Tag Archives: ガイドブック

上海は5年前のガイドブックが役に立たない

 上海ほど古いガイドブックが役に立たない町はないという気がする。

 2010年の万博後はやや変化の速度が落ちたような気もするが、それでも結構激しい変化をしており、ある時点での状態を切り取った印刷物のガイドブックはあっという間に役立たずになる。

 東京であれば5年前のガイドブックであっても、8~9割方はその情報は生きており、おおよそ新たに買いなおす必要などはないのだが、上海はそうはいかない。

 上海の場合は交通の変化や飲食店の入れ替わりが激しくて、5年前の資料の半分くらいは役立たずになっているのではないだろうか?

 実は今回写真のような5年前の上海の路線バスの本をたまたま引っ張り出して、目を通してみたのだが、やはり3~4割は使えない情報になっていた。

2011年版の上海のバス乗り換え案内

2011年版の上海のバス乗り換え案内

 5年前にあったバス路線がなくなっていたり、バスターミナルが建て替えのために移転しているケースがかなり見受けられたのである。

 もうこの本を見て行動するのは危険に近い状態となっており、迂闊に本に従って行動すると迷子になりそうである。

 上海の街は何故こんなに変化が激しいのかを考えると、やはり近年の地下鉄路線の急激な拡大が原因のように考えられる。
 実は上海では毎年12月頃になると、各地域で路線の延伸、新規開業が相次いでおり、それに伴う並行するバス路線の改編や駅を中心とした交通体系への組み換えなどが行われるため、その都度従来のバス路線は廃止・路線変更が行われてしまうのである。

 私の記憶では、少なくとも2010年の上海万博の前年くらいから昨年2015年末までは毎年6~7年連続して軌道交通(地下鉄)の新路線が開通しているはずだから、それに併せてバス路線も組み替えられているはずである。

 故に、5年前のガイドブックに載っていた路線も、逐次組み替えられており、廃止とまではならなくても、起終点の場所や途中のルートが細かく変更になっているケースは非常に多い。

 こういった古い情報に失敗しないようになるべくインターネットで最新の情報を探して確認してから行動するのが賢明なのだが、インターネットもまた更新頻度はまちまちで、サイトによっては古い状態のまま更新されていなかったりするので非常に厄介である。

 本来は事業主体であるバス会社や運営会社が直接情報発信をやってくれればいいのだが、どうもこの国はまだ情報発信や広報が上手ではないようで、情報があまり正確でなかったり、場合によってはサイトそのものがない場合も非常に多い。

 故に第三者が作ったサイトが頼りなのだが、結局は2次的な情報になってしまうのでやはり正確さに欠けてしまうのである。

 IT社会と言われ始め久しいが、5年前のガイドブックが役に立たなくなってしまう上海では、いかに正しい情報を見つけるかというのは未だ以って難しい課題なのである。

五輪期間の北京の飲食費はガイドブックの2割増

ガイドブックコーナーの書棚

ガイドブックコーナーの書棚

 折角北京を訪れたので美味しいものでも食べて帰ろうと、日本の友人に送ってもらったガイドブックを片手に一人飲食店を訪れた時のことである。
 店に入って、出されたメニューを見て驚いた。ガイドブックに出ていた価格よりワンランク高いのである。メニュー名とか店の名前を出すと営業妨害になってしまうかも知れないので、ここでは詳しくは書かないが、某ガイドブックに出ていた某店の40元の名物メニューがなんと48元にもなっていたのである。出版社調べの20%UPである。
 持って行ったガイドブックは北京オリンピックをターゲットに作られた本らしく、それほど古いものではない。つまり集めたデータもそれほど古いはずはなく、短期間でこんなに値段が変わっていることは通常の時期ならば考えがたい。
 やはりオリンピック景気を狙って最近値上げしたものであることは想像に難くない。しかもこの現象はこの一店舗だけでなく、ガイドブックを見て訪れたほとんどのお店が、本に書かれた値段より1~2割高くなっていた。元々中国は食品の値段が高くないとはいえ、2割も違ってくると旅の予算が変わってくる。特にガイドブックに載っているような高いお店で値上げがあると、その差額は大きくなる。

 まあこれは、オリンピック開催という特殊な期間のことなので、仕方ないのかもしれないが、もしかすると五輪終了後も便乗値上げ継続で、値段が下がらずそのままということも考えられなくもない。
 今後しばらくは、ガイドブックを見て北京周辺への旅の計画を立てるのなら、五輪終了後に状況が落ち着いたあと監修されたガイドブックが出るまでは、ガイドブックに出ている値段の2割くらい上積みして予算を立てることをおススメする、というか覚悟が必要というところである。
 ただ、ホテルや不動産の状況を考えたら、飲食の値段が2割増しで済んだならよしとすべき状況であるのだが・・・。

目的地は大体決まっている

ガイドブックコーナーの書棚

ガイドブックコーナーの書棚

日本の本屋の旅行ガイド系のコーナーの多くは出版社別に並んでいて、特定の地域のガイドブックを見比べるのに苦労する時がある。そのほうが並べた時に背表紙がそろって見た目にはきれいなのだがこれは購入者にとっては、探しずらい並べ方である。
 出版社からすれば、日本各地や世界各地のシリーズを並べて発行エリアの広さを強調し情報力のノウハウを強調できる。日本や世界各地の地名が並ぶことによって旅行意欲を喚起されるという狙いもあるかもしれない。
しかし旅行者はガイドブックを買いに来た時点で、行き先そのものはほぼ決まっている場合が多いであろうに思う。つまり買いたいエリアは決まっており、あとはどれがいいのか見比べる場合が多いように思える。
 幸いなことに地元の本屋では写真のようにエリア別に本が整理されとても本を探しやすい。(上海蘇州便利帳もちゃんと並んでる♪)
 物を売るとき、ともすれば売る側の論理を押し付けてしまう場合があるが、本当は買う人の視点に立たないと本当に売れるものも売れなくなる。つまりガイドブックを買うときは目的地は大体決まっている。それに気がつくことが大事である。