Tag Archives: 夜中

夜中の大ショッピング街

昼間だけこの道を歩いている人はもしかすると全く知らない出来事かもしれないが、上海市の長寧区水城路には夜中に大ショッピング街が登場する。

 水城路を延安西路から北の虹古路方面へ向かって少し奥に入り、かつて和平広場があった場所より先の仙霞路との交差点付近までのわずか200mほどの歩道に、みっしりと露店が立ち並ぶのだ。

 ラックに洋服のハンガーをかけただけの簡易なお店から、テントまで用意した本格的な構えで売る店までたくさんのお店一斉に集結する。

歩道を占拠する屋台

歩道を占拠する屋台

 売っているものも様々で、洋服や靴、本、時計、カバン、巨大ぬいぐるみ、女性向けアクセサリーなど品数だけならそこらへんのデパートにも負けないくらい多い。

 そしてここの主な客層は、周辺の築20年程度のアパートに住んでいる庶民であり、この辺りの住人はクラブや一般飲食店で働いている女性などが多く、そういう人たちが沢山集まってくる。

屋台に並ぶ洋服

屋台に並ぶ洋服

 そして人が集まればお腹も空くということで、屋台の食堂もどこからともなく集まってきて、路上のテーブルで焼きそばや串焼きなどを食べている姿を沢山見かける。

 まるで台北で見た夜市を思い出すが、あそこまで公式に認められたものではなく、当局も存在は知っていると思うが、元締めがいるのか目をつぶってもらっているような雰囲気である。

ハンガーも並べられている

ハンガーも並べられている

 大体、夜9時過ぎからぞろぞろとお店が集まり始め、およそ3時4時までこの真夜中の臨時ショッピング街は続き、朝になって夜が明けるころにはほとんどが撤収し、ちょうどその頃から清掃員のおばちゃんたちが掃除して回るので通勤時間帯には綺麗になっている。

 もちろん多少ゴミが残っているところもあるかもしれないが、ここは中国であり、元からそんなに綺麗な状況でもないので、そのゴミが夜中のショッピング街のゴミであるかどうかは分からないかも知れない。

 故に、この水城路を昼間にしか歩かない人は、この夜中の大ショッピング街の存在は知らないかも知れない。

 中国には昼と夜で違う表情を見せる街が沢山あり、昼だけでは分からない顔がある。

 

上海の薬局は24時間営業?

 上海の街のにはいたるところに薬局があるが、看板をよく見ると24時間服務と書いてある店がある。

 それも数店ではなく、かなりの割合で24時間を掲げている。
 コンビニじゃあるまいし、薬局が24時間営業なのか?とちょっと不思議に思った。

 日本のマツモトキヨシでさえ24時間の店はほとんどなく、昔地元にコンビニに薬局を併設した店はあったが、かなりレアな存在であり、滅多に見かけることはなかった。

 それが上海ではあちこちにこの24時間服務の看板を見かける。

24時間営業の上海の薬局の看板

24時間営業の上海の薬局の看板

 しかし、今回撮った写真は22時半頃に撮影したものであるが、薬局の店内の照明は付いているが、外側の鉄格子というかシャッターは閉まっている。

 中を覗くと薬剤師らしき人がいろいろ店の中を整理していた。

上海の薬局

上海の薬局

 シャッターのすぐ内側には休憩用の椅子が準備してあり、どうやら薬剤師か警備の人が休む場所のようだ。

 どうやらこの24時間服務という意味は24時間ずーっと戸口を開けて営業しているという意味ではないらしい。

 24時間薬を売る体制を整えてはいるが、夜間は緊急時に限っての対応するというようなスタンスのようである。

 もっともそのスタンスはピンきりらしく、本当に24時間営業している店もあれば、今回のお店のように来客に備えてはいるが営業はしないお店、さらには朝晩の営業時間が長いだけで夜中の来客にはほとんど対応する気がないお店もあるようだ。

 まあ夜中にわざわざ薬を買う人も少ないと思うが、病気はいつ突然襲ってくるかわからないのでとりあえずいつでも薬を買えるというのは非常に有りがたい事ではある。

 中国ではまだまだ医師の量が不足しているようで、日本のように街の中に小さな開業医の病院を見つけることはほとんど無く、病院といえば大病院の診療が主である。

 故に一般の中国人にとって病院の診療にかかることは費用の面でも機会の面でも決して簡単なことではないようで、薬だけで済まそうとする場合が少なくない。
 こういった人々にとっては薬局が病気治療の一番身近な窓口であることは間違いなく、薬局が24時間服務を行うことはある意味社会の要求による必然の結果とも言える。

 まあ上海の日本人の場合、多くの人が保険に加入しているので、夜中の病気でもたいていの場合は大きな緊急病院に行くことになり、これらの薬局に夜中に行くことは滅多にないと思うが、まあ覚えておいて損はないような気がする。

予定のない夜で安心してたら友人から誘い

先週くらいから昼夜問わずいろんな仕事のアポや夜の会合が入ったりしてバタバタと忙しい。
 今晩ようやく何の予定もない夜で、落ち着いて過ごせるかなと思っていたところに、友人からの誘いが入った。というか急に入ったわけではなく、先週から連絡があってあいまいな返事をしていたような状態であったのだが、すっかり頭から抜けていた。忙しいときはこんなものである。
 どうやら今晩は香港点心らしい。
 自分の体が心配になってきた、といっても疲れよりメタボのほうであるが、、、