Tag Archives: 自炊

健康のために納豆は加熱しちゃいけない

 中国で売っている納豆は、最近は現地生産のものもあるがやはり風味の点でイマイチで、今の時点では日本で生産されているものにはとてもかなわないという気がしている。

 そういう需要もあってか、日本から冷凍の納豆が沢山輸入されてきており、日本人が多く住むエリアの百貨店などでは輸入の冷凍納豆が売られている。

 まあ冷凍をしてしまうと日本のスーパーで買うよりはやや風味は落ちるが、現地生産品の物よりはやはり数段ウマいのである。

納豆ぶっかけ蕎麦

納豆ぶっかけ蕎麦

 そして冷凍納豆の場合は冷凍庫に入れておけばかなり長期間鮮度を保つことが出来るので、一か月くらい保存していても何の問題もなく食べられる。

 ただ、冷凍であるからには買ってから食べるまでには「解凍」と言う手順を経なくてはならず、これが冷凍納豆であるが故の宿命で納豆好きにはやや面倒くさい事項となっている。
 
 私の場合は常に解凍済み納豆を切らせたくないので、解凍済み納豆が残り1パックになったら冷凍庫から3個組の1セットを取り出して冷蔵室に入れておき、約1日をかけて自然解凍させるという方法で食べている。

 まあどんな方法が本当はベストなのか分からないが、今のところこのやり方が一番風味を壊さず解凍できるという気がしており、そのまま1週間くらい忘れても冷蔵庫の中で保管されるので一番楽なのである。

 ただ、ここで間違ってもやってはいけないのは加熱解凍である。

 何故なら納豆についている納豆菌は熱に弱いため、70度以上になると死滅してしまうからである。

 つまりもし加熱解凍した納豆を食べたとしても、風味はあるが健康への効能効果はゼロになってしまうことになる。

 故に冷凍納豆は自然解凍がベストで、特に健康のために納豆を食べるなら加熱解凍をしてはいけないのである。

 このことは実は解凍だけではなく調理にも同様のことが言え、世の中には納豆を使った料理として納豆チャーハンや納豆汁など様々なものが存在するが、これらの加熱された料理は納豆の風味を楽しむものとしては非常に美味しく頂けるのだが、納豆による健康効果に関しては、実は納豆菌が熱で死滅しまっているため期待できないものとなっている。
 
 よって風味を楽しむだけのものと分かって調理するなら加熱してもいいが、納豆の健康効果を期待して食べるのであれば決して加熱してはいけないのである。

 こうやって考えるとやはり納豆は御飯にかけて食べるのが体にもベストだという結論に達するのである。(笑)

崇明島米より東北米が安心

 今年の春先だったろうか?

 米を買いに行ったときにいつも買っていた一目ぼれの銘柄が無かったので、適当な価格帯の崇明島産のお米を買ったら後悔してしまったことがある。

 何を後悔したかというと、袋を開けた時の香りがとても臭かったのである。

 もちろん、腐ってるとかそういった類の香りではなく、米が持っている特有の香りが非常に臭く、ちょっと食欲がそがれるほどであった。

 まあ、あまり臭い臭いと言ってしまうと、これを好んで食べている人もいるかもしれず、その人に失礼になってしまうかもしれないが、少なくとも私が好む香りではなかった。

 これまでの人生の中で臭いと思った米は初めてであり、5キロも買ってきてしまって処置に大変困ってしまったのである。

 まあ折角買ったものであり、研げば何とかなるかもしれないと思ってまずは研いで炊いてみたが、結果は同じで臭ささは消えなかった。

 じゃあ、臭い物には臭い物をということで納豆をかけて食ったがやはり匂いは消えず、しかも米自体があんまりうまくなかったのである。

 いやあ、とんでもないものを買ってしまったなと品種選びの失敗に非常に後悔したのである。

 残りの米を捨てて、新しい米を新たに買おうとも考えたが、それではあまりにも米を作ったお百姓さんに失礼であり、さすがにそういう勇気は出てこなかった。

 じゃあ、中国人の知り合いに上げてしまおうかとも思ったが、口に合わないからくれてやると言うのもおごり高ぶった日本人のようにも思われそうであり、その行為自体が中国人を馬鹿にする行為にも思え、そう思われてしまうのは自分のポリシーに反してしまうので、結局臭い米を前にして考えあぐねてしまった。

