消毒薬の乱用はかえって危険で感染しやすくなる。

 新型コロナウィルスが流行し始めてから、街のいたるところに消毒薬が置かれるようになった。

 アルコール消毒薬などをつけて、手を消毒しろというのである。

 ただこの対応は両刃の剣だという気がしており、自分の身を守るという意味ではやや危険な対応だと感じている。

 何故かというと、人間の手などにはそもそも常在菌が存在しており、この常在菌が日常から雑菌から我々人間の健康を守っている。
  これらの細菌は成長の過程で主に母親から受け継いできたものである。(「母親の細菌が決める子供の健康とスポック博士の育児書」)

 しかしながら消毒薬を使用することにより、これら常在菌を殺してしまい却って雑菌に対する防御を弱くしてしまう可能性があるということになるからである。
 もちろん消毒薬を付けた直後は、除菌されているから安全な状態にあるといえるが、その後に雑菌に触れた場合、防御できず手が荒れる、場合によっては腫れてしまうこともあるかもしれない。
 またその雑菌が常在菌に退治されない状態で自分の顔などに手が触れれば、口や目などを通じて感染することになりかねないのである。

 それ故に、手にはあまり薬用せっけんを使わないほうが良いようで、石鹸で洗い流すのが自分の身を守る方法としてはベストのようだ。

 もちろん飲食店などで従事する方は求められている衛生条件が違うので、素手で食品を扱うような場合はアルコール消毒などを行った方が良いが、自己防衛という意味においては、アルコール消毒はあまり利用しないほうが良いようである。

 これは、例えば人体のほかの部分に関しても同じで、、胃腸の中にも常在菌が存在していて、侵入してきた雑菌を殺して身体を守っている。

 そういった意味で、例えばマスクに消毒剤を吹き付けるような行動も諸刃の剣ということになる。

 最近のマスク不足で、マスクを再利用する際に消毒薬を吹き付け殺菌してから再利用するような方法が一部で推奨されているが、消毒後に十分乾燥させてから装着しなければ消毒薬を肺に吸い込む可能性がある。

 アルコール系は蒸発が早いので、あまり心配はないかもしれないが、塩素系などは残留して吸い込みやすく危険性が高い印象である。

 もし消毒薬を肺に吸い込んでしまえば、肺の常在菌が殺され、新型コロナウィルスなどの病原菌に窓を開いてしまうようなもので、防御を弱くすることになる。
 よって、消毒をして防御を強化したつもりが、却って防御を弱くする結果になりかねないのである、

 武漢などで防御などに抜かりのないはずの医師たちまでもが次々に感染し、亡くなっている事実が発生しているのは、実はこういった消毒薬による過剰消毒により、常在菌までを殺してしまい、防御が弱くなった結果感染したケースが多分にあるのではないかと想像する。

 テレビで異常なまでの量の消毒薬が街中に散布される状況を見て、消毒薬依存の対応がとても気になったのである。

 加えて過酷な勤務で抵抗力が低下し、命まで落とす結果に繋がっているのではないかと想像する。

 いずれにしても、人の身体は本来は常在菌で守られていることを十分理解して消毒薬などを使うべきであり、安易な乱用は控えるべきだと感じている。





にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ ブログランキング
上海(海外生活・情報) ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!
ブログの惑星ランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA