Tag Archives: 一週間

日本人は一週間後までの予定を決めている。

 すっかり中国生活になれてくると、中国的な予定変更の多さにもかなり慣れて来るのだが、間もなく10年が経とうとする自分でもやはり現地の人間との感覚には明らかな差がある。
 その一つが近未来に対する予定把握の度合いというか構え方である。

 まあ私自身が本当に日本人全体に近い傾向にあるかどうか自信が無いのだが、日本人というは日常から未来に関してある程度の想定が出来ており、未来一週間程度の予定を常に意識して生きている習慣のある民族だという気がしている。

 そんなにはっきりした決定事項ではなくても、例えば明日は午前中にこれをやって、お昼はこれを食べて、午後は問い合わせに備えて、夜はあの店に行って酒でも飲もうか、などという想定がおおよそ決まっている。

 もちろん変更できないほど固定された予定ではなくても、一応一週間分の予定を予め決めてあるのである。

 そのため、水曜日は人に会うので前日に餃子は避けようとか、金曜は見たいドラマがあるので、木曜のうちに仕事を片付けてしまおうとか一週間程度の期間の中である程度調節を行って未来一週間程度の行動計画を立てている。

 行動だけでなく服なども、水曜に人と会うのであの服を着たいから、今日はその服は着ないとかそういうことを考えながら未来の予定が決まっており、このような、未来の予定を想定した中で生活を行っている人が多いという気がするのである。

 ただ、ある意味計画的だと言えるこの生活の仕方は、逆に言うと直近の予定変更には非常に弱いものとなる。

 例えば実施日まで一週間を切ってからの日程の突然の変更や追加、特に2~3日後の差し迫った時期に対する変更は、変更によって及ぶ影響が大きく、変更された側はとても焦る。

 しかも変更のドミノ倒しで影響を受ける出来事が、変更の利きにくい事柄である場合もあり、状況によってはかなり慌てることになる。
 更に言えば、例え元々大きな予定のない日・時間帯に対する新規の予定追加であっても、本来はその時間帯にやろうとしていた仕事がぼんやりとあった訳であり、予定の追加によりその時間が使えなくなることの影響がないわけではないのであり、やはり慌ての原因となりやすいのである。

 これらの点、中国人はそもそも発想の根本が違っており、臨時の変更などには物怖じしにくく、意外と平気で予定変更を受け入れる、
 しかし、これは日本人ほど未来の予定を意識して行動していない裏返しであり、変更のドミノ倒しのとばっちりが何の予告もなく降って来たりする。

まあこの中国人たちの習慣に関しては、外野からとやかく言うことではないのだが、そのままの感覚で日本人に対して計画変更や新規の用件をぶつけてくるのはやはり勘弁してほしいというのが最近感じるところである。

在外選挙はなるべく平日に

 昨日、日本の領事館の方にお会いする機会があったが、その際今は衆議院銀選挙を控えているので準備が大変だと言っていた。

上海の領事館の管轄エリアで6万人の居住届けをしている人がいるが、そのうち在外選挙登録をしている人は6千人程度とのこと。

子供に選挙権は無いのでそのことを割り引いても、届出の10%とはまだまだ少ない。

 とはいえ6千人である。

 在外投票の投票期間は8月19日~24日の1週間あるとはいえ、領事館をひとつの投票所と捉えた場合、抱える有権者の数は物凄く多い。

 日本の投票所の設置基準がどのくらいの人口当たりで設置されているのかしらないが、3000人以内とかそういう数を聞いたことがある。そう考えると6000人はすごく多い。

 しかも有権者は普通皆仕事を抱えている大人たちだから、結局は土日に集中する。開館時間もそれほど長くないので、時間当たりの投票者数は相当な数に上る。
 しかも領事館に行ったことのある方はご存知かもしれないが、領事館の入場はセキュリティチェックやらなんやらで、結構手間がかかる。

 すると当日長蛇の列ができることが予想され、真夏の炎天下の中投票のために何時間か待たされるかもしれない事態になるかもしれないと、その領事館の方は言っていた。

 故にできることなら平日に来て欲しいといっていた。

 うーん、そう考えてみればその通りである。

 どうしても平日に職場を離れられない方ならともかく、主婦の方などは平日に赴いたほうが賢明かもしれない。

 私もこの話を聞いて、もともと土日に選挙に行くことを考えていたが平日に行こうと考えを改めた。

 平日ならば、のんびりおもてなしができますので、是非平日においでくださいと冗談交じりに領事方は言っていた。皆さん選挙はなるべく平日に行きましょう!

