中国での入院準備

入院が決まり、早速土曜日の朝に血液検査を受けてきた。
腎機能と肝機能のチェックということで、まあ手術に耐えられる状態かの基本チェックであろう。
 今回特に怖いことはないと思うが、やはり入院となるとちょっとドキドキしてきた。

 さて入院に際して、分からないところをいろいろ質問をぶつけたところこんな案内が来た。

①入院の流れ
   1日目:検査、注意事項などの説明
   2日目:手術(当日は全身麻酔により術後は要安静)
   3日目:術後経過観察(術後順調であれば、この日は通常通りの生活可)
   4日目:退院

②持ち物
   パスポート、保険証券、下着など。
   洗面用具、タオル、パジャマなどの生活用品は全て病院に有るが、
   自身で好きなものを持参してもよいとのこと

③インターネット
   使用可能。

④●●医院 国際医療部について
 
   ●●●●●●●XX楼(専用エレベーター有り)
   ℡:(021)XXXX-XXXX(日本語可)
   ★日本語ができる医師及び看護士が24時間体制でいます。

 まあこれを読んだところでどうなるものでもないのだが、分からないより何となく安心だ。

 ネットが繋がるということでこれが一番の安心。

 入院中、どの程度パソコンと向き合えるか分からないが、もう生活必需品なので手元に無いというだけでやはり不安なのである。

 それと日本語が通じる環境というのもやはり安心要素かもしれない。

 まあ日常の会話程度にはそれほど苦労しなくなった私だが、やはり病気の時に外国語で話せる思考状態になるかどうかは分からないので、最低限通じるのは安心である。

 さてさてそろそろ荷物の準備ですね。

iframe src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=mondejapan-22&o=9&p=12&l=st1&mode=books-jp&search=入院&fc1=000000&lt1=_blank&lc1=3366FF&bg1=FFFFFF&f=ifr” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ width=”300″ height=”250″ border=”0″ frameborder=”0″ style=”border:none;” scrolling=”no”>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com