Monthly Archives: 11月 2008

今日のランチ「茄汁鶏香鍋」 一茶一座さん

最近南京西路を訪れることが多く、今日もなんの気はなしに昼間にここを訪れ、ランチは一茶一座さんでとることにした。
ここは色んな薬膳料理や、お茶が楽しめる店として上海の人間にとても人気である。
以前お茶で利用したことはあるのだが、先日食事も取れることを知り、今日はランチをここでとることにした。
で、注文したのが「茄汁鶏香鍋」ランチセット(48元)である。漢字で書くとちょっと難しいが、日本語で言うなれば「竜田揚げチキンのケチャップ煮」といったところである。

17009

 48元というのは上海のランチの相場からすれば若干高めだが、それなり質のよい食材となっており、日本なみのグレードとなっていると理解すべきであろう。
さてさて、お味のほうはというと、チキンがとてもおいしく、ケチャップの汁に漬け込むと非常にまろやかな味わいだった。変に刺激的な香辛料の演出もなく、やさしい味わいだった。
まるで日本の家庭料理を食べているかのような感覚で、汁に一緒に煮込まれていたたまねぎも結局全部食べてしまった。

店内もお茶が主力のお店らしく、あまりガタガタしておらず、のんびりした雰囲気が居心地よい感じだった 
 値段が安くないので年中は通うのはちょっと大変そうだすが、ファミレス的な感覚で友人とちょっと食事するには割りと適当なお店で重宝しそう。

一茶一座 南京西路店
上海市南京西路996号2楼
(021)6217‐0492

足を捻る

どうやら昨日の朝、寝起きにちょっとバランスを崩したときのときのことが原因のようで捻挫をしてしまった。

 朝、捻った時点では痛くもなんともなかったのだが、出勤時に歩いていると捻った右足だけちょっと長くなったような感じでびっこを引いている自分に気がついたのだがこれといった痛みもなく、歩くのに不便な理由がその時点ではわからなかった。

 ただ、若干足の感覚の鈍さのようなものはあった。そのあと出勤するまではなんともなかったが、足の反応が鈍いせいで路上で何度も段差を踏み外したり、つまずいたりした。こういう繰り返しが追い討ちをかけて効いたのかもしれないが、結局足が腫れたようで、皮膚が感覚が非常に鈍くかつ、筋肉が痛いことに気がついた。捻挫のようである。

 こりゃいかんと慌ててシップを買ったが、結局今日の時点までまだ痛みは取れていない。足が痛いとか、体のバランスが崩れ、腰や背中など色んなところに影響が出てくるので注意が必要だ。この足を引きずりながら今日も外出である。
 ただ収穫があったといえば「足を捻った」という中国語の表現を覚えたことであろうか。。。気をつけよう。

忘年会などに便利なバイキングレストラン発見!

先日、兵庫県人会でこのホテルの潮州料理のほうを利用させていただいたのだが、その際にこちらのホテルの小澤総経理様に薦められて再度訪れたのがこちらの神旺大酒店のバイキングレストラン「バビロン」である。

16912b_2

 刺身など日本的な食材から、台湾系のそばまでいろいろな食材が取り揃えてあり、女性が喜びそうなケーキやアイスクリームなどのデザートメニューも豊富でメニューの幅の広さには結構驚いた。

16912b

 実はこのレストランのシェフは数々の大会で合計4つもの金メダルをとった折り紙つきのシェフだという。前述の総経理様のお気に入りの自慢のようで、確かに味は薄っぺらではない安心感があり、刺身なども食べてみて納得の鮮度である。

16912

 これだけ食べられて、何と飲み物込みで128元/人である。特に今はオープン期間中ということで非常に良い食材を選んで使っているとのこと。こんなところに更にお得感がある。
 デートにも使えそうな綺麗な個室もあり、5~6人の小さなグループから、部屋をぶち抜けば30人くらいまでは収容できるということなので、忘年会などの会合にもちょうどいい。

16912_2

 これから12月を迎えて忘年会のシーズンになるが、日本人のお客様にどんどんと利用して欲しいと小澤総経理様もおっしゃっていた。
 古北や徐家匯からもそれほど遠くなく、ロケーションも良い。
もしまだ予定が決まっていなく迷っている方がいたら、選択肢の一つとして候補に上げて欲しいお店だと思う。
まずは是非一回お試しを!

神旺大酒店「バビロン」
宣山路650号
(021)6145-1111(代表)