Tag Archives: Windows10

99元(約1700円)でデータ使い放題プランはテザリングもOK!

数年前、スマホに切り替えてからやや通信量が増えて、毎月数ギガを消費するようになっており、費用も嵩むようになってきた。

中国は日本と違って、WIFIに関してキャリアの縛りがほとんどないので、喫茶店などに入ればほぼどこでも繋がるのでWIFI環境に関してはかなり便利であり、そういう場所を選んで繋いでいけば、通信量はかなり節約できる。

しかし、最近は仕事が忙しいこともあり、ゆっくりカフェを探して繋ぐ方法ばかりを選択できなくなりつつあった。

加えて、実は先日の一時帰国の際に2in1のパソコン、つまりタブレットにもなるしパソコンとしても使えるマシンを仕入れてきたので、ますます外部でのネット接続の需要が増えて来そうな見込みになった。

まあ、そのマシンの為に専用のWIFIルータを買うことも考えたが、毎月の費用がアップするのは確実だった。

そんな折に昔の知り合いが某日系の電話サービス会社に勤めているのを知り、その人がWECHAT上に、聯通で99元でデータ使い放題プランなるものがあることを紹介していた。

99元プランのチラシ

「なに、99元で使い放題だと」

私はすぐにこれに飛びついてその知り合いに連絡を取った。

その知り合いによると、毎月99元で全国(中国)データ無制限の使い放題通話300分99元/月とのこと。

ただ通信速度に関しては1か月の内、最初の20Gバイトに関しては4G速度の通信だが、それを超えると3G速度に落ちるとのこと。

20Gというのは結構な通信量で、平日毎日映画1本を閲覧してようやく消費するようなデータ量であり、少なくとも私には十分な枠であった。
 日本の大手キャリアに比べると半値以下と言っていいくらいに安い。
 (日本が高すぎるのだが、、)

その説明に納得し、早速契約の切替を行った。

まあ、従前のプラン契約によっては、年間契約の既に払った分が切替によって無駄になる可能性もあるようだが、私はそういう契約をしてこなかったので、すぐに切替ることが出来た。

これで、今後は通信量を気にせず4G速度でネット接続が可能になり、スターバックスなどWIFIのある場所を探して回る必要もなくなった。

もちろん、WIFIがある場所ならWIFIに繋ぐこともやぶさかではないが、混んでいる店のWIFIより4Gの公衆回線の方が通信速度の速い場合も少なくなく、WIFI接続が最優先ということではないのである。

また、中国の場合は日本と違ってテザリング(携帯をWIFIルータとしてネット接続すること)についても別料金は取られないため、外出中のパソコンからのネット接続もこの使い放題プランを通して繋げることになり、場所を問わず作業ができるようになった。

写真はイメージ

これにより、極端な話として地下鉄やバスで移動しながらでもメールの返信などが可能になったのである。
(今までも機能的には出来たが、マシンが大きかったのと、通信量を気にしてやらなかった。)

さらにである。

個人的にはもっと楽しいことが実現した。

実はこの2in1マシンはOSがWINDOWSのため、VPNを通して日本のラジコを聴いてもエリア限定されず聴取できるため、外出中でも日本のラジオを聴くことが出来るようになったのである。

これはアンドロイドOSのタブレットやスマホでは出来なかった芸当である。
とにかく、今月からの使い放題プランの契約により非常に便利なモバイルスタイルが実現し、仕事やプライヴェートに大いに役立っている状況になっている。

通信料にお悩みの皆様にぜひおすすめしたい。

ちなみにどこのショップでも対応できるかどうかは不明で、私はその友人のいる水城南路の店(日本語可のお店)でやってもらった。

もちろん系列店では可能だろうが、聯通の直営店では対応してもらえない可能性があるので、やはり系列店に行って相談されることをお勧めする。


再びwindows10にアップグレード

 先週の日曜日、とうとうパソコンのOSをwindows10に再アップグレードした。
 実は昨年の8月に一回アップグレードを実施してみたのだが、どうも思ったようにソフトが動いてくれなかったので、一旦はたった10日ほどで「結局WIN8.1に戻した。」のであった。

