Tag Archives: 入院

入院始まりました。

 昨夜入院の荷物をあれこれまとめているうちに、時間が遅くなってしまい寝不足での病院へ訪問となった。
 結局なんだかんだスーツケース一個分の荷物を持ち込むことにしたので、タクシーで向かおうとしたのだが、生憎の雨模様でタクシーがつかまらず、地下鉄での移動となった。

外国人専用階エレベーターの標識

外国人専用階エレベーターの標識

 さて、今回は外国人専門階ということで、一般の患者さんたちと同じ入り口から入るも専門エレベーターで17階へ。

外国人専用階へのエレベーター

外国人専用階へのエレベーター

 すると日本語の上手なナースさんが迎えてくれ、早速病室へ案内される。

 その時の到着時間の時計がなんと9時42分。。。。(ちと数字が悪いかも)

外国人専用階の病室

やや古めかしい

 さて案内された病室は、ちょっとばかり古めかしい印象の内装の個室。
 中国のローカルなマンション特有の内装の雰囲気である。
パステルカラーのソフトな印象の病室のイメージとはちょっと遠いオールドファッションな病室である。

 まあ今回は数日だから良いが、長期だとちょっとそれほど居心地が良いとも言えなさそうである。
 最初は午後から他の広い部屋へ移るかもしれないなどの話もあったが結局それも立ち消えとなり結局この部屋に落ちついた。

外国人専用階の病室

外国人専用階の病室

 まあさすが17階というだけあって窓からの眺めは素敵だがこの日は天候が悪く見えるはずの陸家嘴などは見えなかった。

病室からの景色

病室からの景色

 部屋にはシャンプーや歯磨き、スリッパなど、基本的な日用品は一応揃っているようなのだがバスタオルの類は見つからない。
 まあこの辺は持参して良かったというところ。

病室の衛生用品

病室にセットされていた衛生用品

看護婦さんたちは完ぺきに日本語が通じる人は少ないが、必要最低限度は通じるのでほぼ事足りる感じである。

 取りあえず、入院が始まったご報告である。

全身麻酔の苦い思い出

いよいよ明日に迫った入院だが、手術自体は恐れていないものの全身麻酔であることを思い出して、少々気が重くなっている。

 というのは遥か昔にやはり手術で全身麻酔をしたときに非常に苦しい思いをした苦い思い出があるからだ。

 あれは、高校1年の夏のことであるから、既に20年以上前のことになってしまうが(泣)、柔道をやっていて鎖骨骨折をした。

 そして止せばいいのにケガをした後もあまり大人しくしていなかったものだから、骨が飛び出し開放性骨折となってしまい、結局入院・手術となってしまった。

 で、全身麻酔をしてボルトを埋め込む手術をし、手術自体はうまく行ったのだが、麻酔から覚め正常になるまでが地獄であった。
 あんなに気分が悪く吐き気があり、痛みがあり辛かった時間は生涯においてあの時を置いて他にないほど苦しかった。

 今回、全身麻酔という言葉を聞いて、そんな記憶が蘇った。

 あの時は申告より体重が軽くなっていて、実は麻酔が効きすぎたんじゃないかとか今でもいろいろ思案するが、実の事情は分からない。

 他の人もあんなに麻酔明けが苦しいのかどうか知らないし、今回と前回がどのくらい違うのか分からないが、思い出すとやはり不安である。

 手術そのものは恐れていないがやはり全身麻酔に対しては不安が残る。

 今回は無事済んで欲しいと祈るばかりである。

入院するとモテる?

今回の入院について入院の日程をMSNの名前のコメント欄に記載しておいたら、色んな人が心配して声をかけて来てくれた。

 「大丈夫?病気なの?」

 まあ正直なところ、病気としてはそれほど重い内容ではないので、あまり心配されてしまうと恐縮するのだが、一応説明してもやはり「入院」とか「手術」とかという言葉には非常に重い物を感じるらしく、やはり心配してくれる。

am500_an014

 私だって友達が「入院」とか「手術」と聞いたらやはり心配するだろう。

 こうして、瞬く間に沢山の中国人の友達がお見舞いに行ってあげるよと声をかけてくれた。
 人生のうちでこんなにモテた時期があっただろうか?と思えるほどの勢いである。

 でも私が入院するのたった4~5日なのでそんなに来られても、ちょっと大変かなぁという気もする。

 でもそうやって声をかけてくれるだけでもとっても有難い。
「情けは人の為ならず」がようやく自分に帰ってきたという印象である。

 まあ普段からこんなにモテたらいいなぁと思うがバチが当たりそうなので、その想いはちょっと仕舞っておこう(笑)

iframe src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=mondejapan-22&o=9&p=12&l=st1&mode=books-jp&search=入院&fc1=000000&lt1=_blank&lc1=3366FF&bg1=FFFFFF&f=ifr” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ width=”300″ height=”250″ border=”0″ frameborder=”0″ style=”border:none;” scrolling=”no”>

