映画 「おくりびと」を見た

とくに時間が余分に出来たわけでもなかったが、心に潤いが欲しくなり前から観たかった「おくりびと」のDVDを今更ながら観た。

納棺師の仕事というのを初めて見たが、装束を着せるシーンなどは昔からどうやってやるのか不思議に感じていたところなので、ご遺体の尊厳に配慮した手さばきに非常に感銘した。
 
 この作品は、主演の本木雅弘さん自身が、もとになった本を読んで感銘を受けて映画を作製することになったらしいが、それだけ思い入れがあるだけあって、演技もすばらしく「心をこめた」という言葉がぴったりの納棺師ぶりであった。

 それと、このドラマに限らないのだが、広末涼子が演じる妻が旦那を健気に支えるような夫婦愛のシーンを見てしまうと、自分にはない世界に非常に羨ましく思うところがあて、そのことだけでも感銘を受けてしまう。

 死を題材にしながら、人と人の気持ちを感じられるいい映画だったように思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com