Tag Archives:

上海市の郊外風景

上海からは山が見えない

上海という町は日本人にとってはそこそこ住み心地の良い街であるのだが、日々の暮らしの中でやや物足りない面があるとすれば、風景の単調さということができるであろうか?
上海の街全体は長江下流の砂州の上に出来たような街で、周囲にはほとんど山がなく、ほとんどフラット地形となっている。
そのため、街を歩いても坂らしい坂はほとんどなく、あるのは川や道路を越える橋や水辺へ降りるための人工的な造形物のみがほぼ唯一坂のある場所となっている。

上海市の陸橋

陸橋は数少ない坂のある場所

上海にも一応山と呼ばれる存在はあるが、中心部から南西部の松江区にあるシャー山がそれで標高100m前後で天文台などが設置されているが、海抜100mという高さは市内にあるビル群に比べれば遥かに低いのであり、例えば上海のシンボルとなっている東方明珠塔の4分の1以下の高さである。
また黄浦江にかかる南浦大橋の主塔の高さは150mであり、やはりこちらが自然の山を上回っていて、シャー山は山としての存在感はほとんどないものとなっている。

上海市の陸家嘴の風景

上海では山よりビルが高い

上海ではこのような状況のためビルがあるような都会はともかく、ちょっと郊外にでるとどこまでも続くフラットな田園風景が広がっていて、単調な風景が広がっている。
こういったフラットな地形は自転車で移動するにはもって来いなのだが、山のある風景に慣れた日本人にとっては日々の生活風景に変化が少ないのでやや物足りない風景となっていて、寂しさを感じるものが有る。

ところで、こういった山の見えない風景と言うのは、実は上海に住む人々の気質に大きな影響を与えているという気もする。
つまり上海では、山や坂と言う障害を経験せず暮らすことが出来るので、日常から困難や障害に立ち向かう意識が弱く育ってしまっているのではないかという気がするのである。
日本の都市のように、身近に気高く聳える山の存在があれば自然へ畏怖や信仰を持つだろうし、それらの山へ苦労して登った経験があればその達成感を知っているから、困難に直面しても苦労にも耐えられる気質が育つ。
しかし上海にはそういった越えがたい自分より大きい山の存在や、苦労の後の喜びを与えてくれる山や坂と言う存在が無いため、日常から下積み的な苦労を非常に嫌い、困難に直面するとすぐに逃げ出す人が多いのではないかという印象なのである。
 

蘇州河に架かる橋

蘇州河に架かる橋

実際、上海の人間に接すると日常は見栄っ張りで元気でプライドの高い人間は多いが、最後まで粘り強く行動できるいわゆる根性のある人と言うのはあまり見たことが無く、お金には執着するが仕事に執着する人は少ないという気がする。
どちらかというと未来の障害に対する警戒心が弱く非計画的で、実際の困難に直面するとすぐに諦めるというが私の上海人の印象となっている。
こういった気質に地形が与える影響がどの程度あるのか分からないが、少なくとも日々の上海の風景に山は無いのであり、苦労して坂を上らなくても暮らせてしまうのが上海の日常風景となっている。

富士山が世界遺産登録

 日本の富士山が世界文化遺産に登録が決定したという情報が今朝のコンフェデ杯の中継の合間のニュースで何度も流されていた。

 まあ、世界遺産に登録されようとされまいが富士山の価値は不変であろうと思うが、今まで登録されていなかったのが不思議だと言われるくらい、シンボルオブジャパンとしての存在感を持っていたのが富士山であり、わざわざ語るのが野暮なくらいその姿が世界に広く知れ渡っている。

今年の正月に撮った写真(手前はスカイツリー)

今年の正月に撮った写真(手前はスカイツリー)

 恐らくその知名度たるや、自然景観で言えば米大陸のナイアガラの滝や豪大陸のエアーズロックに比肩するレベルであり、建造物のピラミッド自由の女神などにも負けない浸透度と思われるが、その富士山が今回ようやく世界遺産に求められることになった。

 そして今回注目すべきなのは、自然遺産ではなく文化遺産として登録されている点である。

 つまり富士山は自然としての貴重性ではなく、浮世絵を初めとした数々の絵画に見られるように信仰や文化面における存在価値を認められての登録となっている。

 確かに、初富士などの言葉にも見られるように自然信仰としての富士山の存在は大きく、私も今年の正月に富士山を拝んだことを記憶している。

 そして富士山のあの雄大な存在感は、自然の畏怖を我々に与えてくれ信仰心の薄い私でも拝みたくなる存在であり、向かい合うだけで他の山では感じない程の懐の深さを感じずにはいられず、身の引き締まる思いになる。

 そう思うと世界文化遺産だと言われることにしっくりくる。

 まあ直接富士山の見えない西日本や東北の人にとっては、富士山が日本のシンボルと言われることについてどういう意識を持っているかは分からないが、もし「日本人としてのアイデンティティ」をどうしても一つ求めなければならないとすれば、この富士山は最もふさわしい気がしており、例えば難癖の付きやすい国歌なども、文部省唱歌の「ふじの山」に制定すれば、誰からも文句の出ようもないという気もしている。

 今回世界遺産に登録されたからというわけではないが、金儲けやつまらぬ意図をもった人から富士山を守ることが現代に生きる我々の使命でろう。
 

香港と上海の夜景の闇の深さの差

昨夜香港にやってきて、久々に香港の夜景を眺めてみた。

 上海も外灘の夜景や陸家嘴など摩天楼群の夜景が有名だが、香港の夜景は100万ドルの夜景と言われるほど有名であり、こちら年季が違う。
 上海の夜景より香港の夜景の方が迫力がある。

香港の夜景

香港の夜景

 上海の夜景は手前のビルだけが光を放っているが、香港の場合は何層にも重なって高層ビル群が立ち並び光を放ち、数の上でも圧倒し、そこにはまさに100万ドルの富がたくさん詰まっている。

 そしてこの迫力の違いを決定づけるのが背景のピークの稜線の光なのかなという気がする。

 背景の山の中にポツンとポツンと見える光と、その間の闇がゾッとするような奥深さを感じさせるのである。

 昔どこかで読んだ資料に、イルミネーションに人は何故惹かれるのかと言った説明で、人は光に惹かれるのではなく、光と光の間に見える闇の空間に惹かれるのだと言った文章があった。

 そういった意味でいえば、この香港の夜景の光の後ろに見える闇は惹かれるのに十分な闇である。

 そういった面で言えば上海の夜景はどこかまだ表面的で薄っぺらい。

 

上海の夜景

上海の夜景

 

もちろん上海の夜景の後ろに山が来ることは今後も永遠にないため、香港の夜景のような奥深さを感じるようになることも永遠に無いのかもしれない。

 香港の裏社会までを感じさせるその闇の深さは、今後も100万ドルの夜景を引き立ててることになるのであろう。