Tag Archives: 入院

医師はあんまり休んでない

 今回の入院のとき、私の担当医は入院中の水曜から日曜までの5日間毎日顔を出してくれた。

 手術の日は無論のこと、ほとんど診察らしき診察がなかった入院初日もほんのちょっとだけ顔を出してくれた。

 入院している患者の立場でみると何となく当たり前のように感じてしまうが、彼らを労働者として考えれば、結構大変なことである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 実はこの医師は古北の医院では平日は1日おきに午前診療と午後診療を繰り返しており、土曜こそ終日勤務を行なっていたが、この斑な勤務状況に随分のんびりした勤務体制だなぁと思っていた。

 しかし今回手術を受けてみて初めて分かったが、彼はこの勤務していない合間に私のような手術患者などの診療や入院患者を受け持っており、そう考えると彼の仕事はそうのんびりした勤務体制ではないことになる。

 それでなくても元の病院の出勤日だけ見ても、平日は半日ずつとはいえ結局は週の休みは1日だけの状態となっている。

 そして今回の私の入院の際には日曜日にも顔を出してくれ診察をしてくれたわけだから、少なくとも私の入院したこの週はフルで1日休んだ休日はないことになる。

 まあ、一週間毎日朝から晩までフル労働ということは無いと思うが、それにしても彼の休日は少ない。

 患者の病気に休日も夜もないとはいえ、この状況は大変だ。

 気になってネットでデータをググってみたら、日本の勤務医の46%は月の休日が4日以下などとというデータが出ていた。日本と中国の違いがあるとはいえ、今回の医師の勤務状況をみればこの記事の状況も納得ができる。

 そういえば医師になった高校の後輩から大学病院の医師の勤務体制の話をかつて聞いたことがある。

 一応医師も労働者なので休日や労働時間などの設定については一般の労働者と同様の制限があり、その基本に従って仕事をしているはずだが、患者を抱えてしまうと病気には日曜も正月もないことから、放っておけずにずるずると超過勤務に陥ってしまうらしい。

 例え休日としてきっかり1日休みを取ったとしても、結局は体を休めるという意味での休日でしかなく、もし担当患者の容体に急変があれば駆けつけなければならないため、一般のサラリーマンで言う休日にレジャーでドライブに出かけたり旅行に出かけるなど「遊び」的な気分転換の行動は難しいと言っていた。

 ましてや現場を一週間も空けて外出したりするなどということは患者の事を考えれば非常に難しく、よほど医師を労働者として割り切った感覚で捉えていなければ、難しいということだった。

 ただ、このような傍から見れば気の毒に思えるような労働環境も、彼ら自身が嫌々取り組んでいるかというと、どうやらそうとも限らないようで、医師という職業を選んだ故の宿命の生き方として覚悟して働いているとのこと。
 もちろん遊びに出かけたい気持ちが無いわけじゃないが、目の前の患者を放っては出かけられないというのだ。

 うーん、世の中には患者より自分優先で平気で現場を長期間空ける医師だって少なくないと思うが、実はこういう目立たないところで毎日患者のために頑張っている医師が少なくとも半分くらいはいると思うと世の中ちょっと安心できるという気がする。

鼻茸手術のその後の経過

手術を行なったのが先々週の木曜日の午前であった。

まあ、自分の備忘録として一応その後の経過も書き記しておこうかと思う。
 手術直後の午前11時半頃に目が覚めたが、鼻からの血が止まらずティッシュで滴る血をどんどん拭いていた。

 その直後お昼ご飯は出なかったような気がする。

 その後翌朝まで、出血による炎症か、微熱の状態が続き大量の汗をかく。
夕方、夕飯は出たが自分ではほとんど食べられず、オカズとご飯をほんの数口食べただけで、あとは食欲がついて行かず諦める。

 血がなかなか止まらないので夕方以降、上半身を持ち上げた状態で寝るよう安静令が下り、以後退院まで頭を低くしてはならないことになった。

 出血を吸収する手段も、ティッシュから顔にガーゼを固定する方式に変わり、以後1~2時間おきに看護婦さんがガーゼを換えに来てくれた。
 準備していたティッシュが底をついたのでちょうど良いタイミングでもあった。

 そしてこの手術の晩は、そんな状態と鼻の出血で体調が安定しない状態が続き、発汗と発熱を繰り返し、次の日の朝まで深く眠れない状態が続いた。

 ところで、この部屋はNHKテレビが見られることが途中で分かったのだが、こちらは手術後ずっとボーっとしており、あまり集中してテレビを見る余裕はなかった。
 そして消灯時間頃、未だ汗をかいており、暖房は暑すぎるので切ってもらったが、一緒にいたアイさんは実は寒そうで、夜中に咳き込んでいたことを覚えている。
 思えば気の毒であったが、こちらが気を使えるほどの状況になかったので仕方なかった。
 

