Tag Archives: 中途半端

中国のテレビ放送枠は時間がバラバラ

 最近テレビを見始めて気が付いたことだが、中国のテレビは放送開始時間が結構中途半端である。

 報道系のチャンネルはそれほどでもないが、ドラマが多いチャンネルなどは、非常に中途半端な時間に始まるものが多い。

 53分とか、22分とかてんでバラバラな中途半端な時間に始まる。

 日本だと、どの放送局も基本は7時や8時と言ったジャストタイムを非常に大事にして枠が組まれており、さらに30分、15分と言った60分を等分した開始時間設定を行ない中途半端な開始時間を嫌っている。

 まあ人気番組の後番組だったりすると例外的に前倒し枠を設定することもあるが、基本は1時間ごとのジャストタイム開始を守っているのだが、中国のドラマ系チャンネルにはそれがほとんどない。

 一応夜のメインドラマは19時から始まるなど、基本のパターンは有るようだが、1日に渡ってジャストタイムが守られている訳ではない様である。

ケーブルテレビの番組選択画面

ケーブルテレビの番組選択画面

 以前にも書いたが中国のテレビドラマ放送は、毎週1時間ずつという放送方式ではなく、30話の放送なら毎日3話ずつ放映し10日ほど一挙に放送してしまうような集中型であり、最初の1本目がジャストタイムなら後は、続きで見るだけだからジャストタイムでなくても良いということらしい。

 こういうドラマの放送パターンやテレビの時間枠設定を見ていると、中国人の堪え性のない性質や、時間や形式にあまり細かくこだわらない理由が分かってくるような気がしてくる。


過去の怠慢の後始末

 ここしばらく過去の怠慢の後始末作業に忙殺されていた。

 まあ以前いた人はうちは凄いんだのようなことを言っていた気がするが、確かに過去に大量の実績を見つけるも、その実績がほとんど現在に繋がっておらずある転換期を境にして断絶している状態だというのが私の現在の感想である。

 本来はその転換期に相当の移行作業をやらなければいけなかったのに、対処療法でやり過ごし、手を抜いてあったような印象がある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 これが一つの失敗。

 さらに、どうも好みで仕事をチョイスしていた形跡があり、本来当たり前のようにカバーされるべき領域がずっぽり抜け落ちている。

 ライバルが当たり前のようにカバーしている領域を、まあ勝負の勝ち負けはともかく、踏み込んでもいなかった印象である。

 10年前からなにも進歩していないような印象で、中国のこの大事な10年の中で何をみて何を学んでいたのだろうかという感想が残る。

  そして多くの作業が中途半端だった。

 勢い込んで新しい仕事を始めても、飽きっぽいのか息が続かないのか、途中で放置された仕事のかけらを沢山見つけた。

 それゆえに過去の仕事の実績が今にほとんど繋がっておらずポロポロと抜け落ちているのである。

 そんな過去の怠慢を埋めるべく最近かなりの時間忙殺されていた。

 自慢していたあの人たちはいったい10年間何をしていたのだろうか?
と、この怠慢の山の内をみて愕然している最近だった。
 
 まあその代わり苦労したお蔭で、不器用ながらも取りあえず一つの方法を見つけた気がしている。