Tag Archives: 田舎

ハイウェイと書かれた田舎道

昨日は天気も良く新しいバス路線が出来たという情報に刺激され、ちょっと崇明島まで行ってきた。

とはいえ、申崇3線(区間)はというこの新路線は、以前にも乗ったことのある路線の区間運転という位置づけで、途中までのルートは以前と同じだったのでそれほど新鮮味のある路線ではなかった。

 本来なら申崇7線という新しい番号がついても良さそうなこの路線だが、許認可制度の面倒な中国ではこういった位置づけのほうが申請が通りやすいのだろうと思われる。

 さて、今回その申崇3線(区間)で辿り着いたのは堡鎮という街。

崇明島の堡鎮バスターミナル

崇明島の堡鎮バスターミナル

 まあ何の変哲もない田舎町だ。長江を渡るフェリーの港があり、島の玄関としてそこそこの商業発達はしているようだが、この街自体に何か特別な魅力を感じさせるものはなく、バスの乗るという目的は達成したのでとりあえず別の街へ移動することにした。

 そして乗ったのが「南堡支線」というバス路線である。この堡鎮からもうひとつの港町の南門を結ぶ。
以前来たときは、南門とのもうひとつの路線「南堡専線」に乗ったが、スピードは若干速いがあまりにも退屈な路線のだっため、今回は新たな路線を選んでみた。

崇明島の南堡支線バスの内部

崇明島の南堡支線バスの内部

 切符売りのお姉さんに「南門まで」というと、「このバスは遠回りだから時間がかかるよ」と言われたのだが・私は「可以(オッケーです)」と答えた。

それが目的だからだ。

そして案の定、バスは整備された幹線道路を越えて、どんどん田舎街に入っていく。
都会的な整った町並みよりどこか安心する農村の風景だ。
少なくとも前回の路線よりは楽しそうだ。

そしてある地点からバスは左に折れて西へ向かう道に入る。
道の名前の標識には「草港公路(caogang Hwy.)」と書いてあった。

崇明島の草港公路の標識

草港公路の標識

 Hwy!つまりこの道はハイウェイだというのだ。

ハイウェイといえば私はアメリカの綺麗に整備された高速道路をイメージしてしまう。あるいはアリゾナあたりの地平線までまっすぐ伸びた道路をイメージする。
 しかし、ハイウェイという言葉からイメージされる道とはこの道はおよそかけ離れていた。

 中央分離帯どころかセンターラインもろくにない、まっすぐな一本道である。
 どう見ても単なる田舎道である。

このギャップに思わず私は笑った。
まあこのあたりは文化ギャップのご愛嬌というところである。

崇明島の草港公路の風景

崇明島の草港公路の風景

そんなハイウィイをバスは走り出した。

ところがである。

この道は走ってみると意外と気持ちのよい道だった。

崇明島の草港公路の風景2

崇明島の草港公路の風景2

 どこまでも続く直線道路の両側には杉の並木が延々と続く。
 そしてその並木の幹に白い塗料が塗られ道案内をしてくれており、一瞬白樺の並木道かと感じてしまうほどそれが美しくもある。

 また並木の外側にはのんびりした農地風景が広がる。北海道の富良野や道東、茨城県南の伊奈あたりの風景に似ていてとっても気持ちが良い。

崇明島の草港公路の並木道

崇明島の草港公路の並木道

 道案内の標識やバス停は時々みかけるが、それ以外の商業的看板やコンクリの建物がほとんどない。ただただ畑や果樹園、林などが広がり自然と暮らす島民の風景のみがそこにある。

 雲ひとつない天気であったこともあり、色あせた葉にあたる陽が乱反射する光のモザイクもとても心地よい。
こういった風景はとっても目に優しく、心にも優しい。

崇明島の草港公路の風景

崇明島の草港公路の風景

どうやらこのバス路線を選んで正解だったようだ。

とっても心が洗われた気分になった。

崇明島の草港公路の風景4

崇明島の草港公路の風景4

 この路線、たぶん全線で1時間くらいの行程だったように思うが、いつまでも乗っていたい気分だった。

 あの風景はひょっとすると私の心の原風景かもしれないと、そんな休日のひと時を過ごさせてくれたハイウェイという名の田舎道だった。

春節は中国の充電期間

 まもなく中国は2月14日に春節を迎える。国を挙げてのお正月というだけに、国定の休日も1週間ほど設定される。
 2月13日から19日までの7日間である。そういった意味では日本の年末年始とはあまり大差がないような印象を受ける。