 その後コメント欄に書きこんでくれた人のアドバイスのお蔭で、不具合は解消できそうな見込みとなっていたのだが、なかなか再アップグレードに踏み出せずにいた。

 この間、何度催促のポップアップが画面上に表れていたのだが、自分が天邪鬼的なのか、催促されるままに誘導されてしまうのもどうも好かないし、かといって意地を張って変更しないんだという意気込みがあるわけでもなかった。

 結局は作業にまとまった時間が取られるのを嫌って、判断を先送りにして約1年間放置してきたというのが正直なところである。

 で、何故再びwindows10にアップグレードする気になったのかというと、同僚のパソコンもいつの間にかwindows10になっており、それほど大きな不具合なく使えてそうな様子を見たからである。

 YOUTUBEなどはわからないが、QQは問題なく使えていたのである。

 加えて、無償期間は今月29日に終了というポップアップに煽られ、どうもそわそわな気分になった。

 結局こういった状況に煽られ、一年の間に細かい不具合は修正されているだろうから致命的な不具合はあるまいという判断で、アップグレードしてもいいという気になった。

 こうやって先週の日曜日に実行となったのである。
  で、やはりというか予想通り2~3時間をかけての作業となり、再びwindows10のマシンとして現行PCを利用することになった。

1168489656

 再度使ってみた感想として、操作性については色々言われているが、むしろ8.1よりは使いやすく、処理効率が上がったのか、操作に対する反応も8.1の時より速くなったのではないかという印象である。

 さらに、前回不具合に思われたYouTUBEとFacebookについても、アドバイス通りに処理したところ無事稼働するものとなった。
 まあこの1年間は取り越し苦労だったのかもしれないが、なんとか滑り込みセーフでのwindows10である。

結局WIN8.1に戻した。

 先日WINDOWS10の無償アップグレードに挑戦したことは書いたが、色々使ってみた結果、不便なことが多く、結局昨夜に8.1に戻してしまった。
 どんな不具合かと言えば、アプリそのものには恐らく互換性があって不具合はなかったのだと思うが、通信系に不具合が多く生じたのである。
 特にVPNを通じてのアクセスはどうにもよろしくなかった。

①フェイスブックに繋がらなくなった。
②YOUTUBEが見られなくなった。
③QQにログインできなくなった。

とまあ、③以外はVPNを通さねば見られないもので、そうでなくてもサードパーティ的な動きがあるものが全く見られなくなったのである。
 この3つは現在の私のネット生活・業務上で結構重要なツールであり、これらが繋がらないのはょっと耐え切れなかった。
中国的なネット事情の時期的な理由による可能性も無いわけではなかったが、ほかの人は普通にフェイスブックに書き込んでいたようなので、やはりこのWIN10が原因だったようである。
いずれ改善が行われるにしてもその時期が待ちきれないため、結局再び8.1にダウングレードを行ったのである。
システムの説明によるとWIN10へのアップグレード後、1か月以内なら元に戻せるということらしく、私はおよそ1週間での再変更となった。

 すると、当たり前の話のことだが、YOUTUBEやフェイスブックにつながり、QQにもログインが可能になった。
 元の状態に逆戻りである。

 まあネットでWIN10の状況を色々拾ってみたが、大きな障害が出ている情報があまりないことから、私の今回の不具合は中国という特殊環境における、VPN関連設備のWIN10未対応に基づく不具合だと推測できる。

 つまり政府が管理しているとされるネット中国国内の環境が、WIN10に対応しきれておらず、取り合えず未対応なので遮断されてしまったのではないかという推測である。
 その証拠に、WIN10でつながらなかったものが8.1は繋がるのであり、国外での似たような事例は今のところ見つからないのである。

 まあ上記の推測はあくまでも状況的判断でしかないのだが、中国国内で長時間パソコンを使う方は、当面はWIDOWS10へのアップグレードを見送った方が賢明というのが今回の私の結論である。