 手術翌日の金曜の朝は寝不足でちょっと体が重く眠かったが、NHKの朝のニュースからずっと見る余裕が出来てきて、この段階からかなり正常な思考が出来るようになった気がする。

 この日の朝食は肉まんと茹で卵と御粥の朝食が出て、この頃からなんとか自分で一通り食べられるようになった。

 その後シーツ担当がシーツを交換しに来たので、手術後に初めてほんのちょっとだけベッドから下り立った、が、まだまだ頭が重くふらつく状態であった。
 しかも相変わらずまだ出血は続いているのでシーツ交換後はまた頭を上げて横になり、午前中は点滴とガーゼの交換の繰り返しだった。

 
 午前11時にお昼ごはん。
 この時点ではまだ右手に点滴につながっているため箸が使えず、アイに手伝ってもらわないと食事ができない状態で、匙を持ちながら、アイに肉を切ってもらって匙に乗っけてもらって食事をする状態だった。
 半分くらいは何とか食べられたが、体調的に完食はまだちょっと辛い状況だった。

 その後、午後も点滴が続く。

 手術後からこの頃までこちらが汗を沢山かいていたので、1日に2~3回アイに寝巻を換えてもらい、その度に体を拭いてもらった。(ただし下半身は自分でやったが、、)

 そしてこの日の点滴ノルマが終わった時に、針の刺しっぱなしは痛いし不便なので、看護婦にお願いして一旦抜いてもらい、翌日の点滴針はその日にさしてもらうことにした。
 こうしないと寝るときに迂闊に寝返りも打てないし、右手が拘束されて不便だからである。
 そしてこの針を抜いた直後から、精神的にも開放された気分になりこの日の夕飯からは自分で食べられるようになり、トイレなどかなり自分で動けるようになった。

 そしてこのタイミングで、会社の同僚や友人が何人か見舞いに来た。

 鼻にはガーゼがついたままで、出血状況もまだまだだったが、会話はかなりリラックスな状態で、少しは気を遣う応対が可能になった。
 

 手術3日目の土曜の朝、執刀してくれた担当医が現れ、鼻の状態をチェックするために診察室に呼ばれた。

 ここでようやく鼻の穴の中に詰めた綿とガーゼを手術後初めて抜いてみる。

 ガーゼを抜いた瞬間に持たされた顎下の容器の中に血がドボドボ落ちる。

 うわぁ、まだこんな出血状態なのかと自分は思ったが、担当医にとっては想定内のようで意外と冷静だった。

 血はまだ完全には止まってないが、大量にこぼれたのは溜まっていたからであって、状況は血の量が示すよりは落ち着いてきていたようだった。

 とはいえ、止血していないことには変わらず、また脱脂綿を詰め込まれる。

 本来この日に退院する選択肢もあったのだが、この朝の診察状況にこの日に退院するにはちょっと無理だなと悟り、当日の退院を諦める。
 退院したかったのは実はある会合があったからであるが、さすがにこの状況での参加は無謀であったことを自覚する。。

 ただこちらが自力で行動できるようになったので、朝食のあとにアイのヘルパーを打ち切った。

 そして一日ボーっと点滴を受けながらうつらうつら過ごす。

 食欲も復活し、食事もほぼ完食できるようになった。

 日曜日、朝から点滴はあったが、昼には終わり、昼過ぎに退院することになった。

 この時点で鼻のガーゼは一応とれることになった。

 しかし、まだ脱脂綿は鼻の穴に詰まったままであり、そのまま外を出歩くと外観上恥ずかしいので、看護婦さんにマスクをもらい鼻のあたりにティッシュを当てて退院した。
 自宅用の薬として点鼻薬、抗アレルギー薬、抗生物質を渡される。

 明けて月曜日、元の耳鼻科で診察を受ける。
ここで鼻の脱脂綿を交換される。

 この日から会社の勤務は始まったが、鼻に脱脂綿が詰まり、マスクで隠す日々が続く。

 昨日土曜日に再診の結果、鼻の脱脂綿も取れることになった。

 まだ鼻の奥に少し違和感があり鼻水にまじって鼻血があるが、概ね正常になった気がする。

 術後10日でようやく鼻で呼吸が出来るように解放された気分である。

 3月4日現在、今のところはこんな状況である。

ヘルパーさんによるケア

目が覚めた時は、既に病室だった。

 目覚めそのものの気分は恐れていたほど苦しくなく、多少寝起きが悪い時の朝程度のもので、麻酔自体の気分の悪さはそれほどなかった。
 鼻はさすが手術直後らしくガーゼなどが詰め込まれているようで、まだ血が滴っていてとても重かった。

