Tag Archives: ベッド

中国で初めての東枕

 引っ越してみて初めて気が付いたことであるが、今回の部屋はベッドの向きが東枕になっている。

 以前の部屋は西枕だった。

 過去を振り返って思い出してみると、中国へ来て以来ずっと西枕で寝ていたような気がする。

 いや、それ以前の日本の生活でもあまり東枕では寝た記憶がないような気がする。

dsc07994

 
 まあ、枕が西だとか東だとかそんなことにどれだけの意味があるのかどうか分からないが、占い的なまやかしで考えると言うよりも、人間の身体が地球上で生きる物質であり、その60%が水分であることを考えると、休息を取る時間の寝る角度が、身体に何らかの影響を与えることがあっても不思議ではないと考えることはできる。

 そして南北には地磁気があり、血液の流れに影響を及ぼしたりフレミングの法則のような物理的反応が僅かでもそこにあると考えれば、昔から言われていること全てが迷信とも言い切れず、睡眠の向きというのは気にすることが可能ならば、従っていても損はないような気がする。

 そこで、ネットで色々調べてみると、まず俗に言われる北枕というのは実は決して悪くないようで、頭寒足熱の考えに沿えば理に適っており、死人を北枕に寝かせるのは再生を願うからだと言う事で決して悪い事ではないようだが、死人を寝かせる方角という悪いイメージだけが残ってしまい忌み嫌われているのが実態のようである。

 そして西枕も悪くない方向だが、熟睡しやすく落ち着きを得られる方角と言われる。
 これは推測してみれば西日の当たっていた西側は布団が温められており眠りやすく、朝日がなかなか顔にあたらないから目覚めが遅くなるからではないかと推測している。 で、肝心の東枕だが発展の方角とか早起きの方角とも言われるようだ。

 これは東からの太陽が早く顔に当たるため、早く目覚めることができ、早く目覚めれば早く仕事を稼働できれば人より早く発展できるし健康的な生活を送れる、そんな理由があるのではないかと思っている。

 残念ながら今度の新居には東側には窓がないため同様の効果が期待できるか分からないが、ただ東側に頭があるということは、地球の自転方向を考えると体は頭の方向に動いていることになり、血液の流れは足へ向かい頭に血が上らない状態で眠れるのではないかと考えると、それが健康に何らかの影響を及ぼす面もあるような気がしている。

 最後に南枕だがあまり熟睡できない方角のようで、常に顔に光があたっているからなのか栄誉・人気とかという面では良いようだが健康には不向きらしい。

 まあ信じるか信じないかはともかく、今回枕の向きが変わったことで何らかの発展があることを是非祈りたい。


あばらの痛み

最近、左の脇の下の近くのあばら骨付近がずっと痛い。

 クシャミなぞすると、とっても痛みが響くので迂闊にクシャミも出来なくなった。

 内臓の痛みではないし外観上は傷やアザもないので、病気とか強く打ったとかそういうことではないと思っている。
 
よほど医者へ行こうかと悩んだが最近どうやら収まってきたようで結局医者へは行かずに現在は様子を見ている状態となっている。

 最初はそんなに長引く痛みとは思わなかったが、ここ数日だいぶ落ち着いたものの、痛みとしては結局一週間くらい続いていたことになる。

 果たしてこの痛みの原因はなんであろうと悩んでみたところ、何となく思い当たることが一つだけあった。
 

 それは先日服のまま寝てしまった時、朝起きた際に携帯電話が寝床の上で非常に熱くなっていたときがあった。
 恐らく胸ポケットあたりに入れたまま眠りに落ちてしまい、携帯電話を下敷きに寝ていたようだった、、、だったというのは確証はないのだが恐らくそうであろうということだと思っている。

 そして今のあばらの痛みである。

 つまり、自分のこのアバラあたりに携帯電話を押し付けたまま寝たので打ち身的な状態になったのではないかと推測が成り立つ。

 うーん、そんな原因で一週間も痛むのか?

いまだ明確な答えが得られず悩んでいる自分である。


脚がつって目が覚める

今朝はここ数日より思ったより冷え込んだ。

 まあ冬場の真ん中の時期だったら、部屋の中を暖かくして寝るので心配はないのだが、昨夜はお酒が少し入ったせいもあってちょっと油断をしていた。
 暖かくするのを忘れて寝付いてしまったのである。

 故に、朝起きた時には部屋が冷えていた。

 そして、いつも寝相の悪い私は足を布団から出して寝ていたようである。

 「うっ!」

 右足のふくらはぎの痛みとともに目が覚めた。

 足がつった。

 脚が冷えてつってしまったようだった。

 足の痛みに、アキレス腱を伸ばそうとベッドの上に立ち上がり壁に手をついた!
つもりだったがバランスを崩してベッドの上から落ち、よろめきながらベッドわきの家具に激突した。

 電話の受話器が落下し、ツーツーといっている。

 ようやくこの時点できちんと意識がはっきりしてきた。
 受話器を元に戻して、体制を取り戻した。

 ベッドから落ちたさいに、左手の親指をぶつけたようで、ちょっと痛い。
よく見ると爪の下がちょっと内出血している。

 体も変なひねり方をしたのか肩や背中が痛い。

 つった脚は治ったが、まだ違和感が残っている。

 実は前日の朝もやはり同じところがつっていて、癖になっているような気がする。 

 幸い指以外に大きなケガは無かったが、目の覚め方としては史上何番目かに最低の覚め方の今朝の目覚めである。

 寒さと暖かさが交錯するこの時期は気をつけなくちゃいけない。


入院始まりました。

 昨夜入院の荷物をあれこれまとめているうちに、時間が遅くなってしまい寝不足での病院へ訪問となった。
 結局なんだかんだスーツケース一個分の荷物を持ち込むことにしたので、タクシーで向かおうとしたのだが、生憎の雨模様でタクシーがつかまらず、地下鉄での移動となった。

外国人専用階エレベーターの標識

外国人専用階エレベーターの標識

 さて、今回は外国人専門階ということで、一般の患者さんたちと同じ入り口から入るも専門エレベーターで17階へ。

外国人専用階へのエレベーター

外国人専用階へのエレベーター

 すると日本語の上手なナースさんが迎えてくれ、早速病室へ案内される。

 その時の到着時間の時計がなんと9時42分。。。。(ちと数字が悪いかも)

外国人専用階の病室

やや古めかしい

 さて案内された病室は、ちょっとばかり古めかしい印象の内装の個室。
 中国のローカルなマンション特有の内装の雰囲気である。
パステルカラーのソフトな印象の病室のイメージとはちょっと遠いオールドファッションな病室である。

 まあ今回は数日だから良いが、長期だとちょっとそれほど居心地が良いとも言えなさそうである。
 最初は午後から他の広い部屋へ移るかもしれないなどの話もあったが結局それも立ち消えとなり結局この部屋に落ちついた。

外国人専用階の病室

外国人専用階の病室

 まあさすが17階というだけあって窓からの眺めは素敵だがこの日は天候が悪く見えるはずの陸家嘴などは見えなかった。

病室からの景色

病室からの景色

 部屋にはシャンプーや歯磨き、スリッパなど、基本的な日用品は一応揃っているようなのだがバスタオルの類は見つからない。
 まあこの辺は持参して良かったというところ。

病室の衛生用品

病室にセットされていた衛生用品

看護婦さんたちは完ぺきに日本語が通じる人は少ないが、必要最低限度は通じるのでほぼ事足りる感じである。

 取りあえず、入院が始まったご報告である。