中国での入院準備

入院が決まり、早速土曜日の朝に血液検査を受けてきた。
腎機能と肝機能のチェックということで、まあ手術に耐えられる状態かの基本チェックであろう。
 今回特に怖いことはないと思うが、やはり入院となるとちょっとドキドキしてきた。

 さて入院に際して、分からないところをいろいろ質問をぶつけたところこんな案内が来た。

①入院の流れ
   1日目:検査、注意事項などの説明
   2日目:手術(当日は全身麻酔により術後は要安静)
   3日目:術後経過観察(術後順調であれば、この日は通常通りの生活可)
   4日目:退院

②持ち物
   パスポート、保険証券、下着など。
   洗面用具、タオル、パジャマなどの生活用品は全て病院に有るが、
   自身で好きなものを持参してもよいとのこと

③インターネット
   使用可能。

④●●医院 国際医療部について
 
   ●●●●●●●XX楼(専用エレベーター有り)
   ℡:(021)XXXX-XXXX(日本語可)
   ★日本語ができる医師及び看護士が24時間体制でいます。

 まあこれを読んだところでどうなるものでもないのだが、分からないより何となく安心だ。

 ネットが繋がるということでこれが一番の安心。

 入院中、どの程度パソコンと向き合えるか分からないが、もう生活必需品なので手元に無いというだけでやはり不安なのである。

 それと日本語が通じる環境というのもやはり安心要素かもしれない。

 まあ日常の会話程度にはそれほど苦労しなくなった私だが、やはり病気の時に外国語で話せる思考状態になるかどうかは分からないので、最低限通じるのは安心である。

 さてさてそろそろ荷物の準備ですね。

iframe src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=mondejapan-22&o=9&p=12&l=st1&mode=books-jp&search=入院&fc1=000000&lt1=_blank&lc1=3366FF&bg1=FFFFFF&f=ifr” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ width=”300″ height=”250″ border=”0″ frameborder=”0″ style=”border:none;” scrolling=”no”>

仕事を押し付けないために

今回手術を受けることを決めたのはいいが、日程を決めるのにちょっと苦労した。

 3~4日の短期とは言え、入院してしまえば仕事にそれなり影響は出る。故に仕事に一番影響の少ない休み方を探す必要があった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ数日休んだところで致命的な影響が出るわけじゃないにしろ、現場はやはりずっと動いているわけで、一人が休めば私以外の誰かに何らかのしわ寄せが少なからず出る。

 どんな業種でも対外的には現場として動いている状態にしておくのが一つの信用でもあり、やはり私が休むからと言って私の持ち場が全く止まってしまうような休み方は避けなければならないのである。

 故に、仕事への影響を最小限に抑えるために休む時はやはりそれなりの根回しが必要になり、そのためのコミュニケーションは普段から取っておく必要がある。

 別におべっかをいちいち使う必要はないが、少なからず自分の時間を犠牲にしてでも助け合う姿勢を見せておかないと自分が困った時に助けてもらえない。

 ある意味恩を売るというか、情けは人のためならずというか、とにかく普段からのコミュニケーションがイザという時に役に立つ。

 しかし世の中には普段は人から助けてもらってばかりいるくせに、それを当たり前のように受け取り、全く返さないことを当然と思っている奴もいるようで、下記のネットで見つけたコラムを読んで私の他にも同様のことを感じている人が沢山いると知って笑ってしまった。

 《たぶん頼まれた仕事を断るのが下手なんでしょうが、やたらと色んなプロジェクトに参加していて、全てが中途半端になっている先輩がいます。結局、キャパシティを超えて色んな人にヘルプを頼んでは迷惑をかけている…。でも彼は“俺は仕事ができるから引っ張りだこになっている”と思っていて、自分が原因で修羅場になってもむしろ被害者ヅラ。仕事を安請け合いして他人に尻ぬぐいをさせている自覚を持ってほしい、、、》(R25WEBより)

 こういう人は実は関わる仕事一つ一つの重みが分かっていなく、他人の現場がずっと動いていることもわからないから、自分が本来やるべき仕事のキャパも領分も測れず、一方の仕事があるのに他方の仕事に手を付け結果的に無責任になるのだと思う。

 そういえばレギュラーの仕事に平気で穴を平気で空けてまで、やたら講演だのテレビ出演だの目立つ行動をブログで報告する人もいたが、その実際は上記のコラムの人同様であった。

 まあ今回は他人の振り見て我が振り直せということで、人にかかる迷惑を最小限にして休もうとは思っている。