Tag Archives: レート

円高予測が当たった?1ドル=107円台、1RMB=16円台に

 先日、円高進行の原因は中国人の爆買いが原因なのではないかとたわいもないブログを書いた中で、次の円高進行は恐らく花見観光客が増える3月末から4月初旬なのではないかと予測したが、何と言葉通り4月に入って急激に円高が進行している。

 先ほどの数値だと、ドル円相場が1ドル=107円台に突入し前日比でも1%以上円高となっているのである。
 これと併せて人民元相場も1RMB=16円台に突入し、一時より為替の景色が随分変わる位置までレートが動いてきた。
(人民元相場

 まあ、この変動の理由については世界のお金の動きがどうなっているかなどまるっきりわからないので、先日のブログの爆買い原因を推すつもりはないが、結果として予測通り4月の清明節の連休明けから円高が進む格好となってしまっている。

 ただ円高円高というが、もともと購買力平価など物価比較で見れば1ドル=100~105円程度が妥当とも言われており、今回の円高進行は極端な円安が是正されていると見ることも出来る。

 しかも現在の極端な円安は現政権のアベノミクス政策で異次元の金融緩和によって生み出されたものとされるが、結局はそれが経済成長に繋がらず物価高で国民に負担を強いる状況になっている。

 つまり有効な政策もないままトリクルダウン期待で金融緩和だけやっているような印象で、これでは国内の経済が活性化せずデフレ脱却には繋がらないのである。

 これに対して、先日アメリカで最低賃金を15ドルに引き上げるというニュースを耳にしたが、これはトリクルダウン理論よりは遥かに具体的な動きであり、経済を動かすエネルギーになりそうな状況となっている。

 その結果かどうかわからないが、今回実際ドル安に向かっているわけで、今後人件費が上がれば恐らくインフレ方向に向かい、経済がそのまま転がって行きそうな雰囲気があるのである。

IMG_20151207_131654

 まあ日本の経済界では円安により製造業の競争力の復活を期待していたようだが、現在のグローバル経済の中では多少の円安程度では、東南アジア相手にコスト競争してもまず勝てないのであり、日本国民を東南アジア並みの生活に追い込むだけになってしまう。

 それよりは、この状態の中ではもう少し円高にして物価下落で国内消費を刺激する方がよほど日本経済に良い影響がありそうだという気がする。

 経済のことなので何が正解かはなかなかわからないが、個人的には通貨が極端に安すぎるも高すぎるのも良くないと感じており、購買平価で示す1ドル=100~105円のレンジに早く到達してほしいと思っている。

春節の円高進行は爆買いが原因?

 あまり根拠のない推測であるが、2月の頭から中国の春節期間中に進んだ円高進行を見ていてそんな印象を持った。

 今回の春節期間の訪日客がどれだけいたのかなどの詳細データはまだ発表されてないが、JNTOのデータでは1月単月で185万人の訪日観光客があり、前年比約50%増(63万人)となっているとのこと。
 この内訳は韓国人51.5万人、中国人47.5万人、台湾人32.1万人でいずれも去年の1.5倍になっているとのことで、先月の春節時期がこれを下回ることはないだろうに思われる。

 で、訪日外国人が日本で消費する金額が一人当たり14万円とのことであるから、2600億円ほどのお金が日本に落ちたという計算になる。
 当然のことながら、これらのお金は訪日客の母国通貨では決済できないので、日本円を購入して日本円で購入しての買い物となる。

 例えば買い物に使用した手段が中国の銀聯カードであっても、日本で買い物をすれば銀聯の会社が中国の個人の口座から引き落とした人民元で日本円を購入し、その日本円で日本側の加盟店へ代金支払いを行うという流れとなる。

 故に、その決済代金の取引上で日本円を物を買う人が増えれば当然円が値上がり円高方向に行くことになる。

 これに対してJETROさんの貿易統計を見ると、昨年の日中間の貿易額は輸出入合計で年間15兆円ほど、月に均せば1兆3千億円程度となる。

 この数字と上記の訪日外国人の月間消費額2600億円(推測)のうちの中国人の人数比で計算した金額670億円を比較すると、実に貿易額の5%に匹敵する金額を爆買いで消費していることになり、決して小さくない金額の円買いが行われていると言える。

 しかも、工業貿易などは春節休業の影響で2月に取引高が減少する可能性が高く、余計に観光客の買い物決済が目立つ時期でもあるのである。

 もちろん、同時期に逆方向の訪中日本人などもいるし、実際の通貨取引はそんなに単純ではないため、ここで計算した数字が全てとはならないが、大雑把な計算で見ても、爆買いが通貨取引に影響を与えそうなほど大きな取引額となっているは間違いないという気がする。

