スマホより弱いスマホ画面保護カバー

 今年の初め、スマホを落とした際にスマホの画面にヒビが入ったような状態になってしまった。
 「あちゃぁ、やってしまったなぁ。。」という感じだったが、後悔先に立たずで、ヒビわれてしまったものは仕方ない。

 幸いにもスマホの機能に影響は無いようであり、まあいずれ買い替えようという気持ちにはなったが、予算の目途が立たないので使える限りは使い倒そうと決めそのまま使い続けることにした。

 で、使い続けていると、ヒビの箇所がどんどん増えてくる。

それほど見苦しいというほどでもないのだが、ヒビが入っているだけでやはり見た目はよくない。

そんなヒビをみているうちに、
「うーん、どうしようやはり後継機種を早々に探し始めたほうが良いのかな」
と思い始め、現機種のスペックを確かめようと、ネットショップサイトの購入履歴をチェックした。

すると現機種の購入時に、携帯カバーと保護膜を同時に購入したことが記録として残っていた。

そういや保護カバーつけてたんだっけなと思い出すと同時に、以前に友人がスマホの画面カバーを交換するだけで、スマホは結構甦るよと言っていたのを思い出した。

「まさか・・・」

恐る恐る、スマホの液晶画面上のカバーを剥がしていくと、なんとヒビ割れていたのは保護膜のほうだけで、スマホ本体は無傷だったのである。

剥がし終えると、新品のような綺麗な画面状態となり、ヒビ一つ入ってなかった。

「なんてこったい。」

画面が割れていたように見えていたのは、実は割れていたのは後付けの保護膜だけであり、画面を保護する役割のはずが、実は本体画面より弱く先に割れていたのである。

「おお」

 新品同様の画面を取り戻したスマホの姿にちょっと感動した。

 結局、スマホの買い替え計画は中止し、新たにカバーだけを買いなおして貼り直すことにした。

 数日後に新しい保護膜が届き、さっそく貼り替えると、
「あ~ら不思議、新品のようじゃ、あーりませんか」(チャーリー浜風)

となったのである。

 貼り替え費用は40元ほどで、これで新品のスマホを買い替える必要がなくなりお金を使わずに済んだ。
 節約を喜ぶと同時に、カバーの信頼度の低さに結構あきれてしまった。

 保護カバーが本体より弱くちゃしょうがないのである。

 そして、こんなリニューアルに喜んでいるところに、こんどは取引先のお客さんが、もっとボロく蜘蛛の巣状態の画面を使っているのを見つけた。

 本人は非常に画面が見にくく苦労していたようだった。

ボロボロのスマホ保護膜

 ここでも「もしや」と思い、本人に断りを入れて画面のヒビを剥がしていくと、やはり無傷の元の画面が現れてきた。

 「やっぱり、、」

新品同様の美しい画面の復活にその持ち主も結構感動していた。

彼もやはり弱い保護膜を使っていたようである。
 
もし、皆さんの中で画面にヒビが入って買い替えようかと迷っている方がいたら、まずは表面の保護膜を剥がしてみることを是非お勧めしたい。

 新品同様の姿になるかもしれませんよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com