Tag Archives: 開発

環境汚染への先入観

 3年以上も上海で暮らしていて書くのもどうかと思うが、まだまだ中国の環境状況に関することは全てが疑心暗鬼で暮らしている。

 ニュースに現れる言葉の先入観にとらわれ過ぎているのかもしれないが、まだ環境の安全に関してはまだまだ信用しきっていないというのが本音のところで、万が一汚染されたものを食べて病気になったら諦めるしかないという開き直りの元、日々生活しているのが実情である。

 例えば、先日崇明島への橋が開通したというニュースが流れたが、島に住む人には悪いが長江の真ん中にあるというだけで、あの島は環境に関しては汚染されているのではないかという疑心暗鬼に駆られてしまう。

 何故なら長江そのものが汚染されているというイメージが非常に強いからである。現に日本の海岸では長江から流れ出たゴミが大量に流れついている現実があり、長江ではないが黄河では開発により水の富養化してエチゼンクラゲの大発生が起こり、日本の漁業関係者に甚大被害が出たというニュースもあった。

 とにかく最近の中国の川は汚れているというマイナスのイメージが日本人の間で強くなっている。

 加えて中国全体が毒餃子事件や諸所のニュース報道の影響で農業での農薬が大量使用されているというイメージが強すぎて、中国での食品に関しては本当に安全かどうか信じきれない状態である。

 上海でこそ、そこそこ安全なものが確保できているかもしれないが、一歩上海市内を離れれば自然環境といえども農薬汚染が広がっているのではないかというイメージを持っているのが現状のところのような気がする。
 

そんな状況のところに、崇明島は自然豊かなところですよと言われても、長江の水が汚染されているのではないかとか、島も野放図に管理され農薬が使い放題で汚染されてしまっているのではないかという先入観が拭いきれないものである。

 これらの先入観が単なる気鬱だとしても日本人の一般的な行動パターンとしては豊かな自然だけならば、日本に帰ったあと幾らでも安全な自然が待っており、安全かどうかも分からないところに慌てて行く事もあるまいと考えるのが普通である。

 まあある程度期間を置いた後、島が観光地として整備されかつほぼ安全性が確認されたなところで、やおら出かけ始めるというのが日本人という気がする。

 今のところは新しいもの好きの中国人が大勢訪れているようだが、大勢と言ってもたかが知れているレベルであり、今のところは上海版新天地ドリームを目論む金の亡者達がゴールドラッシュ的に訪れているだけでありような気がする、少なくとものそんなニュースに流されるほど日本人の中国の環境に対する先入観はまだまだ小さくない。

社会構成を意識した都市開発

 上海の近代化のひとつの象徴ともいえる虹橋開発区だが、そのビル群エリアの一角にはまだローカル住宅が残されている部分が存在する。
私はここもいずれ近いうちに取り壊されてしまって近代的な建物が並んでしまうんだろうなと考えていた。しかしながらそんな開発は今のところ始まるような気配はない。

 私が上海に来てからそんなに長くないので観察期間としては長くないのだが、それにしても虹橋開発区が整備されてからそれなりの時間が経っているはずである。
 しかし、あのような至近距離にローカルな住宅が近接して残されている。それは何故か?

 私はある仮説を立ててみた。

 それは社会の労働階層の構成上、わざと残してあるのではないかという考え方である。

 虹橋開発区のようなあれだけのビジネスエリアを誕生させると、必ずそこを支えるサービス業が必要になり、そこで支え働く人の存在が必要になってくる。それらは例えば飲食店の服務員だったり清掃のおばさんだったりする。
 彼ら彼女らは所得階層でいうと低所得者層に分類され、高層の新しい住宅などにはまず住むことはできない。

 遠くから通勤させて働いてもらうこともできるが、朝晩のバス代2元ずつだって彼らは節約したいので、職場のそばに住むところが確保できないような場所には働きに来ない。
 故に、彼らに働いてもらうには彼らの収入で住めるレベルの住宅を職場の近くに確保してやる必要がある。その発想のもとに残されているのが実は虹橋開発区そばのローカル住宅ではないかと思うのだ。

 日本では駅の周辺から地図の等高線的な曲線で地価が構成され、土地や家屋を持つ人は駅からの距離に比例して資産力の差が生じており、資産を持たない人はやはりやはり駅周辺をピークとした所得の等高線的分布で居住しており、そこには所得階層を前提にした都市開発というものはまず行われていない。

 故にもし、ここ中国でこの所得階層を意識した都市開発が行われているのだとしたら、私からするとものすごく画期的なのである。

 日本はまやかしの平等意識が蔓延しているため、低所得者層の存在を認めたがらないが、明らかに所得格差は存在する。本来ならばそういった社会構成を意識した都市開発を計画するべきなのに、住宅開発なら均一価格帯の住宅一辺倒、オフィス開発なら均一タイプのオフィス一辺倒の開発計画しか都市計画の中で行わない。

 稀に職住接近をうたった都市開発もあるが、一部の高所得者層しか住めない高級住宅しか作らないのでは、とても社会としてバランスがとれた開発とはいえない。

 故に効率的に行なっているはずの都市開発であっても実は社会としては効率がいいとはいえない場合がほとんどなのだ。

 その点、所得格差を公に認めてしまっている中国では実はバランスの取れた効率的な都市開発区が進められるような気がするのである。
 もちろん政治の体制が違うので都市開発に行政がかかわる場合の推進力に大きな差があるのは確かだが日本も行政にそういったセンスがあればもう少しまともな都市計画が立てられるのでないかと思うがどうであろうか?

呉江路にも再開発の波が来てしまった。

呉江路といえば地下鉄2号線の南京西路駅そばの石門一路から青海路付近までの狭い路地空間で、小吃の屋台などが並ぶ有名な小吃街であったが、このかなり中国的とでもいうべき特徴的な空間にもとうとう再開発の波が押し寄せてきてしまった。
昨日私が訪れたときには既に、通りの両側のお店のうち、半分くらいは閉鎖されていて、既に窓やドアがコンクリートで塗り固められており封鎖された状態だった。
 

呉江路の閉店したお店

呉江路の閉店したお店

呉江路の閉店した香港料理の店

呉江路の閉店した香港料理の店

残っている店は元気に営業を続けているようだったが、これらの店もいずれ近いうちに閉鎖されてしまうのは誰の目にも明らかだった。そういう状況を知って名残惜しいのか、もともとなのかわからないが、煎餃のお店には今日も行列ができていた。

人もまばらな呉江路

人もまばらな呉江路

まだ行列がある呉江路の店

まだ行列がある呉江路の店

 あるお店には写真のように張り紙がしてあった。

呉江路の店の張り紙

呉江路の店の張り紙

 まあ経済論理から言えば、これだけの都心の一等地を古い町並みのまま残しておくのは難しいのかもしれないが、こんな貴重な空間をつぶした後にできる空間が、どれだけ魅力的なものになれるのだろうかを考えると、非常に想像が難しい。

窓が封鎖された南京西路側の店

窓が封鎖された南京西路側の店

 南京西路側に回ってみると、こちらも窓が封鎖された店が何店舗もあって、この区画ごと手を入れられるということが分かる。
もう走り出してしまった再開発計画は止めることができないが、せめて再構築される街が昔の人にも愛されるような中国的な空間であることを祈りたい。

賑やかだった頃の呉江路

賑やかだった頃の呉江路

※上の写真は昨年の8月25日に撮影したもの