Tag Archives: 東方明珠塔

観光客にも便利な浦東の路線バス「金融城1線」

 先日、外灘からフェリーに乗って浦東側に出た時に、便利なバス路線を発見した。

 フェリーの東金線を下りた目の前には普段から観光客用のオープンバスが常に待っているだが、観光客用であるためほんのちょっとの距離を乗るのに30元ほど取られ、観光客ならともかく、一般の生活物価感覚で乗るには高すぎてとても乗る気に慣れない。

 かつて知らずに迂闊に乗ってしまって苦い思いをしたことがある。

 故にその後はフェリーを下りたら歩くようにしていたのだが、今回のバスはそれを不要にする発見だった。

 今回見つけた金融城1線はどうやら最近走り始めたようで、浦東陸家嘴のビジネスマンたちが利用するための路線らしく、そのため陸家嘴地区内を実に便利なルートで走ってくれる。

金融城1線の情報案内

金融城1線の情報案内

 ただそのルートの便利さはバス停の表示ではわかり難いので、自分用の意味も含めてお節介にも地図の上に乗っけてみた。

 

金融城1線の走行ルート

金融城1線の走行ルート(赤が北行き 青が南行き)

すると、陸家嘴の地下鉄駅にも接続することがわかり、しかも駅のそばということは東方明珠塔の前ということになるので、観光客にも都合のいいルートなのである。

 しかも運賃はたった1元!

 これが決定的である。

 もちろん、路線バスであるが故に、優しい観光ガイドなどは全くないが、この30倍の価格差を考えればどうってことはない。

 ぜひぜひフェリーで渡って観光をする人にもお勧めしたい路線である。

東方明珠塔はカリン塔のパクリ?

今日、たまたま浦東のレストランで食事をしたので、その帰りにふと目の前の東方明珠塔を見上げたところ、どうも何かに似てるなぁと感じた。

東方明珠塔

東方明珠塔

高い支柱の先に球体の物体がのっており、そこから伸びた支柱の上にさらに球体が乗っている形。
天候が悪かった今晩は、その更に上の塔が見えず、球体の底が最上部のように見える。巨大な建物ということもあり、球体の部分は下から見上げると完全な球体ではなく、若干球体を押しつぶした饅頭型のような形に見える。さらにその球体の周囲に帯を巻いたように展望客用にガラス窓があってそこだけ色が違う。

東方明珠塔の上部は霧の中

東方明珠塔の上部は霧の中

 うーん、この見上げた角度とあの巨大な球体、、、なんであろう?

あ、カリン塔だ

そう、あのドラゴンボールに出てくるカリン塔のことである。
森の真ん中に天高く伸びる塔が聳え立ち、その上に猫の姿をしたカリン様の住む宮殿があり、さらにその遥か真上に神様の宮殿があるというあのカリン塔である。

この東方明珠塔も大地から天に向かって塔が伸び、その上にカリン様の宮殿のような球体の展望台がある。その上の柱の先にも神様の宮殿のような球体が見える。

 柱こそ3本あり、根元には斜めの支柱が存在してオリジナルとは違うが、球形の物体が柱によって重なる構図はまさにカリン塔を凝縮したような建物である。

 ま、まさかこの東方明珠塔のデザインはカリン塔をパクった?パクリ商品天国の中国だけに、冗談とも思えないような自分の推測にちょっとドキッとした。

 いま世界で一番勢いのある上海の風景を象徴するこの塔でさえ実はデザインはパクリなのか?世界に唯一無二の上海のシンボルとして、その独創的なデザインに今まで感心してきた自分だけに、どこかがっかりした発見である。

 ちなみにこの塔がオープンしたのが1994年10月1日で、ドラゴンボールが日本で登場したのがその約9年ほど前なので、東方明珠塔がデザインされる前にカリン塔は既に世の中に出ている。故にオリジナルが逆ということはまず有り得ず、東方明珠塔のデザイナーがドラゴンボールのカリン塔を事前に見ていたという可能性は十分有り得る。そこでデザインをパクッた可能性も否定し切れない。パクリというと失礼に当たるかもしれないが少なくとも大いに参考にした可能性は高そうだ。

 もっとも、ドラゴンボールそのものが元々中国的雰囲気を持った漫画であったため、カリン塔のオリジナルが更に中国のどこかにあるということもまた十分に考えられる。
そういった眼でこの建物を眺めると非常に興味深い。