと思えるようになってきた。
 まあ都構想という新しいシステム自体は、順調にシステムが動き出せば、今より良くなるか悪くなるかは別にして、それなりの状況になったのだとは思う。

 しかしながらこの「順調に」というのが一つの問題で、この新体制を推進しようとする橋下市長やその周囲の人々の質に不安があり、彼の行ってきた府政や市政を振り返ると、どうにも順調に行きそうな気がしないのである。

 彼らの何が問題かといえば、橋下氏自身にももちろん問題がないとも言えないが、実は彼よりも彼を支持する人や彼の周りに集まってきた人のほうに質の問題があったという気がするのである。

 どうも大阪の人というのは、異端児的なヒーローを好むのか、他の都道府県とはちょっと毛色の違う首長を選ぶ傾向がある。
 で橋下徹氏はその象徴のような存在として、7年前に政界に登場してきたわけで、彼は敵を作り出しては叩く劇場的な手法で、一種のヒーロー的な扱いで人気を博してきた。
 ただ、彼は部下や周囲を懐柔するような手法を取らずに権威主義的に組織を動かすため、彼の下に集まってくる味方というのは、彼を慕ってくるというより訳も分からず勢いのある人間の尻馬に乗るような人々に見え、そういった輩が非常に多かったような印象である。

 その証拠に彼の施策によって維新の名の下で就任し、非常識な不祥事を起こしたような学校の校長や議員などの事案がこれまで度々発生してきたわけで、如何にイケイケ気分の人々が数多く彼の威を借りに集まってきたがわかる状況になっている。

 その一方で彼に敵とされた側は、当然彼の独善的な押し付けに対して不満を感じるわけであり、初めは少数だったその敵たちも彼が事案のたびに敵をつくるので、市民の中の敵の数は増えていくことになる。
 (例えば今回高齢者は無料パスの件で敵とされた人々と考えることができる。)

 結局運よく敵とされずに彼に不満を持たなかった人々の期待と、勝ち馬に乗ろうと彼にすり寄ってきた人々が先日の投票で賛成票を投じたが、敵とされた人たちや彼らを信じ切れない人々によって彼の提案は否決されたのである。

 では、もしあの投票で賛成が上回っていた場合、どうなっていただろうか?

 もちろん全てがうまく行かないという訳ではないかもしれないが、投票結果だけを背景に権威主義的に市の組織を壊して大阪都をつくっても、人望で人を動かすわけではない橋下氏の指揮では人が動かず結局うまく回らなかっただろうに思う。

 そればかりか、勝ち馬に乗りたがるような意識の人々によって、維新無罪とばかりに不祥事が頻発したのではないかと想像してしまう。
 橋下氏は度々在野の民間の優秀な人材を公募するような手法を取ってきたが、実は在野にいるような人々は組織を飛び出したからそこにいるのであり、やる気があると言えば聞こえはいいが、一山あてようという野心家が多いのではないだろうか。
 本当に優秀な人材は在野になかなか流出しないのであり、きちんと元の組織を守れるから優秀なのであって、野に飛び出した野心家が突然組織の長に抜擢されてもたいていは人心を掌握する術を知らないのでうまく行かないのだと感じる。

 実際、その程度の意識で維新に集まっていた人々の一角がこれまで不祥事を起こした人々だと思える。

 またそれらの不祥事の当事者に限らず総じて野心家の意識をもった大阪人の集まりが維新の会であるような気がするし、都構想の勢いに乗っかろうとした大阪人たちが、結局不祥事や劇場手法で敵を作りすぎて自滅したのが今回の都構想投票ストーリーだった、そんな気がするのである。

 で今回は都構想は否決され実現しないことになったのだが、都構想を取り巻く人々の質を考えると、あのまま都構想に突っ込んで行っても空中分解するだけだったように思えるので、やはり大阪人にとってはよき結果だったと私は思うのである。

 

選挙結果は選挙箱の蓋を開けるまで誰も分からない

 先週日本の衆議院が解散し、日本は総選挙モードに突入している。

 今回の選挙は巷では争点が無いだの大義が無いだのいろいろ言われており、一部では現政権の延命のための解散だと言われている。

 或いは今なら現与党が負ける要素が少ないので、今のうちに解散しておく「今のうち解散」とも揶揄されているようだ。

 いずれにしても、与党側は多少議席を減らすことがあっても過半数を割り込むような大敗は有り得ないと考えており、世間の識者と言われる人たちの見方も大方同じようなものとなっている。

 しかしながら果たして、そんな予想通りの結果になるのだろうか?
 私は少々この見方に疑問を感じている。
 
  2年前の総選挙の際に、選挙結果を受けて「2012年12月17日 選挙の構図」というブログを書いたが、この時に私は当選議席数の結果程には得票数には差がないことを指摘した。