 ふと気が付くと、手術前に入っていた病室とは雰囲気が違う。

どうやら手術中に部屋を変えられたようである。

 新しい部屋は前の部屋より綺麗だったが、手術直後の自分はそんなことに気が付いても、気持ちは鼻の状況に精いっぱいで、点滴を替えに来る看護婦にどうして変わったのかなど尋ねるほど余裕はない状態だった。
 
 特に鼻に物が詰まっている状態だと話しづらく、しかも中国語で話しかけようなどという気力にはとてもなれなかった。

 それにここの看護婦さんたちは私が中国語を分かると手術前に知ってからは、まず基本的に中国語で話しかけてくるようになり、日本語で声をかけるという姿勢は全くなくなった。

 24時間日本語の分かる看護婦さんが待機という説明はどこへやらという感じだが、手術直後の自分には抵抗する気力もない。
 故に自分のいる部屋が何号室なのかという基本的なことでさえ、知ったのはだいぶ後のことだった。

 すると、そんな中で私を介護する為にヘルパーさんがやって来た。

 家族の帯同をしていない私の状態を見るに見かねた病院側がヘルパーさんを呼んで、24時間体制で付きっ切りで私の身の回りの面倒を見させることになったようである。

 ヘルパーさんは歳のころで言うと50歳前後と思しき女性で、後に聞いたら河南省出身の人とのことである。

 普段なら気さくに話しかけることの出来る自分だが、この時はそんな質問に口を開くほどの余裕はなかった。

 ヘルパーさんはまずは鼻から吹き出る血を拭く作業、そして口呼吸になっている私の口の中を綿棒などを使って湿らせてくれる作業などをやってくれた。

 鼻が塞がれている状態というのは当然口呼吸になるのだが、すると口の中がガビガビに乾くので、常に口の中や唇を湿らす作業が必要になる。

 実は手術後の中でこれがつらい状況の一つであり、退院した今でも鼻の中に脱脂綿が残っているので同じ状況が続いている。

 もちろん水を飲んでもいいのだが、体はそれほど水を欲していないし、この時は特に手術直後だったので、麻酔明けの状態での水の大量摂取は危険で、故に湿らせていいのは口だけである。
 腕も点滴に繋がれた状態で身動きが取れない中、ヘルパーさんは定期的に唇と下を綿棒を使って湿らせてくれた。

 ちっちゃな作業だが、これが非常に助かった。

 この入院中、友達が何人か日替わりで見舞いには来てくれたものの、何れも1~2時間程度の見舞いしか来られないため、家族のいない自分にはこのヘルパーさんの登場は有難かったのである。

 まあもっとも、こんなに深刻な状況に陥るとは自分も想像しておらず、分かっていたなら手術の受け方も違っていたかもしれないが、とにかくこのヘルパーさんが外国の地での私の命を繋いでくれたと言っても過言じゃない程に助かったのである。

 そして上述のケアに加え、食事の手伝い、睡眠中の汗拭き、下の世話、体をタオルでふいてくれるなど身の回り全体を一通りやってくれた。
 テレビで老人ケアのヘルパーさんの姿はよく見かけていたが、まさか自分がこの歳でサービスを受ける側になるとは思いも寄らなかった。

 結局このヘルパーさんは丸48時間ほぼ付きっきりで面倒を見てくれた。

 もちろんこの作業費は無料ではなかったが、48時間でたった300元の支払いでは申し訳ないほど感謝を感じたのヘルパーさんのケアであった。

 原文

手術は手術だった。

ようやく今日退院した。

今回小さな手術ということで、結構甘く見ていた点があったのだが、受けてみると小さくても手術は手術であり、それなり大変な数日間であった。

 手術当日、朝6時に起こされ検温。

そして7時過ぎに、手術関連と思われる注射をお尻に一発。

 詳しくは聞かなかったが恐らく鎮静剤かなにかで、気持ちを落ち着かせるための薬ではないかと察する。

 そして8時過ぎにとうとうお迎えが来る。

 病室の前に、ストレッチャーが到着しそこに横たわるよう指示される。

 指示通りそれに寝ると、そのまま病院の廊下を運ばれ、エレベーターに乗せられる。
 そして手術室前に到着。

 そこでなんと麻酔のサインをしろという。

 サインをしないと手術ができないらしい。

 普通は家族が責任を持つようだが、今回家族の帯同はないので自分でサインをすることになった。

 中国語で説明が書いてあるが、もうこの状況では一言一句を頭の中で確認する余裕はなく、ほとんど盲目的にサインをせざるを得なかった。
 まあ話しかけてくれる麻酔医師や看護婦は日本語が通じるので安心材料ではあったが、結局書類は中国語である。
 ここが外国であり仕方ないことでもあるがちょっともう少し余裕を持って書類を読みたかったというのが本音だ。

