Tag Archives: 張芸謀

詰まらない「印象西湖」

先日ある機会あって、映画監督のチャンイーモー演出だという杭州の西湖で行われる「印象西湖」を見た。

 個人的には北京オリンピックの開幕式以来すっかり嫌いになってしまったチャンイーモー監督だが、今回は見なければならない状況の流れと、見ずして批評するのもまた流儀に反するので見ることにした。

 さて、まあ見た感想とはいうとやはり期待に反せず詰まらなかったというのが正直なところ。
 あのライティングが美しいという人も世の中にはいるが、私から言わせれば彼は舞台に関しては完全に素人の照明家である。
 映画ではシーンを細かくカットしていき、アップもロングも自由自在だからライティングの美しさを多少表現できるのかもしれないが、ライブの舞台ではそうはいかない。

 本来はライブの空間では観客との距離を十二分に意識した舞台側のエリア構成や、アクティングエリアの構成が行われるべきなのだが、この印象西湖は観客と舞台の大きさのバランスがまるで考慮されず、表現される映像と観客の距離感がまるでぐちゃぐちゃなのだ。

 ただ単にSS(サイドスポット)やピンなどを面白がって使って人物やものを浮かび上がらせているだけで、あれでモノを美しくみせているつもりなのかもしれないが、ほとんど素人照明家のバカの一つ覚え的な灯りの使い方しかできていない。

印象西湖

印象西湖

 さらにこの印象西湖を詰まらなくしているのが、有るのか無いのかわからないストーリーが、全く伝わってこないということだ。

 恐らく西湖に伝わる有名な古事記の一つを表現しているはずなのだが上述のスペースの使い方のダメダメさ加減が、ストーリーを伝える以前の問題にしてしまっている。

 故に映像やストーリーに引き込まれもしなければ、見終わったあとに何も残らなかったというのが正直な感想である。
 ただの素人照明家の詰まらない照明表現を見せられたという感想しか残らない。

 無論この演出に何も感じていなかったのは決して私だけではなかった。

 それが証拠に終演後、大きな拍手もなく詰まらなそうにダラダラと帰っていく中国人団体客の姿があり、それが非常に印象に残った。まさかそういった意味での「印象西湖」ではあるまい。
 こんな演出にお金を払って時間を消費したツアー団体の参加者が非常に気の毒に映る。

 まあこの「印象西湖」には多くの若者がエキストラで参加しており、彼らに仕事を与えるための一つの観光産業として興されたのがこの「印象西湖」なのかもしれないが、そういった目的があるなら、もう少しマシな出し物があってもいいのでは?そこまで感じざるを得ないこの「印象西湖」である。

 舞台と映画の違いも分からない素人にネームバリューだけでよっかかる時代はもう時代遅れで、せめて上海馬戯場あたりで頑張っている演出家あたりに協力を依頼してリニューアルをするのが今後の杭州の観光にとって良い選択だと私は思う。

映画監督はしょせん映画監督

次々にいろんな事実が発覚している北京五輪の開会式だがCG花火、口パクに今度は民族衣装を着せたやらせまで発覚してしまった。

出ていたのは56の民族なんかではなく全て漢民族の子供だったようだ。

 開会式の映像を見ていたときから、現在の中国が抱えている状況から言えばなんと白々しい演出だなぁとは感じていた。あまりにも白々過ぎてし、おそらくこれも実際は本当の民族の子供を使ってないのではないかと感じていたがやはりそうだったようである。

 どうも張芸謀監督は、オリンピックという舞台に映画の考え方をそのまま持ち込んでしまったようである。

 映画の世界ではドキュメンタリー映画を除けば映像に映る世界や人物は全てフィクションであり、映像の内側にだけその人物があたかも存在しその物語が存在するような雰囲気を作れればそれで問題ない。
 しかし、オリンピックの演出はそれではいけない。オリンピックの開会式は世界を相手にした単なる個人や国家の理想の表現の場ではない。そこに偽りの表現があれば、事実を偽るという事実ががそのまま表現者の本質を示すものとして世界に伝わってしまう。
 

56の民族が平和的に結びついているようなイメージを作ることと、56の民族の子供達が実際にそこに参加するということでは映像的には同じように映っても、全く意味が違う。前者は単なる平和のイメージ映像であって事実として平和があるかあやふやである。

 後者は事実としての曲がりなりにも56の民族が協力してオリンピックに参加している事実になる。その当りの意味を理解せずに安直に漢民族の子供を使ってイメージだけを演出してしまった浅はかさに、彼が映画館監督としての発想から抜け切れていない甘さがある。張芸謀監督は映画の世界ではいい作品をたくさん作っているので、こんな言い方はしたくはないが、幾ら映画界で巨匠であったとしても映画監督はしょせん映画監督であるということだ。

 大監督であるだけに今回は残念な汚点だ。

花火映像は合成で少女は口パクだったらしい

オリンピックの開会式で派手に打ち上げられたテレビの映像は実は合成だったというニュースが伝わっている。さらに革命歌を歌った少女が口パクだったという。
さすが映画監督の張芸謀というか、世界の映像配信 への配慮は怠らなかったというか。。。

 嫌味としては言わせてもらえば、開会式当日の「鳥の巣」付近への立ち入り制限は、花火の合成が本当であったなら安全上の問題ではなく、「演出上の理由」ということになるだろう。

 開会式演出を見ているときから、基本的に映像を通して観ている世界の人だけを意識していて、会場の人間に対する演出的配慮が一切無いなとは感じていたが、ここまで「映像だけ」にこだわった内容だったとはさすがに思わなかった。オリンピックのこの舞台でのこの大胆さはさすが中国というべきか?

 CCTVの国際映像を握っているので世界の人にバレないとでも思っていたのだろうか?
 それともばれてもやらなければならない程のプレッシャーが中国にあったのだろうか?

 過剰な開会式の演出を求める観衆にも責任はあるが、小手先の技術で世界を欺いたこのやり方は、開催決定以来、世界に叩かれながらも何とかようやく開幕まで準備をやり遂げたと思わせた世界の人々をのっけから裏切った形になっていると思う。