 前回の選挙では、議席数こそ自・公の現与党連合が圧勝したが、得票数の面で見れば前与党の民主党の空中分解という要素が強かったという気がするのである。

 前回のブログでも書いたが、2年前の選挙では実は各選挙区の1位当選者の得票数と2位3位の得票数を足した数を比較すると2位3位側が逆転するケースが沢山あった。
 つまり「自公対その他」という対立軸で見れば、前回の選挙は反自公側の対抗勢力が分裂してしまった影響で自公側は各選挙区でトップに立ったというだけで、得票数的にはその前の選挙よりは大して増えていないのに議席数だけ大幅に増えたという選挙結果だったのである。

 こういった状況を考えると、例えば現与党の支持数がそれほど変わっていないという前提で今回の選挙を展望した場合には、もし仮に野党側が候補者を一本化するなどして選挙協力を行なった場合には、前回の1位得票者が、前回の2位3位から絞りこまれた候補者に足を救われるということが十分有り得る状況となっている。

 また今回は比較的突然の解散だったために各候補とも選挙準備が整っておらず、どの選挙区でも前回より候補者が少ないと言われている。
 つまり意図的ではないにせよ、野党側の候補者が少ない=は分裂していないという状況になっており、偶然にも野党の候補者が絞り込まれている状況となっているのである。

 こういうことを鑑みると、今回の与党側の「まあそこそこは勝てるだろう」とか「過半数を割り込むことはないだろう」と言った読みはちょっと甘すぎるという気もするのである。

 現首相は過半数を割ったら退陣ということを口に出したようだが、これは恐らく「そんなことはありえない」という自信の裏返しの発言と言う気もするが、前回の得票数を見る限りにおいては必ずしも盤石だとは言い切れないのが「小選挙区」という選挙制度の下での総選挙区であり、実はそんな発言を迂闊にできるほど自信を持てる根拠がある状況ではないという気がする。

 今回の選挙、私自身はどこの党をどう支持するなどは何も決めていないが(選挙に行けるかどうかも分からないが)、どうもどこも伸び悩むとという気がするのである。
 つまり私の何となくの予想では与党が無傷で政権を維持できるという見方はちょっと甘すぎると思われ、ひょっとすると与党も野党も過半数に届かず、3党以上の政党による連立政権などになる可能性もあるなという気がしている。

 まあいずれにしても、今回はとても与党や野党の思惑通りになるとは思われず前回の選挙結果を前提にすれば「今回の選挙結果は選挙箱の蓋を開けるまで本当に誰にもわからない」というのが実際のところだという気がする。

素人な政治家たちを生む日本

 「団扇」だの「観劇費用」だのが原因で日本での現内閣の目玉と言われた女性議員たちが、世間から非難を浴びで火だるまになっている。
 あまり個人攻撃はしたくはないが、法務大臣が公職選挙法違反を問われ、経済産業大臣がお金の処理の問題を問われるという目も当てられない状況になっている。

 以前も「2013年06月16日 気の毒な日本の政治家たち」という文章を書いたが、日本の政治家は、政治家になるのにあまりにも不勉強だし、組織などで鍛えられた経験のない素人な政治家たちが多すぎるという気がする。

写真はイメージ

 今回の団扇配布問題などは、公職選挙法の想定問答集にまで載っている問題であり、有権者の代表者として立候補するのだからせめて選挙に出る時点で何が違法で何が合法なのか、候補者本人或いは周囲の選挙対策責任者がその責任で自ら勉強するべき内容だという気がする。
 つまりその程度の勉強もしてこなかった候補者が、当選して議員となり今回晒しあげられているわけである。

 こういったことは、本来は公認を決めた政党の方でそういった指導があっても良さそうだが、実はこれもやはり以前にも書いたが、政党と言うのは組織と言うより各地の有力者の寄り合い所帯のような集団であり、日本の民間会社や役所のように明確な上下関係の組織で成り立っている訳ではないようなのである。

 つまり組織形態としてはそこらへんの商店店主が集まる商店会とあまり変わりなく、大まかな行動については全体の総意で動くが、各自の行動は各店主の責任で運営されているような組織形態になっており、候補者一人一人の選挙行動は候補者に任されている。

 そういった環境の中で出てくる候補者であるから、全く組織で鍛えられていなく、勉強をロクにしていない状態であっても知名度だけで地元で有力なら公認候補になる。
 そしてそのまま選挙で票を得て当選してしまったりするわけである。

 兵庫の県議の事件の例もあるが、あんな素人政治家の人間を当選させている日本の選挙制度というか政治体質というのはどうも民主主義のシステムがうまく機能していないような気がする。

