Tag Archives: 牛丼

虹橋開発区の松屋一号店が閉店

虹橋開発区の遠東国際ビルにあった松屋の1号店が閉店していた。

 たまたま通りかかったところ、この看板を見つけてちょっとびっくりした。

 ポスターには引っ越しとあるが具体的な移転先は無いようで、他の場所が案内はされているがすぐ近くに移転開業するような状況ではないようだ。

上海松屋移転のポスター

 まあ上海の各地で店舗展開は続けるのだろうが、少なくともこの場所では閉店という状況らしい。

 オフィス街の一等地にあるこのお店が不人気であるわけもなく、まあ家賃の値上げの圧力があったか何かの理由なのではないかと思われ、中国1号店として長く営業を続けるものと思っていただけにちょっと残念である。

 中国の飲食店は不人気な場合はもちろんのこと、人気があり過ぎても大家から家賃の値上げを要求され潰されてしまう場合がある。

 場合によっては別の企業の飲食店が、人気店の場所を横取りするために故意に家賃を釣り上げて交渉する場合があり、暴力的行為はないにしろさながら地上げ屋そのままのビジネスが行われるときもあるようだ。

 今回の裏事情は良くわからないが、どうもこの店舗の跡地に中国系のチェーン店が入居するのではないか?なんかそんな予感がしてしまう。


上海のすき家にチーズ牛丼再登場!

今日の仕事の帰り道、夕飯は何しようかなぁとスーパーへ急いでいたところ、牛丼の「すき家」で嬉しい発見をしてしまった。

 チーズ牛丼がメニューに再登場していたのである。

私にとってはすき家と言えばハーブチーズ牛丼が代名詞で、日本にいた時はこのメニューを求めて、吉野屋には目もくれず“すき家”を探した記憶がある。

 牛丼にチーズ!とは明らかにコレステロールが高くメタボに悪い組み合わせであるが、まあチーズ好き、肉好きの人間にはたまらない組み合わせである。

 この店頭のポスターを見た途端にスーパーで夕飯のオカズ準備などという考えはあっという間に飛んでしまい、早速店に入って注文した。

 16元小椀、18元普通椀、21元大盛、24元特盛となっていたが今日は大盛りをチョイス!

上海のすき家のチーズ牛丼

上海のすき家のチーズ牛丼

 でで出来たのが写真。(豚汁と漬物セットが6元)

 チーズの乗せ方が適当過ぎるが、まあここは中国なので目をつぶろう。

チーズ牛丼は由来を考えればこれも牛による親子丼のようなもので(子ではないが、、)、決して変な組み合わせではないと思う。

 元々数年前のすき家さんの上海進出の際にはこのメニューがあったはずなのだが、当時は人気が無かったのか1年経たずに消え、今回久々の再登場になっている。

 早速食べてみる。

トロッとしたチーズが食欲をそそる。

 そして口に入れて
「おおお、チーズ牛丼だぁ」
と懐かしい再会にちょっと感動した。

とはいえ、中国のチーズに共通していることだが、このチーズは少々チーズ臭さが不足しているような気がした。

 臭ければいいというものでもないが、チーズはチーズ臭いほうがうまく感じる。
マクドナルドのチーズもやはり日本の物とは少し違うのは誰しも言っていることだが、やはり中国のチーズは日本のものとは品質が微妙に異なるようだ。

 まあ、とりあえず復活したことに非常に喜びを感じている私である。

もちろん食べ過ぎてメタボを悪化させぬよう気をつけねばなるまい。

貧しさと寂しさを輸入する中国

先日、上海のある日系の牛丼屋に入って思ったことがある。

いかに一人で食事をする中国人が増えたことか。

 中国における食事といえば英語でチャイニーズスタイルといわれるほど、大皿に盛られたおかずを大勢でつつくスタイルが伝統的で一般的な家族の食事スタイルだという認識が私にはあった。

 もちろん中国人だって一人ごとに盛られた欧米スタイルで食事をすることはあるだろうが、それは出稼ぎ労働者であったり、学生だったりして、共同で皿をつつく状況にない時に発生するスタイルであり、それとて食事そのものを一人で食べるというケースはそう多くはない。多くの場合は必ず同僚やクラスメートと食事をするのが普通であったように思える。

 逆に一人で食事をとる場合は、まあお腹を満たせればそれでよいので、中国で言えば饅頭ひとつでもお腹が膨れればそれでよかった。
つまり、一人の食事はそれほど豪華な食事などにはする必要がなく、しかも町の食堂で出される「一人分」の食事にはそれほど豪華な食事も存在しなかった。

 何故なら一人でとる食事は楽しくないし、何を食べてもそれほどおいしくないからである。

だから逆に豪華なもの、美味しいものを食べるときは必ず大勢で出かけるものと決まっていた。

美味しいものを食べるお金はみんなで食べに行くときに使えばいいし、みんなと一緒に美味しいものを食べることが楽しみだったのである。

ところがである。

日本やアメリカの牛丼チェーンやファーストフードチェーンの進出によって、中国人は安くて美味しくそして一人で食べられるものを手にしてしまった。
大勢で食べなくても安上がりかつ美味しく、一人で食べていても恥ずかしくない外食産業が中国人の食生活の中に入り込んできたのである。

am500_fo040

 これによって何が起きたか?

 従来美味しいものを食べるには大勢で店に入るしかなかったものが、数人あるいは一人で店に入っても十分美味しいものがそこそこの値段で手に入るようになってしまったのである。

 もちろんこれらの店に大勢で入店をしてもよいのだが、こういった類の店は5人10人といった大人数の受け入れにはあまり向いておらず、逆に拒絶気味の構造となっていて、自ずと少人数での入店に分割されていく。

 元々集団の人間の結びつきというのは時には拘束されて煩わしいという厄介な面もあるので、少人数でも十分美味しい食事が取れるとなれば、人々の食生活行動単位は徐々に細分化され少人数化していくのが自然の成り行きなのである。
 
 ところが、この食生活の細分化は、単に食事人数の少人数化だけでなく元々食事の時間で結び付けられていた人間関係の距離を少しずつ遠ざける効果を持ち始め、それは同時に人の心の寂しさを生んでしまっているように思えるのである。

 つまり「おしいいものを食べに行く」のその一言が人と人を近づける口実になりづらくなってきたのが今の社会なのだ。

 このように外食産業の進行が、人が人と食事をするという豊かな時間から、食事で結び付けられてきた人と人の結びつきを切り離し、一人での食事の時間の増加へという貧しい状況へと貶め、心の寂しさをも生んでいる。

 つまり中国は外食産業とともに、食事の貧しさと寂しさをも輸入してしまった。最近私はそう感じざるを得ないのである。