Tag Archives: 屋台

夜中の大ショッピング街

昼間だけこの道を歩いている人はもしかすると全く知らない出来事かもしれないが、上海市の長寧区水城路には夜中に大ショッピング街が登場する。

 水城路を延安西路から北の虹古路方面へ向かって少し奥に入り、かつて和平広場があった場所より先の仙霞路との交差点付近までのわずか200mほどの歩道に、みっしりと露店が立ち並ぶのだ。

 ラックに洋服のハンガーをかけただけの簡易なお店から、テントまで用意した本格的な構えで売る店までたくさんのお店一斉に集結する。

歩道を占拠する屋台

歩道を占拠する屋台

 売っているものも様々で、洋服や靴、本、時計、カバン、巨大ぬいぐるみ、女性向けアクセサリーなど品数だけならそこらへんのデパートにも負けないくらい多い。

 そしてここの主な客層は、周辺の築20年程度のアパートに住んでいる庶民であり、この辺りの住人はクラブや一般飲食店で働いている女性などが多く、そういう人たちが沢山集まってくる。

屋台に並ぶ洋服

屋台に並ぶ洋服

 そして人が集まればお腹も空くということで、屋台の食堂もどこからともなく集まってきて、路上のテーブルで焼きそばや串焼きなどを食べている姿を沢山見かける。

 まるで台北で見た夜市を思い出すが、あそこまで公式に認められたものではなく、当局も存在は知っていると思うが、元締めがいるのか目をつぶってもらっているような雰囲気である。

ハンガーも並べられている

ハンガーも並べられている

 大体、夜9時過ぎからぞろぞろとお店が集まり始め、およそ3時4時までこの真夜中の臨時ショッピング街は続き、朝になって夜が明けるころにはほとんどが撤収し、ちょうどその頃から清掃員のおばちゃんたちが掃除して回るので通勤時間帯には綺麗になっている。

 もちろん多少ゴミが残っているところもあるかもしれないが、ここは中国であり、元からそんなに綺麗な状況でもないので、そのゴミが夜中のショッピング街のゴミであるかどうかは分からないかも知れない。

 故に、この水城路を昼間にしか歩かない人は、この夜中の大ショッピング街の存在は知らないかも知れない。

 中国には昼と夜で違う表情を見せる街が沢山あり、昼だけでは分からない顔がある。

 

路上で食事は駄目。

先日の夜、天気が良くて風が気持ち良かったので、某ローカルの串焼き屋のお店に食べに行って、お店の人に机を出してもらい友人と二人で気持ちよく飯を食っていた。

 しかし途中で城管がやってきて、路上での飲食物提供は駄目だとのことで、結局店内へ移動させられることになった。

 なんだ、室内で食うならわざわざローカルに来た意味無いじゃんとか思いながら渋々店内に移動してみたが、案の定、店内は狭っ苦しい。しかも衛生状態だって路上と比べ各段に良いというわけでもなく、壁なんかが見えてしまう分だけ余計にみすぼらしい。自分自身ははそんな店内での食事でも平気ではあるのだが、この季節はやっぱり外で飲むほうがうまい。

 万博を控えて、上海ではこういった衛生管理の悪い路上飲食はどんどん取り締まられているようだ。

 でも屋外好きの私にとっては、日本料理とか高級飲食店でなくともいいし、洒落た雰囲気など一切いらないので、ぶっきらぼうな食事を、屋外で気軽に飲み食いできる店があってほしい。

 されど今の上海の時流ではこういった店が減るばかりでちょっと寂しい。

呉江路にも再開発の波が来てしまった。

呉江路といえば地下鉄2号線の南京西路駅そばの石門一路から青海路付近までの狭い路地空間で、小吃の屋台などが並ぶ有名な小吃街であったが、このかなり中国的とでもいうべき特徴的な空間にもとうとう再開発の波が押し寄せてきてしまった。
昨日私が訪れたときには既に、通りの両側のお店のうち、半分くらいは閉鎖されていて、既に窓やドアがコンクリートで塗り固められており封鎖された状態だった。
 

呉江路の閉店したお店

呉江路の閉店したお店

呉江路の閉店した香港料理の店

呉江路の閉店した香港料理の店

残っている店は元気に営業を続けているようだったが、これらの店もいずれ近いうちに閉鎖されてしまうのは誰の目にも明らかだった。そういう状況を知って名残惜しいのか、もともとなのかわからないが、煎餃のお店には今日も行列ができていた。

人もまばらな呉江路

人もまばらな呉江路

まだ行列がある呉江路の店

まだ行列がある呉江路の店

 あるお店には写真のように張り紙がしてあった。

呉江路の店の張り紙

呉江路の店の張り紙

 まあ経済論理から言えば、これだけの都心の一等地を古い町並みのまま残しておくのは難しいのかもしれないが、こんな貴重な空間をつぶした後にできる空間が、どれだけ魅力的なものになれるのだろうかを考えると、非常に想像が難しい。

窓が封鎖された南京西路側の店

窓が封鎖された南京西路側の店

 南京西路側に回ってみると、こちらも窓が封鎖された店が何店舗もあって、この区画ごと手を入れられるということが分かる。
もう走り出してしまった再開発計画は止めることができないが、せめて再構築される街が昔の人にも愛されるような中国的な空間であることを祈りたい。

賑やかだった頃の呉江路

賑やかだった頃の呉江路

※上の写真は昨年の8月25日に撮影したもの

路上販売のたこ焼きを買う。

ローカル地域のため、夜になると色んな類の屋台とかが出没する私の家の近所だが、常設のお店ならともかく、リヤカー販売のものはほとんど買ったことがなかった。
しかし今日の帰り道に、なんとたこ焼きの路上販売を発見し、面白がって買ってしまった。6個で3元(約45円)で日本に比べると馬鹿安である。
 まあ味に期待していたわけではなく、どちらかというと興味本位である。

上海のたこ焼き

上海のたこ焼き

さて持ち帰って食べてみるとなんとソースとマヨネーズのほかにケチャップがかかっている。さすがにカツオ節のようなものはかかってない。外側は油でカリカリに揚げたようになっていて、中も十分火は通っている証拠というか日本のたこ焼きのような柔らかさはさすがになかった。タコも申し訳程度に小さいのが1個一応入っていたが、これをタコヤキと呼んでしうまうのはちょっと申し訳ないような代物である。
 タコヤキではなく章魚小丸という中国語の名前なら、まあ納得してやっても良いなという感じである。とは言え3元は安いのでまた買ってしまうかもしれない。このあたりがローカル食品の不思議な魅力である