 で、いろいろ考えてみたが、最終的にはご飯の使い方を工夫して使い切る方針で決定した。

 例えばご飯に野菜炒めなどを載せるどんぶり形式の食事を増やし、炒めた時の汁などを大目にかけて味をごまかし食べてることにしたのである。

 このようにしても臭さは抜けなかったが、なんとか食べることができたので、米を捨てずに乗り切ることが出来たのである。

 でもこうやって乗り切った私だが、今後は崇明島米は買うまいと心に決めた。

 故にその次に米を買いに行ったときも、やはり一目ぼれは無かったが、一目ぼれは東北米であり、産地が近ければ風味も近いだろうということで、その時は東北米を買ったらやはり正解だった。

 まあ一目ぼれよりは安かったので、やや質は落ちる面もあるのかなと思ったが、風味に関してはまあ申し分なく、十分口にあうものだったのである。

 うーん、あの品種がたまたま臭かったのかも知れないが、米は産地によって風味が左右されるので、今後は崇明島米は絶対買わず、東北米を食べて行こうと心に決めた自分である。

 原文

味噌汁あそび

「あそび」と書いてしまうと、料理に失礼な気がするが、私の味噌汁あそびというのは、味噌汁を作るたびに色々な具を入れてバリエーションを楽しんで味わうということ。

 味噌汁というのは非常に便利な存在で、普段不足しがちな野菜を片っ端からいれることにより野菜不足を補うことができる。

 しかも煮ることによりたくさん食べられる。いわゆる温野菜的発想だ。

 まああまりたくさん入れすぎてしまうと味が濁ったり干渉しあったりするので、たくさん食べたくても野菜の種類は絞った方がいいが、入れる野菜によって色んなバリエーションが楽しめる。

 この辺はほとんど鍋の発想に近いともいえる。

 さてさて夏場は味噌汁を一生懸命作っても基本的に一晩しか持たないため、自炊の中にあっても味噌汁は作るのは諦めていたが、段々涼しくなっていい頃合いになったので「味噌汁あそび」を再開することにした。

 そして先日作ってみてちょっと感激したのが春菊のお味噌汁。某農園に出かけたときに春菊を大量に買ってきたので味噌汁に入れることにした。

農園で芋ほり

写真は農園での芋ほり

 春菊なんぞ普段は鍋でしか出会わないし、中国にあってはそんな気の利いた味噌汁を出す店はほとんどないであろう。 というか上海には日本料理店が数多くあれど、どんなにおいしい店でも店で出される味噌汁の具にはほとんどバリエーションがなく、具を楽しむ幅はほとんどない。

 故にこれは自炊ならではの組み合わせである。

 日本にいるときは特別好きとか嫌いとかなかった春菊だが、久しぶりに食べたその濃厚な香りと味わいに、自分で作った料理ながらノックアウトを食らってしまうほど感激した。

 これだから自炊はやめられない。

 これから冬に向かってキノコなどいろんな食材で「味噌汁あそび」を楽しんでみようかと思っている。

脂肪肝が改善してる!

 今日の午前中に人間ドックを受けてきたのだが、その中で喜ばしい一言が

「去年より脂肪肝が小さくなっているね」

 なんとエコースキャンの検査の中で、去年より脂肪肝が改善していることが判明した。

そういえば体重も昨年の値より減少しており、メタボ解消というほど完全なものではないが、改善の方向に向かっているのは確かなようである。

画像はイメージ

画像はイメージ

 まあこの1年、これといって大したことをしてきたつもりもないが、昨年春に引っ越したお陰で、周辺の店舗環境などが変わり食生活の中身が確かに切り替わった。
また自炊の回数も増えた。そういったことが功を奏してかメタボ改善に繋がっているようである。

「おお、このままいけばスマートになれる!」
とちょっとにやついてしまった。

ところが!

喜んだのも束の間、その後の問診の時に担当医の方から
「あなたの身長から言うと理想の体重はですね、、、、」
と計算式を示され、まだまだ理想体重には程遠いと突きつけられてしまった。><
ちょっと喜ぶのが早すぎたようである。

結局、理想の体型への道のりはまだまだ遠そうだが、今日のところはベクトルがメタボ改善に繋がっていることがわかっただけでも収穫ということで、ヨシとしようと思う。