あわてんぼうの女の子

「555(うーうーうー)道に迷った!住所教えてください」
昨日の夕方突然、知り合いの中国人の女の子から携帯にメールが入った。

なんだ、なんだ?全く心当たりもないメールに戸惑った。
確かにその子は可愛い女の子だったが食事に誘ったようなこともないし、もちろん家にきてもらうような約束をした覚えもない。
恐らく、友達の家に行くのにメールを送り間違えたんだろうなと思い、
「あなた送り先間違えたでしょう?」とメールしたら、どうやら送り間違いではなく私の友人の家の住所を教えてくれと返事がきた。

そこでピンときた。

 実はその友人の家で来週、その女の子も含めてパーティがあることになっていた。
つまり彼女は開催日を一週分間違えて覚えているのではないかというわけである。

そこで私は彼女に電話して、
「あなたはもしかしてパーティに参加するために来たのか?パーティは11日だよ」と教えたら
「そうですよ、今日は11日でしょ」
「今日は4日だよ」
「ええええ・・・」
なんと彼女は、パーティの日付を勘違いしていたのではなく、その日の日付の認識が間違っていたのである。

「うわぁ、めっちゃ恥ずかしいわぁ」と彼女は赤面していた(電話なので顔は見えなかったが)

 結局食事の予定が勘違いで飛んでしまった彼女は、近くのレストランで一人で食事をとってとぼとぼ帰ったらしい。

 私も曜日だけ覚えていて日付を覚えず、週を間違えることはたまにあるが、当日が何日かを一週間単位でずれて認識するようなことはまずない。

 まあそれを覚えてなくても生活できてしまうのが中国という国なのかもしれないが彼女の心境を察するにとっても可愛らしく可笑しかった。

 昨日、大した予定もなくだらだらと過ごしていた私にとって、彼女の可愛らしい勘違い振りは一喝の清涼飲料水のような楽しい出来事だった。
 彼女は来週会ったらどんな顔するだろう。ちょっと楽しみだ(笑)

曜日リズム感覚のない中国

上海で仕事をしていて、時々感じるのは中国人には曜日という感覚があまりない。
 あるのは週末の休みの区分だけで、月曜だからどうとか金曜だからどうということはまりないらしく、おおよそ平日と休日の区分しかない。
 これはテレビ放送にも言えて、中国のテレビ放送は、ジャンルごとに専門チャンネルとなっている理由が大きいのかも知れないが、日本の月9のドラマとか、一週間に一回の放送枠というような番組の組み方はされず、例えば30話のドラマなら、平日に一日3話ずつで3週間で一気に放送してしまう。なので、一旦一つのドラマを見始めたら見終えるまで毎日定時退社しなくてはならない(笑)

 こんなテレビ放送の習慣だから、見る側も月曜だからあの番組、火曜は見る番組がないから残業するといった一週間のリズムが大よそつかず、結果として月曜から金曜まで並列な扱いになってしまうのだ。
 そもそも、中国語の曜日の呼び方は星期一から星期六と、週休1日制の名残なのか日曜日だけの星期天のように特別扱いで、月曜から土曜までは序列の番号を便宜上与えられただけの輸入された文化だということがわかる。

 七曜暦という呼び方は古くからあったようだが、生活のリズムをそれにあわせていたわけではなく、それ以外はのべつまくなしに働いていたようで、正月やごく僅かな期間の休みしかなかったようだ。
 そういった農村的習慣から、ようやくこの20年ほどの経済発展で1週間に1回あるいは2回休むという近代の労働習慣が入ってきたのだが、社会全体の人間のリズムがまだ追いついておらず、1週間というリズムが身についていないように思える。

 もっともこういった事情は日本も同じようで、1週間を7日とする曜日という文化が入ってきたのは、明治以降になってからのようで、それ以前の農民たちは休みなくほとんど働いていたようだ。

 よく今の中国の状況を日本の昭和30年代の高度経済成長に例えている人がいるが、私が感じている今の中国人の社会習慣は日本の明治維新のほうが近いのではないかという気がしている。