Monthly Archives: 6月 2018

上海で昼間に2件の通り魔発生事件で子供が犠牲に

 日本では新幹線での殺人事件や富山での拳銃強奪事件が起きて、社会に衝撃を与えているが、今日上海でも今日通り魔事件が起きたようである。

 現場は上海南駅の北側にあたる地区で小学生の子供3名と保護者の女性1人が小学校の校門前で、29歳の男に野菜包丁で切り付けられたようで、2人の子供が病院に運ばれたが亡くなったとのこと。

 実際現場で犯人が取り押さえられている状況や、切られた子供が血を流して倒れている生々しい映像が出回っており、騒々しい状況だったことが分かる。

 犯人はすぐに警察官に取り押さえられ、足で頭を踏みつけられるような状態で手足を後ろ手に縛られ、吊るされるように連行される姿の映像もあった。

 警察発表によると、社会への報復を念頭に凶行に及んだとのこと。

 そして、立て続けに人民広場近くの寧海路でもやはり通り魔があったとの情報が流れてきた。
 こちらは、正確な現場の情報とかが今の時点でメディアには流れていないようなので、フェイクである可能性も現時点では否定できないが、一応動画では被害者と思しき人物が布にくるまれ、運び出される様子が写っていることから、事実なら亡くなった方がいたということなのだろう。

  ちなみに一件目の事件は広く流布されているため実際にあった事件であることは間違いないようである。

 一見平和に見える上海でも、日本同様に危険が転がっていることを知らせるこの事件であり、日本だからとか中国だからとか区別なく日常から警戒を要するこの状況である。
 特に今日は満月であるらしく、事故などが起きやすい日とも言われていることから外出する際は日中問わず気を付けたい。

外務省発行の海外安全マニュアル

上海に馴染める日本人・馴染めない日本人

上海には毎年多くの駐在員さんが入れ替わり立ち代わり派遣されてくるが、これらを見ていると上海生活に馴染める人と馴染めない人がいるのが分かる。

このうち知り合えるのはほとんど無事に馴染んで駐在業務をこなしている人たちばかりなので、馴染めない人の実態はあまり把握しづらい。
しかし、そういう人達が実際いるという状況は時折噂が漏れ伝わってくる。

そもそも派遣される前に拒否している人や、家族が中国というだけで拒否反応を示し帯同を拒否されて単身赴任になったケースも少なくないと聞くが、まぁこれらは実際来れば馴染める可能性もあり、実際本当に馴染めないのかどうかは分からない。

最も上海に馴染めないタイプの人としては、やはり神経質で几帳面な人が多いようだ。
血液型で言うとA型というか、その中でもAAタイプの性格イメージの人。

こういうタイプは、中国の持つ大陸的気質や、町中にまだ散見される不潔な環境の部分、或いは大気汚染、そして日本メディアの情報として伝わる中国の様々な悪い多くのイメージに意識が潰されてしまうらしい。

これらの方々はおおよそ赴任直後から職場と自宅の往復ばかりで週末は家に閉じこもりきりとなる場合が多く、2~3か月でノイローゼ状態となるらしい。
そして終いには体調を崩して帰国してしまうパターンが多いようだ。

場合によってはもっと切羽詰まった状態になり、部屋をそのままにして誰にも告げず勝手に日本に帰国してしまったようなケースもあると聞く。

そこまで酷くなくとも、1年ほどで心身ともに疲れ切ってしまい、ギブアップして帰国されるようなケースは意外と多いようだ。
実は、数年前に実際にそうなってしまった人と倒れる直前に話をする機会があったのだが、口から出てくるのは中国人スタッフに対する愚痴ばかりで、文化や考え方の違いにアジャストできない状況が良く分かったのである。

そしてその人が直後に倒れたと聞いて、驚きもしたが納得もしたのである。

まあ、そこまで追い込まれなくても、日本との文化やリズムの違いに普段からイライラしている人も時々見かけ、性格上の理由で馴染めないのはいかんともしがたいようだ。

じゃあ逆に馴染める人というのはどういう人か。
これは良い意味でも悪い意味でも、アバウトな性格の人が基本的に合うという気がする。
悪く言えば、ちょっといい加減というのか、そこそこ適当な人間である。

時間やルールに対してはアバウトに向き合い、本質的に失敗しなければ細かい部分を気にしない性格ということになる。

血液型のイメージで言うと、B型とかO型のタイプであり、実はこれは中国人の血液型分布の主力と一致する。
言うなれば中国人の社会はB型やO型気質が支配する社会である。

B型やO型の日本人は、仕事や日常に対してそこそこ適当に構える中国人気質と一致するのであり、中国人社会と馴染みやすい性格で、即ち上海に馴染める性格となるようだ。

 また上海に来ている駐在の奥さん達の話も時々聞くが、中国に来る際に周りからは心配されたが、上海は来てみれば非常に暮らしやすく、駐在だから待遇も良いので生活はルンルンで、帰らないで済むのならもう暫く住み続けたいと言っている人も少なくないのである。

かくいう自分も上海生活は10年を超え、ほぼ干支を一回りする状況になってきたわけであり、上海に馴染める適当な人間であることは自認している。

大阪北部地震の被害に見る日本の耐震化の進展

 先日の6月18日、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が起きた。

 報道によると、一昨日19日現在でこの地震により4名の方がなくなり、負傷者376名、住宅の全半損壊が252棟あったと報告されている。
 工場なども一部壊れたり、ガス水道などのインフラ復旧にも数日かかっている場所があるようだ。

 亡くなられた方の一人は9歳の女の子で、建築法違反であったプールの目隠しブロック壁の下敷きになって犠牲となったと報道され、世間の耳目を集めている。
 ただ亡くなられた方やケガをされた方は大変気の毒だが、大阪という大都会エリアにおいて震度6弱の地震が起きて、たったこれだけの死傷者の数で済んだというのはちょっと驚きでもある。

 しかも、現在関西圏は外国人観光客が非常に多く訪れており、人的な面でいえば地震という現象に未体験の人も少なくなく、そういった環境において大きな混乱もなかったということも含めて日本の地震対策は凄いなという感想である。

 一部では、電車の復旧まで7時間を要したことに不満も出ていたようだが、あれだけ大きな地震の後に、たった7時間で交通インフラが再開できたことのほうが逆に驚きであり、復旧に対して安堵の言葉ではなく不満になってしまう時点で、いかに現代の日本の社会の耐震化が進んでいるかを示している。
 それだけ阪神淡路大震災や東日本大震災の教訓を経て、都市の耐震化が進んでいるということになるのだろうか。

 地震被害の単純な比較はなかなか難しいが、2016年の台南地震では100人以上が亡くなり、2008年に中国四川省で起きた地震では1万5千人もの人が亡くなった。
これらと比べると今回ずいぶん犠牲者は少ない。

 もちろんゼロではなかったのだから人数の問題ではないのだが、やはり地震対策というところでは、かなり完璧に近いところまで来ているのが日本の現状なのかなという気がする。

 ただ天災に関しては油断大敵であり、手抜き工事や点検漏れなどをさせない厳しい社会の目が必要なことには変わりはなく、さらには各自の室内の地震対策や日常の防災意識の徹底は必要かなとは思う。

しかし日本国民が取り組んでいる都市の耐震対策の効果がかなり出たといえるのが今回の地震を取り巻く状況であったという気がしており、犠牲者がゼロになるよう、あとちょっとの差を早く解決してほしいものである。