味噌汁あそび

「あそび」と書いてしまうと、料理に失礼な気がするが、私の味噌汁あそびというのは、味噌汁を作るたびに色々な具を入れてバリエーションを楽しんで味わうということ。

 味噌汁というのは非常に便利な存在で、普段不足しがちな野菜を片っ端からいれることにより野菜不足を補うことができる。

 しかも煮ることによりたくさん食べられる。いわゆる温野菜的発想だ。

 まああまりたくさん入れすぎてしまうと味が濁ったり干渉しあったりするので、たくさん食べたくても野菜の種類は絞った方がいいが、入れる野菜によって色んなバリエーションが楽しめる。

 この辺はほとんど鍋の発想に近いともいえる。

 さてさて夏場は味噌汁を一生懸命作っても基本的に一晩しか持たないため、自炊の中にあっても味噌汁は作るのは諦めていたが、段々涼しくなっていい頃合いになったので「味噌汁あそび」を再開することにした。

 そして先日作ってみてちょっと感激したのが春菊のお味噌汁。某農園に出かけたときに春菊を大量に買ってきたので味噌汁に入れることにした。

農園で芋ほり

写真は農園での芋ほり

 春菊なんぞ普段は鍋でしか出会わないし、中国にあってはそんな気の利いた味噌汁を出す店はほとんどないであろう。 というか上海には日本料理店が数多くあれど、どんなにおいしい店でも店で出される味噌汁の具にはほとんどバリエーションがなく、具を楽しむ幅はほとんどない。

 故にこれは自炊ならではの組み合わせである。

 日本にいるときは特別好きとか嫌いとかなかった春菊だが、久しぶりに食べたその濃厚な香りと味わいに、自分で作った料理ながらノックアウトを食らってしまうほど感激した。

 これだから自炊はやめられない。

 これから冬に向かってキノコなどいろんな食材で「味噌汁あそび」を楽しんでみようかと思っている。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com