Tag Archives: 鳥インフルエンザ

牛レバ刺しと鳥インフルのバカ野郎

 先月は引越し等々でなかなか飲みに出かける機会も無かったのだが、先日、久しぶりに馴染みの串焼き酒場「頑固親父」に行ってきた。

 お店のマスターに最近の状況を窺って見ると、焼き鳥を中心にしたお店であることもあって件の鳥インフルエンザの影響で客足が落ちていたと愚痴をこぼしていた。

 やっぱり日本人たちは、やたら世間で危険を煽るから警戒して鳥から足が遠のいているようだ。

 まあインフルエンザを気にしていない私が行かなかったのは別の理由だが、何となく申し訳けない気持ちになった。

 ただ店の方でも、こういった状況は致し方ないということでそれなりに手を打っているようで、その幾つかが広告とメニューである。

 下記はフリーペーパーに載ったお店の広告であるが、鳥インフルエンザに恨み言をいう店長のイラストを載せたという状況を逆手にとったユニークな広告だ。

頑固親父の広告

頑固親父の広告

 確かにこれはインパクトがあり非常に笑える。

 またメニューの方も「脱トリ」ということで、幾つか新メニューを取り入れているようで、その中の一つの試みとして、常時置いてあるわけじゃないようだが、日本では禁止され幻となった牛レバ刺しも取り入れており、この日に好運に残っていたので、早速注文した。

頑固親父の鶏レバ刺し

頑固親父の鶏レバ刺し

 なんとも懐かしいというか貴重な味である。

 こんな美味しい物を禁止までしてしまうなんて、、、なんて日本はアホなのだろうという印象だ。

 まあ今回の鳥インフル騒ぎじゃないが、安全策ばかり万全に取ろうとして、何事にも無難な行動しかとれなくなっている日本人気質を、この牛レバ刺しと焼き鳥店の状況に見たような気がしている。

食傷気味なインフルエンザニュース

 毎日のようにインフルエンザのニュースを目にすると少々食傷気味になる。

 亡くなっている人には悪いが、なかなか自分の身に危機が迫っているという実感もないためか、これらのニュースはもう右から左へスルーしている。

 また領事館からもほぼ毎日のように詳しい情報が発信されているが、作っている人には悪いがこれもほとんど読まなくなった。

dsc09752

 こうなってしまうとオオカミ少年の発言と同様で、一つ一つが真実であっても受け流す癖がついてしまい、本当に大事なニュースが混じっていてもスルーしてしまう自分がいそうでとっても怖い。

 まあ、そのあたりはニュースを出す側も心得なければいけないことであり、毎日一人ずつ死者が出たとて、新たに大きな展開が無い限り、報道方法は考えるべきであろう。

 オオカミ少年の話は元々は嘘であったが、こちらのニュースは真実であっても食傷気味になっており、同じ様な教訓を与えてくれている。

 こうなってくるとつまりオオカミ少年の教訓は、嘘をつき続けることが悪いというよりも、単調な情報発信は情報効果が無くなるというポイントの方が大事だという気がしてくる。

 まあ子供にはそんな教え方は出来ないかも知れないが、どうやら大人はそう覚えた方が良さそうな気がしている。


 

実感のない「鳥インフルエンザ騒ぎ」

 ニュース上ではよく目にする鳥インフルエンザの件だが、実際に生活している上ではほとんど実感がない。

  鳥の取引が停止されただの、ニュースの見出しばかりが大きくなっているが本当にそんなに騒がれるほど深刻なのかというが正直な印象である。

 まああんまり人の多い街中へ出かけることの少なくなった私だが、それにしても怖い病気が流行っているといった緊張感は街のどこにもない。

 街を歩ければけっこう普通に鳥が売ってたりするし、マスクをしている人が大勢いるわけでもない。

 もちろん、注意して気にすればマスクをしている人にも気が付くが、みんながみんなマスクをしている印象はなく、どちらかというとかなり少数派だ。

 それに、先日のブログから書いていることだが、鳥が大量感染したというニュースは全くないのに鳥ばかりに気を使っている当局の現状があり、どこか首をかしげたくなる。

 感染もしていない鳥たちが無残にも10万羽以上殺処分されたらしく、感染拡大防止のためとはいえあまりにも無慈悲で的外れな対応という気がする。

 私が知る範囲で実際ウィルスが鳥から発見されたのは鳩1羽だけであり、それだって本当の情報なのか疑わしく、私は眉唾でこの情報を見ている。

 しかも疑わしい可能性のあった豚はロクな調査も警戒もされていないような印象で、当局の感染拡大防止の対策行動ばかり報道されており、結局本当の感染源の調査は全く進んでおらず手がかりすらつかめてないのではないかという気がする。
(或いは分かっているのに隠しているのか?)

