ヘルパーさんによるケア

目が覚めた時は、既に病室だった。

 目覚めそのものの気分は恐れていたほど苦しくなく、多少寝起きが悪い時の朝程度のもので、麻酔自体の気分の悪さはそれほどなかった。
 鼻はさすが手術直後らしくガーゼなどが詰め込まれているようで、まだ血が滴っていてとても重かった。

 ふと気が付くと、手術前に入っていた病室とは雰囲気が違う。

どうやら手術中に部屋を変えられたようである。

 新しい部屋は前の部屋より綺麗だったが、手術直後の自分はそんなことに気が付いても、気持ちは鼻の状況に精いっぱいで、点滴を替えに来る看護婦にどうして変わったのかなど尋ねるほど余裕はない状態だった。
 
 特に鼻に物が詰まっている状態だと話しづらく、しかも中国語で話しかけようなどという気力にはとてもなれなかった。

 それにここの看護婦さんたちは私が中国語を分かると手術前に知ってからは、まず基本的に中国語で話しかけてくるようになり、日本語で声をかけるという姿勢は全くなくなった。

 24時間日本語の分かる看護婦さんが待機という説明はどこへやらという感じだが、手術直後の自分には抵抗する気力もない。
 故に自分のいる部屋が何号室なのかという基本的なことでさえ、知ったのはだいぶ後のことだった。

 すると、そんな中で私を介護する為にヘルパーさんがやって来た。

 家族の帯同をしていない私の状態を見るに見かねた病院側がヘルパーさんを呼んで、24時間体制で付きっ切りで私の身の回りの面倒を見させることになったようである。

 ヘルパーさんは歳のころで言うと50歳前後と思しき女性で、後に聞いたら河南省出身の人とのことである。

 普段なら気さくに話しかけることの出来る自分だが、この時はそんな質問に口を開くほどの余裕はなかった。

 ヘルパーさんはまずは鼻から吹き出る血を拭く作業、そして口呼吸になっている私の口の中を綿棒などを使って湿らせてくれる作業などをやってくれた。

 鼻が塞がれている状態というのは当然口呼吸になるのだが、すると口の中がガビガビに乾くので、常に口の中や唇を湿らす作業が必要になる。

 実は手術後の中でこれがつらい状況の一つであり、退院した今でも鼻の中に脱脂綿が残っているので同じ状況が続いている。

 もちろん水を飲んでもいいのだが、体はそれほど水を欲していないし、この時は特に手術直後だったので、麻酔明けの状態での水の大量摂取は危険で、故に湿らせていいのは口だけである。
 腕も点滴に繋がれた状態で身動きが取れない中、ヘルパーさんは定期的に唇と下を綿棒を使って湿らせてくれた。

 ちっちゃな作業だが、これが非常に助かった。

 この入院中、友達が何人か日替わりで見舞いには来てくれたものの、何れも1~2時間程度の見舞いしか来られないため、家族のいない自分にはこのヘルパーさんの登場は有難かったのである。

 まあもっとも、こんなに深刻な状況に陥るとは自分も想像しておらず、分かっていたなら手術の受け方も違っていたかもしれないが、とにかくこのヘルパーさんが外国の地での私の命を繋いでくれたと言っても過言じゃない程に助かったのである。

 そして上述のケアに加え、食事の手伝い、睡眠中の汗拭き、下の世話、体をタオルでふいてくれるなど身の回り全体を一通りやってくれた。
 テレビで老人ケアのヘルパーさんの姿はよく見かけていたが、まさか自分がこの歳でサービスを受ける側になるとは思いも寄らなかった。

 結局このヘルパーさんは丸48時間ほぼ付きっきりで面倒を見てくれた。

 もちろんこの作業費は無料ではなかったが、48時間でたった300元の支払いでは申し訳ないほど感謝を感じたのヘルパーさんのケアであった。

 原文



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com