 こうなったら何があっても悪い方に転んだら諦めるしかない。

 そして自分の体がそのまま手術室に運び込まれる。

 手術室は恐らくどの大病院の手術室も似たような状況であると思うが、大きな部屋の中央に巨大なライトを備えた手術台があり、部屋の周囲に手術内容に応じたそれぞれの手術器具がワゴンに乗せて留置されている。

 まるでスタジオのように感じる空間状況である。
 
 今回私自身は当初、鼻の中の小さなポリープを取る一つの「医療処置」程度に感じていたが、まさに私が受けようとしていたのは手術であり、小さくても手術は手術だったことにようやくここで気づかされる。

 そして手術の準備が始まり、心拍計などが取り付けらる。

 執刀する担当医はリラックスして座って待つよう周囲から促され、手術台周りを受け持つ医師が着々と準備を進める。

 ただその準備する雰囲気は「手術」という言葉から受ける重みに比べれば随分リラックスした印象であった。
 一部では鼻歌も聞こえる。
 患者をリラックスさせるための演出なのか、本人たちが落ち着くための自己暗示なのか分からないが、重たい緊張感はそこになかった。

 そして「差不多吧(大体OK)!」の声がかかる。ほぼ準備完了のようである。

 そのとき日本語のできる医師から、静脈注射の中に麻酔薬を入れましたからそのうち眠くなりますと説明された。

 そして間もなく私は眠りに落ちたようで、、、、気が付いたときは既に病室であった。

中国で手術準備

さて、まず書かされたのが基本問診票と保険の支払同意書。これが通らなければ自腹になってしまう。(笑)
 そしてまずは体温計測、血液検査の採血、血圧測定が行われた。
採血の際、腕に巻くゴムがプチンと切れ「縁起でもない」とちょっとビビったが、そこは手慣れた看護婦さん、患者を動揺を与えまいと何事もなかったようにそのまま短い部分のゴムで腕を巻き採血終了。

 まあ簡単な手術とはいえ、些細なことでも気にしてしまうナーバスになっていることに自分自身が気が付かされる。 

 そして手首に個人を識別する確認票が巻かれる。
患者取り違えミスなどを起さない工夫であろう。

手術時の個人識別用の腕輪

手術時の個人識別用の腕輪

その後身体検査を行う。

 体重計測(麻酔のため?)、心電図、レントゲン、CTスキャン、、今回鼻の手術なので、CTスキャンで顔の炎症状態を調べるというのは、まあ当然としてレントゲンはどこを撮ったのだろうか?

病院の検査階の廊下

病院の検査階の廊下

 恐らく肺か気管支であるが、この撮影はちょっと理解が出来なかった。

 と、検査を終えるとあっという間にお昼ご飯の時間である。
病院の食事は普通よりちょっと早く11時である。
 食事はお重にはいったご飯・オカズとスープ、そして林檎である。
病院食はマズイとは聞いていたが、その先入観で食べればこの病院食はそれほどマズイわけではなかった。

 まあ特別美味しいとも言えないのだが、許容範囲である。
希望すれば、近くの日本料理屋から有料で日本食メニューも頼めるらしい。

 リンゴは、、、果物ナイフが無くて食べられず、後で友人に持ってきてもらうことにした。

病院での昼食

病院での昼食

 さて、午後は正直言ってずっと暇だった。
アレルギーチェックなどが少々はいったものの、あとはずっと病室待機。
幸か不幸かネットに繋いで仕事をやっていた。

  3時には点心のおやつも出たが、まあやることもなく時間が流れる。

病院で出たおやつ

病院で出たおやつ

 夕方ころ、医師が手術同意書を取りに来る。
血が出る」「再発の可能性がある」「麻酔で予想外のことが起きる可能性があります」などなど。

 まあ「麻酔」の点は気になったが、ここは信じるしかなく、何かがある確率というのは上海で交通事故に遭う確率よりは低いと信じているので、それでも起きてしまう時は何があっても運が悪い時であると覚悟をし、サインをした。

 そして夕方になって鼻毛切りに看護婦さんがやってくる。

 鼻の手術なので邪魔にならないようにとの配慮なのだが、盲腸の手術で下の毛を剃ったこともある看護婦さんも、さすがに鼻毛切りは滅多に無いようで、笑いながら鼻毛を切っていた。

 17時に夕食。
 まあこれもオカズはまずくはないが、ご飯がイマイチだったので持ってきたふりかけをかけて食べる
 リンゴはやはり友人待ち。。。

病院での夕飯

病院での夕飯

 さてこれでほぼいよいよ準備完了で、手術は朝8時からと告げられた。
夜8時以降は絶食で水も許されない。

 故に体力の問題もあり、早く寝た。

 翌日はいよいよ手術である。