 しかしである。

 実際の商売や仕事をする上ではどうもたった一週間の休みという印象では済まされないほど中国の経済が停滞するのがこの春節の前後の期間である。
 実際に多くの中国人は2月に入ってからそわそわし始めるだろう。田舎から出てきている出稼ぎ労働者は2週間3週間という長期休暇をとって田舎へ帰ってしまうのが通例であるので、大晦日といわず2月のはじめからぼちぼち田舎に帰り始める。

 また雇っている側のオーナーもこちらは優雅に海外旅行に出かけて骨休めをしたりする。つまり春節を含めた一ヶ月くらいの間は労使ともども休みを取ってしまうので、仕事が全く動かない。つまり約一ヶ月の間、経済がとまってしまうのが中国の習慣である。

 それが証拠に、営業の仕事に出かけても日系企業はまだしも、中国系企業はラオバン(社長)が春節休みをとって不在なので今は何も決められないから春節が終わったらまた来てくださいといわれてしまう。

 このあたりが、年末に駆け込むように仕事が忙しくなる日本とは大きな違いである。日本は全て年内に何とか終えて新年を迎えようと努力するのだが中国の場合は年が明けたら(春節が過ぎたら)考えようという発想で、年末(春節)が近づくにつれ動きが鈍くなる。

 そしてこの春節期間に活動するのは、春節客を狙った観光業など一部の特定の業種に限られる。

 最近でこそ、上海などの一部サービス業が年中無休を謳うようになり、休日出勤の3倍給与の支払いを覚悟で春節でも営業するようになったが、大方の企業やお店はやはり伝統的な休み方をする。

 まあ一ヶ月という停滞期間にはあきれるばかりだが、日本のように年末年始も普通に営業するお店が増えてしまった社会よりはまだ伝統的価値観を大事にする習慣が残っている中国がちょっぴりうらやましい気はする。

 日本も正月三ヶ日の給与は3倍増しだという法律でもできたら状況は少しくらい変わるのではないか?年中行事の習慣にメリハリがなくなったから日本は経済が停滞しているのではないか、伸びる力がなくなったのではないか?最近の日本の社会を見ていてそんな気がする。

 人間生きている限りどこかで充電が必要なのだと思う。
これから一ヶ月、中国は充電期間に入る。

上海から程近い田舎「東余」

中国にはお盆という習慣が無いのか、日本で言うこのお盆の時期に法律上の休みは無い。
従って、今年も帰省せず上海に残って仕事をしていたのだが、何となくこの時期になると毎年の習慣からか帰省願望がムズムズしてくる。
そんなときに、中国人の友人が田舎のおじいさんのお見舞いに行く言うので、厚かましくもお邪魔させてもらうことにした。
というか、本当はぶらっと南通の町に出かけたつもりだったのだが、旅先にその友人に連絡をとったときに、実は田舎に来てるんだということを聞き、よかったらおいでよといわれて行ってしまったのが経緯である。

 東余は上海からの直通バスだと約3時間半、南通からでも約2時間かかる崇明島の北側にある小さな集落である。行政区域的には通州市の中になるらしい。

東余に夜になって到着

東余に夜になって到着

土曜日についたのが夜7時すぎだったため辺りは真っ暗だった。集落の真ん中の大通りの脇にはスーパーが何件かあったが、もうほとんど閉店する直前のようだ。
 友人の老家は、何の飾り気もない家であるが広々といて居心地がよい空間だった。冷房はなく、天井のファンだけが唯一の避暑設備であるが、これがなかなか心地よく暑さも和らぐ。

先方の東余の家

先方の東余の家

先方の東余の家-2

先方の東余の家-2

ただ、なんとこの日は水道が断水していて入浴ができず、別のところで組んできた水でタオルを絞り、それで体を拭くだけといった不便な状況になってしまったのだが、さすがに普段はこういうことはこの村でも少ないらしい。
 トイレも本来水洗なのだがバケツで水を流すという状況だった。夜、戸は閉めたようだが、鍵は開け放しでさすが平和な農村といった感じで平和である。まあ盗まれそうなものもほとんど無いのだが。。。
 

東余の田園風景

東余の田園風景

東余の田園風景

東余の田園風景

翌朝、改めて明るい中で風景を見直してみたが部屋の中と外の光のコントラストもとっても美しい。付近の緑の田園風景もとても心地よい。
今年は自分の田舎に帰れなかったが、とりあえずここで過ごした二日は自分の田舎に帰った気分でだいぶリフレッシュできた。

東余の裏路地

東余の裏路地

東余のメインストリート

東余のメインストリート

 東余自体は普通の観光客におススメできるような場所では決して無いが、中国の田舎も日本の田舎も本質的にはほとんど同じであることを改めて実感できるので、もし周囲にそういう友人がいたら一緒に出かけてみるのも良いかもしれない。

14282b_2