Tag Archives: 山形

上杉鷹山公の「為さねば成らぬ何事も」の解釈

上杉神社にある上杉鷹山の句

上杉神社にある上杉鷹山の句

為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

この言葉は、かの米沢藩主上杉鷹山公が残した言葉で、世間に名言として広く伝えられ座右の銘として私も大事にしている言葉である。

 あの米国のケネディ大統領もこの言葉を座右の銘にしていたとか、クリントン元大統領が日本で最も尊敬する政治家として上杉鷹山の名前を挙げていたとか、まあ真偽のほどは分からないがそれくらい有名な言葉となっている。
 
 故につい先日に日本に一時帰国した際もちょっと無理をして、紅葉見学ついでに山形県の米沢市の上杉神社まで足を延ばし、言葉を頂いている鷹山公に対してお参りをして来た。
 
 まあそんな風に大事にしているこの言葉だが、最近ちょっと世間とのこの言葉の解釈の違いに気が付いた。

 それはこの言葉のうち「為さねば成らぬ何事も」の部分の解釈についてである。

 冒頭の「為せば成る」は「やれば出来る」という意味でこの解釈については世間共通で私も異論がない。

 しかし続く句の解釈に、私は世間一般の解釈と若干のずれがあるのである。

 「為さねば成らぬ何事も」という言葉は、ネット上の情報など世間の多くでは「何事もやらなければ(始めなければ)結果を得られない」と説明されていたのだが、どうもこの解釈に私は違和感を覚えるのである。

 つまりこの言葉はそういった「行動しなければ結果は得られないんだ」とやる気を持って前向きに行動することを諭す意味だけではどうも弱いように感じるのである。

 何故なら苦しい藩財政を立て直さなければならない時期に奮闘した鷹山公が、単なる「やる気」の大切さを説くだけの言葉を言うのだろうかという気がするのである。

 実は私はこの言葉を「何事も(どんなに大変な事でも逃げ出さず)やらなければならない」と「立場の責任の重さを自覚せよ」という言葉の意味に理解している。

 そして結びの「成らぬは人の為さぬなりけり」は「出来ないのは努力が足りないからだ、逃げ出したい気持ちがあってやるべきことをやっていないからだ、やるべきことをやれ」と努力不足と自らの甘えを戒める意味と理解しているのである。

 日本語として単純に解釈を説けば「やる気」の大切さを説くことで完結してしまうのかもしれないが、鷹山公の生き様を汲めば私には「苦しくても必ずやり遂げなければならないんだ」という戒めの言葉に聞こえてくるのであり、こう解釈すればこそこの言葉の重みが出てくるように感じ、世間の解釈だけでは軽すぎるように感じるのである。
 
 まあ世間に広まっている解釈の方が学問的には正しいのかもしれないが、例えそうだとしても私としてはこの言葉は戒めの座右の銘として大事にしていきたい言葉なのである。

 座右の銘というのは本来そういう言葉だからである。

原文

上海蟹を食べに行く計画

 いつも参加する山形県人会で陽澄湖へ上海蟹を食べに行く計画が勃発した。
まあいつも最大20人程度のメンバーなのでそんなに大所帯にはならないであろうとは思うが、それでも自主企画となるとちょっとした大事である。

 食事代は現地で精算するとして、蟹を二杯で100元前後と普通の食事代が70~80元以内くらいであろうか。

上海蟹

上海蟹

 最大の問題は足をどう確保しどの程度の金額に抑えるかが一番の悩みどころである。

 車をうまくチャーターすれば足代が一人100元程度で収まるのではないかというのが今のところの目算であるが団体行動は人数の確定が一番の悩みどころである。
 まあ結果として一人300元程度に抑えれば御の字であるが果たしてどうか?

 予定の11月末は恐らく雄が一番おいしいころである。

映画 「おくりびと」を見た

とくに時間が余分に出来たわけでもなかったが、心に潤いが欲しくなり前から観たかった「おくりびと」のDVDを今更ながら観た。

納棺師の仕事というのを初めて見たが、装束を着せるシーンなどは昔からどうやってやるのか不思議に感じていたところなので、ご遺体の尊厳に配慮した手さばきに非常に感銘した。
 
 この作品は、主演の本木雅弘さん自身が、もとになった本を読んで感銘を受けて映画を作製することになったらしいが、それだけ思い入れがあるだけあって、演技もすばらしく「心をこめた」という言葉がぴったりの納棺師ぶりであった。

 それと、このドラマに限らないのだが、広末涼子が演じる妻が旦那を健気に支えるような夫婦愛のシーンを見てしまうと、自分にはない世界に非常に羨ましく思うところがあて、そのことだけでも感銘を受けてしまう。

 死を題材にしながら、人と人の気持ちを感じられるいい映画だったように思う。

とてもアットホームな上海山形県人会

ちょっとブログに書き出すのに時間が経ってしまったが、先週の土曜日に山形県人会に参加してきた。
正直いって山形県に住んだことはないのだが、山形県そのものは大好きな県の一つで、日本にいた時よく旅行に行っていたのでまるっきり縁がないというわけではない。
米坂線の沿線風景が大好きだったり、置賜駅の温泉や板谷峠の温泉に何度も入りに行ったり、またその途中で毎回上杉鷹山の碑へお参りし、その度に例の句を胸に刻んで生きたりしているので、山形は非常に馴染みのある県ではあった。
(あ、大学のとき好きだった女の子も山形県出身だったかも。)
ただ、県人ではないので上海で県人会に参加というのはちょっと敷居が高く、参加できずにいたのだが、昨年の暮れにひょんなことから幹事の前澤さんと知り合い、山形は大好きなんだという話をしたらこの県人会に参加させていただくことになった。

 山形県人会は上海の県人会には珍しく頑張って毎月一回会合を開いている。

12359_2

 この山形県人会は正直言って、参加人数は少ないが非常にアットホームでとても居心地が良い。会長の青柳さんや幹事の前澤さんを中心にいつも和やかな会話が弾む。まとめる会長の人柄なのか山形の土地柄なのか分からないが、故郷に帰って友人と話しているような居心地のよさがこの県人会の一番の特徴である。
 また県人でない私を受け入れてくれるような懐の深さもある。前々回の県人会の時には、ちょうどその時に日本から同僚が転勤してきて、私がアテンドしたのだが、既に県人会の予定が先に決まっていて、同僚を一人上海の街に放り出すわけにもいかず困っていたのだが、縁もゆかりもない同僚を県人会の会合に連れて行っても良いかと尋ねたら快く受け入れてくれて非常に感謝した記憶がある。

 今回の会合は先日ブログに書いた「新大谷」さんで開かれたのであるが、県人会のメンバーのほとんどが阪神ファンではないにもかかわらず、店長が阪神ファンであることを知ると、皆ですぐ「六甲おろし」を歌うなどいったノリの良さもある楽しい県人会である。
 今後とも上海にいる限り「山形の友」に会うために継続して参加していきたい会だ。山形県人会バンザイ!
(写真は幹事の前澤さん(左)と会長の青柳さん(右)青柳さんブレちゃってごめんなさい)