 そして、この爆買い影響説を裏づけるかのうように、春節の終了とともに円高進行が一段落しており、若干の円安へ戻して、今日あたりだと1ドル=114円前後で推移している。
最新の人民元レートはコチラ

 つまり現在は爆買い決済が一段落したようにも見え、まあ推論の是非はともかくタイミングは見事に一致しているのである。

2011年4月上野公園(花見)

2011年4月上野公園(花見)

 で、今後の予測であるが、3月末から4月までの花見のシーズン、5月初めの労働節(日本のゴールデンウィーク)に、再び日本の観光シーズン、つまり爆買いシーズンが訪れることからひょっとすると、またそのタイミングで円高が進むのではないかという気がする。

 今後も中国人の爆買いが続く限り円高が続く可能性があり、日本の物価が割高に感じられところに行くまで、レート変遷と今の爆買いは続くのではないかという気がする。

250元の日本料理食べ飲み放題が4250円になった。

 先日の黒田バズーカ以降、恐らく決定者の意に反して急激に円高が進んでいる。
 今さっき確認したところ1ドル111円台後半にまで突入している。

 前回この為替レートに関するブログを書いた2月3日の時点では1ドル119円台であり、その間たった10日も満たない期間で8円、つまり約8%もレートが動いていることになる。
 黒田バズーカの一時的円安も含めれば約10日で10%も動いている。

 これだけ短期間にレートが動いていしまうと、貿易会社の人は大変であろうと察せられ、人によっては笑いが止まらないだろうし、人によっては真っ青になっているだろう。

 まあ、そういう急激な変化による影響はさておき、日本円と人民元のレート状態で言えば、1RMB=17円前後まで円が高くなってきていて、1RMB=20円を超える時期もあった頃から比較すれば15%ほど人民元が安くなったと言える。

 このレート状態だと、例えば日本料理店での食べ飲み放題の料金は、200元から換算すると、以前は4000円だったが今は3400円、250元でも以前は5000円相当だったのが、現在は4250円まで下がったことになる。

 まあこれでも個人的にはまだまだ人民元は高すぎると言った印象だが、上海での物価高印象も幾分かは溜飲を下げた状況になっている。
 以前から言うように個人的な理想は1RMB=12円というのが品質を含めたレートバランスなのだが、さすがにそこまで対人民元で円が高くなるにはドル円相場だけではちょっと無理があり、人民元の対米ドルの切り下げがなければ厳しい。
 現実的な数字で言えば、1ドル=100円程度、1RMB=15円程度がバランスの取れた数字であり、そこまでは是非円高が進んでほしいのである。
 1RMB=15円なら、200元のコース料理は3000円、50元のランチは750円と計算できるので馬鹿高い印象は弱まり、ほぼ納得できる数字となる。
 まあ日本経済にとって円高は苦しくなるとも言われているが、個人的には既に上海に点を移してしまっている以上、円安で重心が国内に揺り戻されるよりは円高傾向に進んでくれる方が助かるのである。
 為替レートは制御不能な経済の象徴のような存在で、良くも悪くも経済に対して暴力的であり、個人の小さな努力の積み重ねなど一発で吹っ飛んでしまう面があってここしばらくの円安にはだいぶ悩まされたが、再びの円高傾向に希望を託したい今日この頃となっている。

黒田バズーカ効果は無かった?再び円高進行へ

 先日、日本銀行の黒田総裁がマイナス金利導入という奇妙な手を使ったことにより、先週末にドル円相場が急激に3~4円ほど円安に振れていた。
 このマイナス金利というのは、日銀に預けてある各銀行の試算を放出し、市場に資金が流出しやすい環境を狙ったものだが、どうも失敗だったように映る。

 確かに一時的には株価が上がり円安も進んだが、今日の市況を見ているとあっという間にその効果が無くなっているようなのである。
 今日になって日経平均株価は再び値下がりに転じているし、ドル円相場も119円台まで落ちてきている。

 ただ個人的にはどちらかというともう少し円高(人民元安)が進んでほしいと祈っているほうなので、黒田バズーカにはどちらかというと冷や汗を書いたほうなのであるが、それほど効果が無く元に戻りつつある状況には安心をしているのが正直なところである。

