Tag Archives: チーズ

上海のすき家にチーズ牛丼再登場!

今日の仕事の帰り道、夕飯は何しようかなぁとスーパーへ急いでいたところ、牛丼の「すき家」で嬉しい発見をしてしまった。

 チーズ牛丼がメニューに再登場していたのである。

私にとってはすき家と言えばハーブチーズ牛丼が代名詞で、日本にいた時はこのメニューを求めて、吉野屋には目もくれず“すき家”を探した記憶がある。

 牛丼にチーズ!とは明らかにコレステロールが高くメタボに悪い組み合わせであるが、まあチーズ好き、肉好きの人間にはたまらない組み合わせである。

 この店頭のポスターを見た途端にスーパーで夕飯のオカズ準備などという考えはあっという間に飛んでしまい、早速店に入って注文した。

 16元小椀、18元普通椀、21元大盛、24元特盛となっていたが今日は大盛りをチョイス!

上海のすき家のチーズ牛丼

上海のすき家のチーズ牛丼

 でで出来たのが写真。(豚汁と漬物セットが6元)

 チーズの乗せ方が適当過ぎるが、まあここは中国なので目をつぶろう。

チーズ牛丼は由来を考えればこれも牛による親子丼のようなもので(子ではないが、、)、決して変な組み合わせではないと思う。

 元々数年前のすき家さんの上海進出の際にはこのメニューがあったはずなのだが、当時は人気が無かったのか1年経たずに消え、今回久々の再登場になっている。

 早速食べてみる。

トロッとしたチーズが食欲をそそる。

 そして口に入れて
「おおお、チーズ牛丼だぁ」
と懐かしい再会にちょっと感動した。

とはいえ、中国のチーズに共通していることだが、このチーズは少々チーズ臭さが不足しているような気がした。

 臭ければいいというものでもないが、チーズはチーズ臭いほうがうまく感じる。
マクドナルドのチーズもやはり日本の物とは少し違うのは誰しも言っていることだが、やはり中国のチーズは日本のものとは品質が微妙に異なるようだ。

 まあ、とりあえず復活したことに非常に喜びを感じている私である。

もちろん食べ過ぎてメタボを悪化させぬよう気をつけねばなるまい。

ホットドッグ発見

 先日のブログ以降、ちょっとホットドッグの店がないかどうか気にしていろいろ探していたら、結構身近な場所に一軒あったのを思い出した、

 それは地下鉄2号線の婁山関路駅に直結する泓鑫時尚広場の地下1階にあった。
地下1階といっても地下鉄のコンコース階と地上との間にある中2階的な場所にあり、知らないと意外と分かりにくい。
 ローソンの後ろの電器屋の中のエスカレーターを降りていくとたどり着ける。

 以前からここにあるアイスクリーム屋の「ミルン」さんはお気に入りで、日本人経営という安心感もあり時々食べに行っていたのだが(といっても月に一回にも満たないペースだが)、この場所はよく知っていた。

 そしてその並びに同じ経営者がやっているホットドッグ屋があったのを思い出したのである。

 ただ、自身が現在のようにホットドッグに煽られていなかったため、この店はいつもスルーしてしまっていた。

 さらにしばらく前にこの場所を訪れた時に全体が改装中だったたため、もしかしてアイスクリームやともども無くなってしまったのではないのかと危惧を抱いていた。

 故に、今回ちょっと恐る恐るその場所を尋ねてみた。

 すると、

お!ありました、ホットドッグのお店

 その名も『Poporo』で可愛い犬のキャラクターのが目印のお店で、まさに遊園地にあるような4m四方くらいの小さいスペースがビルの中の一角に存在していた。

Poporoの外観

Poporoの外観

 私は小躍りする様な気持ちで早速ホットドッグを注文した。

 もともとシンプルホットドッグを注文しようと思っていたのだが、「チーズドッグ」の名が目に入ってしまいチーズ好きの私は誘惑に駆られ、結局チーズドッグを注文した。14元である。ちなみにシンプルな方は12元である。

 さて、ここは先日のマクドナルドと違いチーズ入りということもあってパンをしっかり焼いてから出てくる。

 従って注文してから7~8分待たされるのだが、その待ち時間が逆にこだわりを感じさせ、ホットドッグに対する期待感を高まらせてくれる。

Poporoのチーズホットドッグ

Poporoのチーズホットドッグ

 そして出てきたのが写真のチーズドッグ。

 うーん、こんがり焼け具合がとてもおいしそうである。

 そしてこぼれんばかりに塗られたマスタードとケチャップが食欲をそそる。
 まさに、「家政婦のミタ」で見た遊園地のホットドッグそのものである。

 そして早速食らいついてみる。
 ホットドッグの場合、「食べる」などと穏やか表現ではなく「食らいついてみる」というほうがピッタリである。
 
 そして口に入れた瞬間、

「おおお、これぞホットドッグだ!」

余りにも懐かしい再会にちょっと涙がこぼれかかった。

 焼いて表面がパリパリしつつも中が柔らかいパン、そして美味いウィンナー、マスタードとケチャップのハーモニー、今回はチーズのオマケ付きである。

 これは確かにホットドッグであった。

 まあ世の中のグルメ指標からすれば、このホットドッグが飛びぬけて美味いという評価が付くわけではないのかも知れないが、少なくとも先日のマクドナルドのなんちゃってホットドッグに比べれば、まさに正真正銘のホットドッグと言え非常においしかった。

 再会の感激も相まってゆっくり味わいたくもパカパカパカと一気に食べてしまった。
 そして追加注文したい欲望にも駆られたが夕飯も近い時間帯だったので、この日は諦めた。

 また来ればいいのである。

 どうやらこのお店は配達もしてくれるらしいが、やはりホットドッグは熱いうちに食べるのが一番おいしく、このお店に直接来て食べるのが良いであろう。

 とりあえずおいしいホットドッグのお店一個発見である。