危うい?中国の医療器具

今回手術で入院した時、待遇や設備という面で言えば中国で入院していてもそれほど不安は感じなかったが、では「中国医療」全体について全く不安を感じなかったかというと、実はそうではない面がやはりあった。  一番不安を感じたのは医 Continue Reading →

効き過ぎる抗アレルギー剤

 先日の手術以後、病院に抗アレルギー剤をもらったので飲んでいるが、どうもこの抗アレルギー剤というのは苦手である。  クシャミや蕁麻疹抑制には効果を発揮してくれるのだが、何しろこの薬を飲むとダルイし眠くなる。  うつ病にか Continue Reading →

遺書を書いた

そういえば今回手術を受ける直前に遺書めいたものを書いたのを思い出した。  当日の朝の手術室に運ばれる一時間前くらいの事である。  遺書というほど大げさなものではないが、手術で万が一死んでしまった時のことを考えて、自分のま Continue Reading →

中国の看護婦さん

 今回の入院中、当然のことながら看護婦さんたちには大変お世話になった。  まあこの看護婦という言い方も今となっては男女平等の意味もあって、看護士という言い方が定着しつつあるが、中国の現場では今のところほとんどが女性のよう Continue Reading →

医師はあんまり休んでない

 今回の入院のとき、私の担当医は入院中の水曜から日曜までの5日間毎日顔を出してくれた。  手術の日は無論のこと、ほとんど診察らしき診察がなかった入院初日もほんのちょっとだけ顔を出してくれた。  入院している患者の立場でみ Continue Reading →