Tag Archives: ニンニク

醗酵黒にんにく香醋で倦怠感脱出の効果

 半年前に一時帰国した際に、マツモトキヨシで購入したサプリがこのオリヒロ社さんの「醗酵黒にんにく香醋」。

醗酵黒にんにく香醋

 そもそも最近歳をとってきたのか、日々身体が重い状態が続いていたため、仕事にも影響が出始めて突破口になればと思い飲み始めたのである。

 で、飲み始め当初はあまり体調の回復を意識することなく、復調していったので本当にこのサプリの影響なのかどうかわからなかった。

 そうこうするうちに、最初の1パック(45日分)を飲み切ってしまい、摂取が途絶えた。

 すると、途端に倦怠感が戻ってきてしまい、このサプリが効いていたんだということを思い知らされたのである。
 結局そのままでは倦怠感は一向に良くなる気配がなく、やはりこのサプリに頼ることにして、慌てて日本を行き来している友人に買ってきてもらい、再度飲み始めた。

 するとやはり、また体が軽くなったのである。

 うわぁ、これはサプリの効果で大変ありがたいと思うと同時に、半分麻薬のようなもので、このサプリを飲み続けないと体調は維持できないのかなと思うと寂しいものがある。
 しかしとにかく、このサプリを飲み続けているうちは体が軽いのである。

このサプリは、長野県産のにんにくと、中国の雲南省禄豊地方で獲れたもち米から作られた香醋を粉末化してパッキングしたものとのこと。
 ネット上のレビューを見ると中国産ということで不安を感じている方もいるようだが、上海で暮らすこちらには中国の香酢がうまいことはよくわかっているし、中国産と言われても抵抗感がない。

醗酵黒にんにく香酢 裏

 価格はネット通販の表示価格によると1パック180粒45日分で1500~2000円程度で、月当たり1000~1300円といったところで、まあお手頃だろう。

 とは言え個人的にはなかなか日本に帰る機会が少ないので、転送サービスなどを利用して取り寄せたり友人に頼んだりしているため、私の購入費用はもう少し割高になっている。

 しかしながら体調維持にこの程度の価格で済むならはこの「醗酵黒にんにく香醋」は手放せなくなっている。
 まあ誰の体質に合うものであるかどうかはわからないが、身体が重いと感じている人は試してみる価値は大だと思う。


マックにご飯メニューが登場していた

 昨日、夕方にふらっと出歩いていたときに、マクドナルドでちょっと驚くべきポスターを発見した。

上海のマクドナルドのポスター

上海のマクドナルドのポスター

 なんと、マックでご飯メニューを登場させたというのである。

 「えーっ@@!」
 これは結構なショックだった。

 マックと言えば国際的ハンバーガーチェーンの代表格であり、ホットドッグなどのパン類はまあ許容範囲だとしても、ご飯メニューには手を出さないと思っていたからである。

 まあKFCケンタッキーにはご飯メニューが既に数年前から登場していたが、まさかマックはやるまいと思っていた。

 しかし、ここは中国であり背に腹は代えられぬと言う事なのか、あっちがやるならこっちもという対抗意識でマックにもご飯メニューが登場することになったのかもしれない。

 このポスターを見た私は、もう確認してみたくて堪らなくなって、本来予定にはなかった食事だったが、そのままお店に入って注文してみることにした。
(この衝動性が肥満の元なのであるが、、、)
 

マクドナルドのごはんメニュー

マクドナルドのごはんメニュー

 さて出て来たのが写真のような状態で、お店のポスターの皿に盛りつけされたとイメージとはかなり違う。(笑)

 で、開けてみると何となく弁当屋のメニューのような印象である。

マクドナルドごはんメニュー

マクドナルドごはんメニュー

 「こんなのマックじゃない!」と叫んでみたくなったが取りあえず試食する。

 小さなスプーンが付いており、肉もライスも掬って食べるような感じである。

 味は、、ちょっとガーリックが利いたような照り焼き風のソースがかかっており、味としては結構いけている気がする。
 ただ、量が少し少なめでこれでお腹いっぱいにするにはちょっと難があり、やはり何と言ってもマックのイメージからはかけ離れ過ぎている。

 更に、このメニューは調理方法にも難がありそうで、注文時に調理場方面の方を覗いていたのだが、調理担当のお兄さんが苦労して盛り付けしていたのが気になった。
 当然のことながら、パンのように手袋をして手づかみというわけにはいかないのである。
 故に通常のバーガーメニューより時間がかかっていた。

 「ああ、これではきっとうまくいかないな」

 短期メニューとしては面白くても、運営に手間どってては長続きしないだろう。
 それにしても本家のマクドナルドはこのメニューを許可したのだろうか?

 マックのイメージを覆してしまうようなマクドナルド中国のこのご飯メニューへの挑戦は、マック好きとしては出来れば止めて欲しく、ハンバーガーの範囲内でもっとうまい中国的メニューを追及して欲しいというのが本音のところである。

 どうも中国ビジネスマンたちには職業的プライドが無いような気がする。


鶏のレバ刺しと生卵かけごはんを堪能

一昨日に久しぶりに東湖路の「鶏ノ巣」に行ってみた。

家から遠くなってしまったので、なかなか気軽には行けなくなったが、それでも店長のキャラクターもあってなかなか居心地の良いお店で、定期的に通っている。

 そしてこのお店の名物の一つが鶏レバ刺しである。

鶏レバ刺し

鶏レバ刺し

 上海に日本料理多しと言えども鶏レバ刺しがあるお店は私はここしか知らない。

 しかも、日本では例のレバ刺し中毒事件以来、レバ刺しという料理に逆風が吹いている。

 しかし、レバ刺しにどんな逆風が吹こうとも、レバ刺し好きにはたまらないのがあの味わいである。

 もちろんこの日も例外なく、レバ刺しを注文。

 生姜とごま油、更に塩やニンニクでたべると非常にうまい。

 アメリカの禁酒時代に隠れて酒を飲んでいた人の気持ちが分かるとっても素晴らしい味わいである。

 そしてこのお店に来たときは、締めに生卵かけごはんを食べる。

卵かけご飯

卵かけご飯

最近でこそ、松屋などで生卵を出すようになったが、衛生状態の悪い中国では生卵なんぞご法度だった。

 しかし、この店長のお店では以前のお店から結構生卵を出している。

 やはりこれも禁をやぶっているという背徳感的なものも手伝って非常にうまいのである。

卵かけご飯

卵かけご飯

 鶏と卵、親子丼ではないが両方を生で食べられる幸せ、小さいころからの習慣的に食べていた私にとってはかけがえのない楽しみの一つとなっている。 

 まあこればっかりは外国人にとやかく言われたくない食習慣である。