Tag Archives: 上杉鷹山

見切り千両

 「見切り千両」という言葉がある。

 株式や投資を行なっている人に広く知れ渡っている言葉だそうで、まあ簡単に言えば投資などについてダラダラ未練を残さず諦めて(見限って)しまったほうが損が少なく、結果的に利益に繋がるので千両の価値があるという意味らしい。

写真はイメージ

写真はイメージ

 投資家の間では「見切り千両、損切り万両」などと並べて使われる場合もある。
 最近この言葉を知ったので出典を調べてみると、まず日本永代蔵や浄瑠璃作家として有名な井原西鶴の言葉として、
「貯蓄十両 儲け百両 見切り千両 無欲萬両」
 というものがあることを発見し、どうやら現代の「見切り千両」の意味はここから出ているようだということを知った。

 せっせと貯蓄できれば十両になる、儲けの才覚があれば百両になる、商売の潮時を判断出来れば千両の価値を得られる、でも無欲なら1万両の価値があるということ。

 さすが商人の都、上方で活躍した人間の言葉である。

 しかし、更にこの「見切り千両」の言葉を追いかけていくともう一人の人物にたどり着いた。

 それはなんと先日もブログに書いた上杉鷹山公である。

 ただ鷹山公の言葉は西鶴のものとは若干違い、
 「働き一両、考え五両、知恵借り十両、骨(コツ)知り五十両、ひらめき百両、人知り三百両、歴史に学ぶ五百両、見切り千両、無欲万両」
 となっている。

 最後の2つは同じ言葉だが、前半は似ているようでも言葉がやはり違う。

 きちんと働けば1両の価値を得る、考えて働けば五両の価値、人から知恵を借りられれば十両、働き方のコツを掴めば五十両、ひらめきのアイデアを持てば百両の価値、人間や相手の特徴をよく知ることが出来れば三百両、過去の成功例失敗例の歴史を学べば五百両の価値と続いてくる。

 「人知り」は人脈やパートナーの意味もあるかもしれないが、次に「歴史に学ぶ」と続くところを考えると、人間というものを良く知ることが価値があるのだと言っている気がしている。

 そして肝心の「見切り千両」だが、鷹山公が藩の財政改革に尽くした人間であるとはいえ、商人ではなく武士であったことを考えると、現代投資家たちのように「損切り」的な相場師的感覚でこの言葉を言ったようには思えなかった。

 彼が武士であることを考えて解釈するならば、剣術の世界で「見切る」と言えば、相手の動きを「完全に把握する、見極める」という意味になり、これを当てはめて「見切り千両」を解釈すれば、見極めができるようになれば千両の価値があるという意味で鷹山公が言っているような気がする。

 果たして何を「見切り」するのかは書かれている言葉が少ないので解釈が難しいが、前段が「歴史」に触れているところ考えると、「時流」とか「世の中」という言葉が隠れたキーワードとして存在するのではないかと思う。

 つまり「世の中の時流を見極められれば千両の価値がある」、鷹山公がそう言いたかった言葉として解釈できるのではと思っている。

 もちろん「見切り」には広義で「状況を判断し見限る」といった意味も含まれると思うので、世の中の状況を見てすんなり諦めるという意味の「見切り」も含めて「見切り千両」という言葉だった可能性はあると思う。

 まあ鷹山公にしろ西鶴にしろ(どっちも名が鳥だ!)、「見切り千両」と言っておいて、最後は無欲が一番価値が大きいと言っている点で一致しており、欲深い私にとっては非常に意味が深い言葉であり、耳の痛い話である。

上杉鷹山公の「為さねば成らぬ何事も」の解釈

上杉神社にある上杉鷹山の句

上杉神社にある上杉鷹山の句

為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

この言葉は、かの米沢藩主上杉鷹山公が残した言葉で、世間に名言として広く伝えられ座右の銘として私も大事にしている言葉である。

 あの米国のケネディ大統領もこの言葉を座右の銘にしていたとか、クリントン元大統領が日本で最も尊敬する政治家として上杉鷹山の名前を挙げていたとか、まあ真偽のほどは分からないがそれくらい有名な言葉となっている。
 
 故につい先日に日本に一時帰国した際もちょっと無理をして、紅葉見学ついでに山形県の米沢市の上杉神社まで足を延ばし、言葉を頂いている鷹山公に対してお参りをして来た。
 
 まあそんな風に大事にしているこの言葉だが、最近ちょっと世間とのこの言葉の解釈の違いに気が付いた。

 それはこの言葉のうち「為さねば成らぬ何事も」の部分の解釈についてである。

 冒頭の「為せば成る」は「やれば出来る」という意味でこの解釈については世間共通で私も異論がない。

 しかし続く句の解釈に、私は世間一般の解釈と若干のずれがあるのである。

 「為さねば成らぬ何事も」という言葉は、ネット上の情報など世間の多くでは「何事もやらなければ(始めなければ)結果を得られない」と説明されていたのだが、どうもこの解釈に私は違和感を覚えるのである。

 つまりこの言葉はそういった「行動しなければ結果は得られないんだ」とやる気を持って前向きに行動することを諭す意味だけではどうも弱いように感じるのである。

 何故なら苦しい藩財政を立て直さなければならない時期に奮闘した鷹山公が、単なる「やる気」の大切さを説くだけの言葉を言うのだろうかという気がするのである。

 実は私はこの言葉を「何事も(どんなに大変な事でも逃げ出さず)やらなければならない」と「立場の責任の重さを自覚せよ」という言葉の意味に理解している。

 そして結びの「成らぬは人の為さぬなりけり」は「出来ないのは努力が足りないからだ、逃げ出したい気持ちがあってやるべきことをやっていないからだ、やるべきことをやれ」と努力不足と自らの甘えを戒める意味と理解しているのである。

 日本語として単純に解釈を説けば「やる気」の大切さを説くことで完結してしまうのかもしれないが、鷹山公の生き様を汲めば私には「苦しくても必ずやり遂げなければならないんだ」という戒めの言葉に聞こえてくるのであり、こう解釈すればこそこの言葉の重みが出てくるように感じ、世間の解釈だけでは軽すぎるように感じるのである。
 
 まあ世間に広まっている解釈の方が学問的には正しいのかもしれないが、例えそうだとしても私としてはこの言葉は戒めの座右の銘として大事にしていきたい言葉なのである。

 座右の銘というのは本来そういう言葉だからである。

原文