 この状況から見るにつけ、大きな効果を狙ったいわゆる今回の「黒田バズーカ」は今回はほぼ不発に近く、効果が無かったのではないかという結果になりつつある。

 まあこれらの結果は至極当然のことで、実体経済において何も改善していないのに金融政策だけで、社会での投資が拡大するわけではなく、経済が向上することはあり得ない。
 金融政策は内需の拡大があって初めて機能する面があり、内需にきちんと手を入れないのに金融だけ手を入れても経済は上向かないのである。
 
 こんな状況の日本経済であるが、ただ一方で最近奇妙なのは、業界によっては幾ら賃金を上げても人手が足りないなどというニュースもあること。
 人材に投資しようというニーズがあるのに、受け皿となる人材の流動性がないことになる。
 これが株価が上がっても実体経済が上向いていないと言われる根幹である。

 つまり、上記の状況と併せて考えると労働市場の状況に合わせた需要喚起の政策が実施できていないのが、今の経済政策(アベノミクス)の最大の欠点と言える。

 故に現状人手が足りない土建業に対して幾ら予算を増やしても経済は上向かないのであり、経済対策は人手がだぶついている分野や、人材流動を促す人材会社へ教育への重点を置くなどの工夫が必要である。
 あるいは土建業自体も人材を引き込みやすい環境を整える変化や、逆に建築資材のユニットパーツ化などにより可能な限りアウトソーシングするなどの技術改革は必要だろうに思える。

 とにかくお金だけだぶつかせたところで、経済活動の中身が変化しなければ、バズーカなど何度撃ったところで、経済は上向かないのである。
 

中国人の訪日客は2015年500万人をほぼ達成、前年の2倍!

 先ほどJNTO(日本政府観光局)の統計データを覗いたところ、2015年12月の数字はまだ出ていなかったが11月までの累計数字で464万6700人となっており、2015年年間で、中国からの訪日外国人客数がほぼ500万人を達成しそうな状況であることを発見した。
 11月時点その差35万人であるが、11月も月間36万人であることから言えば500万人はほぼ確実ではないのかと見られる。
 2014年の数字が240万人であるから、2倍にも増えてしまったことになる。
 人民元と日本円のレートで円安であるとか、とにかくいろいろ理由はあるだろうが、とにかくすごい数字である。

春秋航空A320

春秋航空A320

 500万人という数字を何か体感的に分かりやす説明する数字を考えたが、まず月並みだが東京ドーム100杯分であり、噂の新国立競技場のキャパ6万5千人で割っても77杯分となる。

 さらに日本の総人口比から言えば約3.9%にもあたり、25人に一人は中国人観光客ということになる。
 また今年成人式を迎えた人は121万人だというから、その4倍もいたことになる。
 さらに中国以外でも同じ中華圏で言えば、台湾が11月までに360万人、香港が130万人であることから、2015年の年間累計では中華圏から1000万人の訪日者がいたということになり、実に日本の人口の約8%となる。

 これを1日当たりに均せば、毎日2万7千人の中華圏の人が日本へやって来ていたことになるわけで、空港だけでなく日本国内が中国語だらけになっていたのも頷ける数字である。

 これだけ、訪日客がいると訪日ビザの発給もてんやわんやであると察せられ、2014年の上海の総領事館における年間発給数が80万件だったことを考えると、2015年は150万件以上は確実で、領事館の皆さまの事務作業もさぞ大変だったと察せられる。

 ちなみに2014年の数字では北京の日本大使館が50万件の発給数、広州の領事館が28万件の発給数であり、いずれも2015年は2倍前後になると推測すると北京が100万件、広州が50万件を達するということになる。

 まあ、普通はこれだけ事務作業が膨大化すると領事部の省力化のために、ノービザ許可でも良いのではないかという意見も出てくるのだろうが、そこは13億人の人口を抱える中国とういう国家相手の話であり、事務作業が幾ら大変でも一定の歯止めをかけつつ受け入れなければ、13億人の人口圧力の前では日本というの国土のキャパがパンクしてしまうだろう。

 無論ビザ制度の維持は国内安全維持のために、就労目的の低所得者の流入を防ぐという本来の意味が第一だと思うが、現段階においては物理的な歯止め措置の意味合いの方が強くなってきてしまっている気がする。

 数年前に掲げた観光立国の目標は確か平成28年までに1800万人の訪日観光客誘致であり、2015年はすでに前倒しで達成しそうな状況となっているが、中国からの訪問客急増がその原動力となっていることを考えると、果たして計画で描いた理想通りなのかちょっと心配になる。
 お祭りにも似た中国からの訪日客の急増っぷりは、今後どうなっていくのかちょっと予測がつかず、このまま伸びるのも、逆にブレーキがかかるのもちょっと怖いなと感じる今の状況である。