 故にひょっとすると上記の10万羽殺処分だって、実は対応してますよというポーズのための捏造発表の可能性もあると感じている。

 いずれにしても現状の生活において、鳥にあまりにも警戒しすぎるのは馬鹿馬鹿しい状況で、例え地下鉄やバスに鳥を持ち込まれても私は気にかける状況になっていないのが本当のところであり、鳥を警戒するより自分の体調を保つ方がよほど対策になると思っている。



 

上海の旅行業は受難続き

 日本からの旅行客を受け入れている旅行会社の知り合いによると、この半年は受難続きで非常に困っているようだ。

 昨年の尖閣諸島の国有化に端を発した日中関係の悪化によって一気に日本からの客足が激減したとのこと。

 ドル箱だった日本人観光客が減ったことにより、一部の上海雑技場が運営停止に追い込まれたケースもあったという。

 その後、日本の政権交代をきっかけとして日中関係が雪解けして改善に向かったのかなと思いきや、今度の大気汚染問題の勃発である。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ普通の旅行者なら、好き好んで大気汚染が問題になっている場所にわざわざ出かける理由はあるまいということで、日本からの旅行客の復活はならなかったとのこと。

 また時を同じくして日本側のレーザー照射発表事件も問題になったことから、好転しかかっていた日中問題を振り出しに戻してしまい、当然旅行客の誘致も難しくなったようだ。

 そして春を迎えて気候が良くなり、ようやく大気の状態も改善したかなと思いきや今度は新種の鳥インフルエンザの登場となる。

 もちろん、インフルエンザの流行っている地域に誰も旅行へ行きたがらないのは当然で、どうも毎年のこの時期の目玉であるF1チケットも売れ行きが悪いらしい。

 どうも受難続きのようである。


鳥からは感染しにくいらしい

 昨日から幾つかのニュースをチェックしているが、日本の伝染病の専門家によると、鳥インフルエンザに関して言えば鳥から人への直接の感染例はきわめて少ないらしい。

 まあ死亡者が出ているので、これらの話を鵜呑みにして完全に安心するわけにはいかないが、過去の鳥インフルエンザの大流行はどうやら全て豚が感染源であることが確からしいということがわかっているとのこと。

 つまり鳥から豚へ感染し、そこで変異して人間に感染したというのが過去の大流行の際の感染ルートのようだ。

 よって今回の流行に関しても鳥から人間ではなく、前回のブログに私が書いたように豚を介しての感染である可能性が高いとしている。

 もちろん例外が全くないということでもないようだが、可能性としては豚ルートが非常に高いようだ。

 そしてこのブログを書いている現在で全国で14名の発病者が出ているが、ここまで広範囲に感染者が広がっている状況だと人から人への感染も十分起こり得ているとのこと。
 そして感染はしているが発病していない人が大勢いて、たまたま発病した人が目立っている状況なのだと考えられるとしている。

 よって今後は鳥よりも人から人への感染も警戒する必要がありそうだとしている。

 つまりまとめると、感染予防対象として気をつけなければいけないのは鳥よりも豚や人間の人ごみということのようで、「鳥インフルエンザ」の名に流され鳥にばかりに注意行く誤解がないよう気をつけるべきとのことのようだ。

 ただ誤解の無い範囲で言うと、これらの新種のウィルスは我々にウィルス免疫がないため伝染性は非常に強いが一般的には毒性という面では季節性のインフルエンザより弱いのが普通なようで、例年のインフルエンザ以上に恐怖を感じる必要はないらしい。

 もちろん例年のインフルエンザでも死者は出ているので安心できるということではないが、全く正体不明な流行に必要以上の恐怖を感じる必要はなく、摂生した生活と予防対策を取っていれば乗り切れる可能性が高いのだとしている。

 まああまり断定的な結論もいけないが、ある程度正体を見極めてから対処するのがやはり正しいと思われる。