 立候補に資格制度を設けろとは言わないが、もう少し候補者が鍛えられた状態でないと国政に出にくい社会の目のようなシステムはあってしかるべきだと思う。

 今の国政には「団扇」だの「観劇費用」だの、素人議員大臣の揚げ足を取っている余裕は無く、もっと時間をとって議論しなければならない課題が沢山あるはずなのである。

あの船長はどこにでもいる。

 韓国の旅客船沈没が発生してから2週間たったが、まだ行方不明者が見つからない状況が続いている。

 死亡が確認された方の家族はもとより、まだ見つかってない方の家族の心情を慮ると気の毒であり、亡くなった方のご冥福を祈るとともに、行方不明者が早く見つかることを祈りたい。

 ところで、この事件に関して経緯やその後の対応の報道を見ると、あまりにもいい加減で無責任な対応の状況が伝わってくる。

 中古船を無理に改造して増床し、その増えた容量のさらに3倍もの積み荷を積んでフラフラな状態で、危険な水域を新人航海士が船長のサポート無しで運航し結局ひっくり返ったのが今回の事故の経緯であるのは報道の通りである。

 そして事故発生直後に今度は船員たちが乗客を助け出したり誘導したしないまま、自分達だけノコノコと脱出して助かり、大勢の乗客が犠牲になりつつある状況となっている。

 そして救援に活動に関しても救援隊の数が水増しされて発表されたり、被害者の家族代表が実は家族で無かったり、まあまあ次から次へといい加減な状態の情報が暴露されている。

 これらを韓国人の民族的気質に帰して非難するつもりはないが、それにしてもちょっと酷過ぎる。

 ある日本のメディアによれば、あの転覆事故発生直後に、船長たちが逃げ出さずきちんとした対応を取っていれば、恐らくほぼ全員が助かったのではないかと見る専門家もいるとしている。

 まあタラレバ論を言い出したらキリがないが、やはり今回の船長を始めとした船員たちの行動に見る責任感の無さには辟易する。

 もちろん、自分があの場に居て同じ立場だったら全員救えるかどうかは分からないが、まあ命を顧みず人柱になるほどの勇気は持てるかどうかはともかく、業務上の立場としてギリギリまで乗客の命に気を配ろうと思うし、何より私なら乗客の安全を考えたらあんなリスクのある運航は最初から実施しなかっただろうに思う。

 そう思うと、あの船長たちの無責任な行動と対応が非常に残念でならない。

 しかしながら、あの船長のような人はどこにでもいると思う。

 船や組織が危険な状態に陥ったとき、責任ある立場の人が職務を全うして努力すれば救えたり危機を脱出できたのかもしれないのに、そういった責任者が自分の身の安全だけを考えて逃げ出す準備を優先してしまったばかりに、結局危機を脱することが出来ないようなケースは世の中に多々あるのだという気がするのである。

 つまり危機の中で自分だけ助かって、濡れたお金の心配をして乾かしているような船長は意外と世の中に大勢いるというのが社会の実態のような気がするし、中国に来てから特にそういう人を見るようになった気がする。

 もちろん今回船を沈めてしまったという責任者の責任は重く、結局命が助かるより重い十字架を背負うのが責任であり、そのように裁かれるのが人の社会だと信じたい。

組織に恋々としない姿勢

 件の清武の乱と呼ばれる巨人球団を巡る報道で、昨日清武さん側からのコメントの記事が出ていたが、議論の中身はともかく組織に恋々としない姿勢は素晴らしいなという気がした。

 彼は元いた組織へリスペクトも残しつつ、きちんと過去は過去と割り切った立場で言葉を発している。

 まあ解任された時点の経緯を考えれば当然の姿勢ではあるが、そうはいっても世の中には、組織を離れると言ったはずなのに完全に袂を分かつことが出来ず、組織を離れた後もその組織のネームヴァリューによりかかったり、組織に恋々とした態度を見せる人も少なくないのは事実である。

 かと思えば、組織を離れた後に、都合の悪い時は「私は辞めたからもう関係ない」といいながら、別の場所では「元○○です」と過去の肩書をちらつかせ二枚舌を都合良く使い分ける不届きモノも時々見かける。

 まあ組織を離れた経緯がどうであろうと、離れたなら恋々とせず潔く距離を置いて進むのが袂を分けた相手への最低限の礼儀であるはずなのにそれが出来ないというかわからないのである。

 こういう組織を離れたはず人間の「俺は外から貢献している」という勝手な思い込みに基づく恋々とした中途半端な態度・行動は、実は残った人間にとっては迷惑な場合が多い。

 その意味で読売新聞に一貫して身を置いてきた清武さんが、解任後恋々としない態度で巨人球団と相対せるのは凄いことだなと思ってしまう。