Tag Archives: 研究

弱さを自覚すれば勝機はある。

 サッカーのワールドカップで日本代表が初戦のカメルーン戦に勝利した。

直前までの下馬評とか言うか、今年になってからの日本代表の試合は情けない限りであって、とても勝利を期待できる状態ではなかったのは皆さんも知るところだと思う。

しかし今回何とか勝利できた。

 実は今回勝利できたのは、今年になってからの状況が悪かったことが功を奏したのではないかと思っている。

岡田武史監督

岡田武史監督(引用元

 岡田監督は就任当初、ベスト4を目指すと大きな目標を立てていたが、今年になってからの試合でベスト4どころか自身の解任騒ぎが起きるくらいまで、自チームの弱さを突きつけられた。
 そこで今回本番を迎えてようやく自チームの置かれている状況を認識し、現実的な布陣と戦術で戦うことができ勝利できたのだと思う。

 大きな夢や理想を語ることは悪いことはないが、現実は正確に受け止める必要がある。己の能力を過信せず、弱さをきちんと自覚することが出来たならば、強者との差がどこにあるかを知ることが出来、そこを埋めるための方法を考え、弱者は弱者なりの戦い方をすることが出来る。

 弱者なりの戦い方ができれば勝機だって生まれてくる。

 実力差は大きくとも、最初から負けが決まっているわけではない。負けが決まっているなら試合などやる必要がない。

勝つ権利は参加する限りには平等なのだ。

 大事なのは己の姿を正確に把握することである。
相手の姿を正確に把握することである。

そしてその差を正確に把握することである。

 そして勝利のためには相手の長所を消し、短所をつく
自らの長所を伸ばし短所を隠す

そうやって相手との差を縮める。

 もちろんこのサッカーの教訓がビジネスにそのまま使えることはいうまでもない。

大口を叩くことは自由だが、現実は正確に認識する必要がある。

 弱さを自覚すれば勝機は必ずある。

「勝つと思うな、思えば負けよ」である。

とりあえず、日本代表の「初戦勝利おめでとう」である。

出会い系サイトの研究

 毎日のように次から次へと送られてくる出会い系の迷惑メールは消すだけでも面倒くさい作業なのだが、ふと考えて見るとこれだけ大勢の人がこの事業を始めているということは、このモデルが非常に簡単に誰でもかつ低コストで始められるのではないのだろうかと思ってみたりもする。

 もちろん、出会いサイトなんぞ始める気は毛頭ないのだが、このビジネスモデルは研究してみる価値くらいは有りそうだ。

さりとて、研究のために試しに登録してしまうのもいかがなものかと思い、取っ掛かりに悩んでいたりもする。

動物の地震察知能力はもっと研究する価値あり

今回の大地震でパンダは全部無事だったという。これは人間の手で保護したのではなく、パンダ自身が事前に危険を察知して安全なところへ逃げていたという話である。話の出所がはっきりしせず、噂の域を出ないので話の真偽は不明だが、パンダが無事であったというのはNEWSにあるように本当の話のようである。

 また今回の地震で直前に蛙が大量に避難していたという話も聞く。

 そういえばスマトラ島沖地震のときも象は事前に逃げていたので1頭も犠牲にならなかったらしい。昔から沈む船からはネズミがいなくなるという話はよく聞く。
どの話もどこまで本当かどうかは分からないが、少なくとも人間以外の動物には人間がなくしてしまった危険察知能力が存在しているらしい。

 地震研究先進国を自負する日本でさえ、なかなか地震を予知することの研究は進んでいない。生物観察による地震予知研究はあまり科学的な目で見られていない印象があるが、地震予知研究が進んでいない現在、こちらももっと掘り下げてみる価値はあるような気がする。
 

 動物たちの危険予知能力を解明し、人間社会へ応用できれば、パンダや象が逃げることができたように犠牲を減らすことが出来るかもしれない。
世の中の生物学者さん、地震学者さんに是非お願いしたいテーマである。